スポンサーリンク

【MLB移籍2020】カブス、スティーブン・ソウザ・ジュニアとジェレミー・ジェフレスを獲得へ

カブス、今オフ初めて目立った動きも

 現地2020年1月29日、今オフ、なかなか動かなかったシカゴ・カブスがようやくメジャー契約を結びました。と言っても大型補強ではなく、ゲームの隙間に機能する、仕事が出来る実務家の獲得といった趣きです。

 カブスはダイヤモンド・バックスからFAとなっていたOFのスティーブン・ソウザ・Jr.(Steven Souza Jr. )とブルワーズからFAとなっていたRHPのジェレミー・ジェフレス(Jeremy Jeffress)を獲得です。

スティーブン・ソウザ・Jr.のディール

 まず外野手のスティーブン・ソウザ・Jr.とのディールですが、現地2020年1月28日に、1年$1Mでサインしています。

パフォーマンス・ボーナスあり

Steven Souza Jr. Stats | Baseball-Reference.com
2021: 1 HR, .152 BA, 3 RBI,Career: 72 HR, .230 BA, 206 RBI, RF, Rays/Diamondbacks/... 2014-2021, b:R/t:R, born in WA 1989, Souz

 非常に少額と言わざるを得ませんが、一応打席数とアクティブ・ロスターの日数に応じてパフォーマンスボーナスもついています。

  • 200 PA→$50K
  • 250 PA→$75K
  • 300 PA→$125K
  • 350 PA→$150K
  • 400/450/ 500 PA達成ごとに:$0.2Mずつ
  • アクテイブ・ロスターの日数30試合ごとに:$0.2Mずつプラス

痛々しかった2019開幕前の怪我

 スティーブン・ソウザ・Jrは2019シーズンの開幕直前の3月26日に大きな怪我を負いました。スプリングトレーニングのゲームでホームインした際に膝がショッキングなほどに抜けたような状態になり、そのまま膝を抱えて悶絶という状態に。

 診断の結果、左膝のACL(前十字靭帯-ぜんじゅうじじんたい)とLCL(外側側副靭帯-がいそくそくふくじんたい)の断裂およびPCL(後十字靭帯-こうじゅうじじんたい)の部分断裂、さらに後嚢(こうのう)破裂という痛々しさ。

 結局、シーズンエンディングとなり2019年はゲームに出ませんでした。

2018年からDバックスへ

 もともとDバックスに移ったのは2018年2月。三角トレードでレイズから移籍しました。

 もともと怪我の多い選手でもあります。というのもプレーがまさにエキサイティング。つねにトーナメントで戦っているような印象を与える激しいプレーが売り物の選手です。

ルーキー時代の大ファインプレー

Miami Marlins at Washington Nationals Box Score, September 28, 2014 | Baseball-Reference.com
Washington Nationals beat Miami Marlins (1-0). Sep 28, 2014, Attendance: 35085, Time of Game: 2:01. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, pl...

 スティーブン・ソウザ・Jrと言えばもうこのプレーが有名です。ルーキー・イヤーの2014年、この時はナショナルズに在籍していました。シーズンも終盤の9月28日、ジョーダン・ジマーマンが9回2アウトまでノーヒッターを継続。あとアウト一つで記録達成というタイミングで、当時マーリンズにいたクリスチャン・イェリッチの放った当たりは左中間の深いところへのライナー。これで記録が途絶えたと誰もが思った瞬間、ルーキーのソウザ・ジュニアがダイビングキャッチ。ジョーダン・ジマーマンに投手の勲章、NO-NOをプレゼントしたのでした。このプレーはホントに素晴らしかったです。

2017年には30HR

 レイズ時代の2017シーズンには148試合に出場。打率.239、OBP .351、SLG .459に加え、HR 30を記録。打点も78。盗塁も18個決めています。怪我がなければ本当に素晴らしいプレーヤーなのです。

 2020シーズンは30才。ひょっとするとカブスの外野を引っ張る存在になるかもしれません。期待したいですね。

 もうひとりのディールです。

ジェレミー・ジェフレスのディール

Jeremy Jeffress Stats | Baseball-Reference.com
Career: 32-12, 52 SV, 3.08 ERA, 387 SO, P, AllStar, Brewers/Rangers/... 2010-2020, t:R, born in VA 1987, Jay-Jay

 カブスは元ブルワーズのリリーフエース、ジェレミー・ジェフレスとも契約。ジェフレスとの契約はもっと渋くて、1年$0.85M。一応、$1Mになるように$0.2のパフォーマンス・ボーナスがついています。

 ジェレミー・ジェフレスは2019年9月1日にブルワーズからDFA、その後リリースされました。リリース後はそのままシーズンエンドとなっていて、このまま引退の可能性もあっただけにカブスという良いクラブに決まりよかったと思っています。

復活のシーズンへ

 2019シーズンは肩痛発症から始まり、48試合、52.0イニング、3勝4敗、ERA 5.02に終わりましたが、コンディションさえ良ければまだ32才のシーズンですのでよい働きが出来ると思います。

 筆者としてはリグレーで“JJ’s Bread & Butter”が開店出来ることを祈っています(詳しくは上のリンクを)

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました