スポンサーリンク

【MLB】2018年のレッドソックスもレギュラーシーズンでサイン・スティーリングの疑い!

匿名で報告あり

 現地2020年1月7日、年明けでサイン・スティーリング疑惑がまたもや浮き彫りとなりました。今度はレッドソックスです。しかも、ワールドシリーズチャンプとなった2018年に関してです。

 これはBOS贔屓を表明している筆者としては痛すぎるニュースでした。ただ、よく読んでみると2018年のワールドシリーズチャンプが決して傷つくものではなかったこともわかりました。

 レッドソックスのファンとしては痛いことですが、ここはあえて公平にきちんと書かねばとも思います。

レギュラー・シーズンでサイン盗み

 今回浮き彫りになったきっかけはアストロズのサイン・スティーリングの調査の過程によってです。2018年にレッドソックスに在籍していた匿名のプレーヤー3人が同じような報告をしてきたとのこと。

 どんなことをしていたかというと、2018年のレギュラーシーズンにおいて、リプレー・ルームがホームダグアウトのすぐ近くにあることを良いことに、何名かのプレーヤーとチーム関係者がこのビデオルームに入り、捕手のサインを盗んでいたとのこと。

複数のプロセスを使ったリレー

 ただ、これは本当に効果があったのか?と疑うようなプロセスなのです。ビデオルームで確認した捕手のサインをランナーが1塁、もしくは2塁にいる状況でランナーにそれを伝え、今度はランナーから打者にサインをリレーしていたというもの。

 サインを決めてから投手がセットポジションに入り、打者に投げるまで10秒もかからないはずですが、その短い時間でこんなことがリレーできるのか?とも思いますが、告発によればどうやらそれをやっていたということです。

 捕手が投手に返球してからはかなり時間が空きますが、サイン交換後から投球までの間に本当にこんなことができるたのか?とは思います。仮に牽制で一度セットを解いたとしてもまたサイン交換をしますので、その後は同じです。そんなに時間はありません。

 この辺はアストロズの疑惑とは違うところです。アストロズの場合は、センターカメラからサインを抜いて、それをベンチが受け取って打者にゴミ箱を叩いてオフスピードのピッチを知らせるというものでした。

2018年ポストシーズンではやっていない

 なお、今回の告発では2018年のポストシーズンではやっていないことが明らかになっています。というのもビデオルームにはMLB関係者がその正当性の確保のため入っていたからです。

2017年のアップルウォッチ

 レッドソックスがサイン盗みで厳重注意を受けたのは2017年のことで、レギュラーシーズン中の8月のヤンキース戦でアップルウォッチを使って打者にサインを教えていたというもの。これはヤンキースから告発されました。

 どうやら外部の人間がサインを見て、それをベンチの人間のアップルウォッチに伝え、そこから打者にリレーしていたというもの。この場合、最後の通信の手段があまり明確にはなっていませんが、声かなにかかでサインを送っていたということになります。ゴミ箱を叩くかどうかという違いですね。

コーラは監督を続けられるか?

 さて、アストロズの件といい、今回のレッドソックスの件といい、いずれも共通項としてその中心にいるのはレッドソックス監督のアレックス・コーラ。彼は2017年にアストロズがワールドシリーズチャンプになった時のベンチコーチでした。日本でいうところのヘッドコーチのような存在です。

 コーラはかなり渦中のど真ん中にいたことはその状況から明白です。事実関係はMLBの調査の結果を待ちたいとは思います。

 ここからは推測ですが、コーラは現アストロズのヒンチ監督と同様に何らかの重い処分がくだされるかもしれません。その場合、メッツ新監督で2017年当時、アストロズのベンチにいたカルロス・ベルトランも免れないでしょう。

 シーズン前に決着が着くかどうか。しっかりと調査の上、対策が必要になってきますね。

なお、アレックス・コーラを監督に据えたのは前GMのデーブ・ドンブロウスキさんです。もはやDD氏は呪いのレベルですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました