スポンサーリンク

【MLB2018】マット・ハービー、4回スコア・レスでレッズ・デビュー

レッズ

現地2018年5月8日にレッズへのトレードが決まったマット・ハービー。

5月11日、早速レッズでのデビュー戦のマウンドに上がりました。

対戦相手はドジャースだったのですが、結果は4回を1ヒッター、無失点、与四球0、奪三振2という内容。

1ヒッターと言っても、ライトがボールを見失ったことによる3塁打だけでしたから、実質ノーヒッターと言っていいでしょう。エラー記録でもよかったと思います。

Game Score

ハービー、色々と考えるところがあったのか、非常にほっそりしていました。というより体の線がこんなに細い感じの投手ではなかったはずですが、心配なくらいにスリムになっていましたね。それでもMAXで96mphを記録。

なお、4回で降板したのは予め決めていたことで、先発での登板は4月19日以来で3週間ほど空いていたこともあって、今回はあえて球数を制限した上でマウンドに上がったようです。55球、12アウトでした。

なお、メッツでの最終登板は5月3日でこのときはリリーフでした。

かつて”ダーク・ナイト”と呼ばれた男がレッズで再びその存在感を見せてくれるでしょうか。楽しみですね。

レッズは開幕以来、かなり悲惨な状態でしたが、ここに来て今季最長の4連勝。ビリー・ハミルトンやジョーイ・ボトといういい選手がいますから、これから勝ち星を積み上げて行ってもらいです。

ドジャース先発は前田投手でした。5回途中、被安打9、失点5で敗戦投手に。今季2勝3敗となりました。

【動画】Recap: CIN 6, LAD 2

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

NEW

【MLB2021】崖っぷちのA’sがアストロズに大勝!PS争いの余波で煽りをくらう大谷選手
【MLB2021】PHIとの直接対決前哨戦!ブレーブス、マックス・フリードがパドレスを98球シャットアウト!
【MLB 2021】ホワイトソックス、ディビジョン・チャンプ1番乗り!
【MLB 2021】ジャイアンツ、スコット・カズミアでマジック9へ
【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
タイトルとURLをコピーしました