スポンサーリンク

【MLB2018】マット・ハービー、4回スコア・レスでレッズ・デビュー

レッズ

現地2018年5月8日にレッズへのトレードが決まったマット・ハービー。

5月11日、早速レッズでのデビュー戦のマウンドに上がりました。

対戦相手はドジャースだったのですが、結果は4回を1ヒッター、無失点、与四球0、奪三振2という内容。

1ヒッターと言っても、ライトがボールを見失ったことによる3塁打だけでしたから、実質ノーヒッターと言っていいでしょう。エラー記録でもよかったと思います。

Game Score

ハービー、色々と考えるところがあったのか、非常にほっそりしていました。というより体の線がこんなに細い感じの投手ではなかったはずですが、心配なくらいにスリムになっていましたね。それでもMAXで96mphを記録。

なお、4回で降板したのは予め決めていたことで、先発での登板は4月19日以来で3週間ほど空いていたこともあって、今回はあえて球数を制限した上でマウンドに上がったようです。55球、12アウトでした。

なお、メッツでの最終登板は5月3日でこのときはリリーフでした。

かつて”ダーク・ナイト”と呼ばれた男がレッズで再びその存在感を見せてくれるでしょうか。楽しみですね。

レッズは開幕以来、かなり悲惨な状態でしたが、ここに来て今季最長の4連勝。ビリー・ハミルトンやジョーイ・ボトといういい選手がいますから、これから勝ち星を積み上げて行ってもらいです。

ドジャース先発は前田投手でした。5回途中、被安打9、失点5で敗戦投手に。今季2勝3敗となりました。

【動画】Recap: CIN 6, LAD 2

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

NEW

【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
タイトルとURLをコピーしました