【MLB移籍2020】ジュリクソン・プロファーがパドレスへ!

ノンテンダーの噂が一転、トレードへ

 現地2019年12月2日はノンテンダーのデッドラインでしたが、当初ケン・ローゼンタールさんはじめ多くの記者の皆さんはアスレチックスはプロファーにノンテンダーを出すのではないかという見立てをしていましたが、それを裏切ったのがこのトレードでした。

トレード概要

 2020年1月でMLSが5.165で調停ステータスのジュリクソン・プロファー(Jurickson Profar)の2020年のサラリーの予測は$5.8Mでした。アスレチックスはプロファーに対してノンテンダーを出すであろうとは思われていたのですが、一転パドレスへのトレードとなりました。

パドレスGet 

 まずアスレチックスからパドレスにはこのジュリクソン・プロファー一人が移動。パドレスは調停を避けて$5.7Mで合意した模様です。

アスレチックスGet

 パドレスからアスレチックスには捕手のオースティン・アレン(Austin Allen )とPTBNL(Player To be Named later:後日指名)もしくはキャッシュが交換として出されます。

オースティン・アレンとは
2019: 0 HR, .215 BA, 3 RBI,Career: 0 HR, .215 BA, 3 RBI, C/PH/1B, Padres 2019, b:L/t:R, born in MO 1994

 オースティン・アレンは右投げ左打ちの捕手で2020シーズンは26才となります。2015年アマチュア・ドラフト、パドレスの4巡目指名の選手。すでにデビュー済みで2019年5月11日にマスクをかぶっています。

 2019年の成績は34試合、65打数14安打、BA .215、OBP .282、SLG .277、HR 0,RBI 3、BB 6、SO 21。守りの方ではCS%が11。2019年は1Bも守っています。

 アスレチックスはジョシュ・フェグリー(Josh Phegley) をノンテンダーにしましたのでその補強の意味もあると思います。

プロファーの2019年

 レンジャーズの才能あふれる内野手として期待されていたプロファーは2018年12月にレンジャーズ、レイズ、アスレチックスの三角トレードでアスレチックスに移籍。

現地2018年12月21日、レンジャーズ、アスレチックス、レイズ間で三角トレードが成立しております。 TEX-OAK-TBRの三角ト...

 2019年は139試合に出場し、打率 .218、OBP .301、SLG .410、HR 20、RBI 67、BB 48、SO 75。HRは2018シーズンと同様のキャリアハイだったのですが、打率がまるで伸びませんでした。

 守備ではアストロズのサイン盗みを告発したマイク・ファイヤーズのNO-NOを支える好プレーを見せたりもしました。

マイク・ファイヤーズが自身2度目のNO-NOを達成!その影にはプロファーとロレアーノの好プレーが隠れておりました!!

2019シーズンのWARは0.8。

パドレスの2B

 プロファーはパドレスでも2Bとして起用される見込み。

 パドレスはルイス・ウリアスをブルワーズにトレードに出しましたから、その補強という意味合いかとも思いましたが、イアン・キンスラー、グレッグ・ガルシア、タイ・フランスがいる中でプロファーは2B筆頭候補になりそうです。

パドレスの内野は強力

 プロファーの加入により、パドレスの内野陣はこのようなメンバーになりました。

  • 1B エリック・ホズマー
  • 2B ジュリクソン・プロファー
  • 3B マニー・マチャード
  • SS フェルナンド・タティス・ジュニア

 どう見ても素晴らしいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク