スポンサーリンク

【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)

3位、51勝63敗で借金12

 現地2022年8月15日、テキサス・レンジャーズのGMのクリス・ヤング(SDPなどで活躍した元投手)とベースボール・オペレーション社長のジョン・ダニエルズ両氏が、監督のクリス・ウッドウォード(Chris Woodward)を解雇したと発表しました。

トニー・ビーズリー3Bコーチがインテリム

 同日、レンジャーズは地元グローブ・ライフ・フィールドでアスレチックスとのゲームを行いましたが、このゲームから3Bコーチのトミー・ビーズリー(Tony Beasley)がインテリム・マネージャー(暫定監督)として指揮をとることになりました。

 よって、クリス・ウッドウォード監督は現地2022年8月14日が最後のゲームで、今季の成績は114試合を終えて51勝63敗、勝率.447ということになりました。3位ではありますが、借金が12。

FA補強も結果が出ず

 今シーズン開始前、レンジャーズは非常に精力的に選手補強を行いました。SSのFA選手が多い中、レンジャーズはブルージェイズからFAとなっていたマーカス・セミエン(元SSですが、2021年は2Bとして活躍)とドジャースからFAとなっていたコーリー・シーガーの2人を獲得。

 強烈な二遊間を形成することに成功しました。

 コール・カルフーン、ブラッド・ミラーも獲得し、打撃力を大いに強化しました。

オープニング・シリーズですでに問題は顕在化 

 シーガー、セミエンとセンター・ラインを整えつつも、レンジャーズの浮上をあまり予測出来なかった理由は投手の補強が少なかった点にあります。

 打線は水物です。かならず凹む時があります。その時に辛抱出来るかどうかは、やはり投手力にかかってきますが、レンジャーズの投手の補強はロッキーズからFAのジョン・グレイくらいしか目立ちませんでした。

 いざ、シーズンが始まると打線は活発でした。特に開幕シリーズのブラッド・ミラーとコーリー・シーガーの活躍は素晴らしかったです。

 しかし、得点すれども失点を繰り返し、シリーズは1勝2敗で負け越し。3試合の失点は計20。もうこの時点で課題は顕在化しておりました。

 そしてシーズンが進むにつれ、マーカス・セミエンが大苦戦。4月の打率は.157、5月も.233となかなか上がりませんでした。ようやく数字がついてきたのは6月からです。

 良い誤算と言えば、左腕のマーティン・ペレスです。レッドソックスではまったく活躍できませんでしたが、今季は現地2022年8月15日時点で9勝3敗、ERA 2.79。頼みのジョン・グレイは現時点ではIL入りで、今季は7勝6敗。

 もともと、投手に難があっての船出ではありました。

ジャック・ライター時代への布石を

 ただ、レンジャーズが本腰を入れてかかるのは2023シーズンから。

 ドラフトで注目を浴びたジャック・ライターのデビューが2023年の予定。ひょっとしたら、今季は1度くらいビッグリーグで投げさせるかもしれませんが、あくまで本格稼働は2023年からです。

 その時に向けて、今季は準備するシーズンでもありましたが、今季に結果を期待するにはさすがに編成は確かだったのか?とも思います。投手まで予算が回らなかったということかもしれませんが、あまりにも打撃偏重の編成だったと思います。

今季の監督解任はこれで4人目の

 今季、MLBでの監督解任はクリス・ウッドウォードで4人目です。

 ここまでのところ、うまく行っているのはフィリーズのみ。

 エンゼルスのマッドンの解任は大きな間違いでしたね。怪我人が原因です。

 ブルージェイズは、現地2022年8月15日時点で、シュナイダーに代わってからは15勝11敗で勝率 .577。モントヨの46勝42敗(勝率は.523)より上がってはいますが、対戦相手がワクチン未接種により戦力ダウンした中、勝利した数字も含まれているので、大幅に改善というワケでもないと思います。

 ポストシーズン進出がほぼ0%となったレンジャーズが今、監督を交代させるのはあまりよくわからない決断ではありますが、もう来季へ向けて動き出したという見方もできそうです。

クリス・ウッドウォード監督の実績 

 2019シーズンから指揮を取り始めたクリス・ウッドウォード監督は、今季が4年目。監督通算、212勝287敗で、勝率は.425。この数字はレンジャーズがタンキングした2021年の60勝102敗も含まれているので、実力を正当に評価しているとは思いませんが、それも含めた監督としての実績になります。

 なお、レンジャーズとウッドウォード監督は2021年に契約を延長。2023シーズン終了まで指揮を執る予定でした。

追記:編成トップ、ジョン・ダニエルズも解雇

 追記です。現地2022年8月17日、テキサス・レンジャーズは編成トップでベースボール・オペレーションズ社長のジョン・ダニエルズの解雇も決めました。これはオーナーのレイ・デービス(Ray Davis )が強い意思でそう決めたようです。

 ジョン・ダニエルズとクリス・ヤング(GM)は、オーナーにウッドウォードの責任の軽減を持ちかけに行ったようですが、結果からすると「君もな」とジョン・ダニエルズも解雇になった模様。

 ジョン・ダニエルズの後継にはGMのクリス・ヤングが就く見込みですが、まだ今後の正式なタイトルは決まっていないようです。クリス・ヤングも相当落ち込んだ模様です。

 オーナーのレイ・デービスにすれば、マーカス・セミエン、コーリー・シーガーそしてジョン・グレイの長期契約があまりお気に召さなかったというメッセージにも取れてしまいます。果たしてレンジャーズはこの痛みを歓喜に変えることが出来るのか? 厳しい世界です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました