スポンサーリンク

【MLBプロスペクト】2022フューチャー・ゲーム、MVPはA’sの捕手、シェイ・ランゲリアーズ

J・ライター、E・ハンコックも登板!

 現地2022年7月16日、オールスター・ウィークのイベントの1つで、トップ・プロスペクト達のオールスターとも言える2022フューチャー・ゲームが開催されました。イベント名の正式な表記は”the SiriusXM All-Star Futures Game”です。

 今季はまた斬新なユニフォームで後年、デザインを見ただけで「あ、2022年だな!」とわかる代物でした。ナショナルリーグが、昔フロリダ・マーリンズが採用していたようなブルーとグリーンが混じったような色合いのライトブルーを着用。アメリカン・リーグが明るいオレンジが入ったジャージを着用しておりました。

フューチャー・ゲームの特徴

 フューチャー・ゲームは1999年にフェンウェイでオールスターが開催された時から行われており、かつては、ワールド vs USAという方式を採ったこともありましたが、2019年のフューチャー・ゲームから以下の変更点が出ました。

  1. 対戦がア・リーグ vs ナ・リーグに(それまではUSA vs World)
  2. イニング短縮=7回で終了(それまでは普通に9回)

 トップ・プロスペクト達のオールスターがみたいという要望が生まれるのも自然な流れですね。

2022 ロスター

 まず、どのような選手が選ばれていたのか、ロスターを記載しておきます。クラブの3コードのアルファベット順に並べてみました。名前の右のランキングは、現地2022年7月16日時点でのクラブ内ランキング及びMLB トップ・プロスペクト100のランキングです。Pre-2022とはリストとは変更がありますし、今後もこのリストは変動しますので、現時点でのランクです。

ARIOF コービン・キャロル(Corbin Carroll) :No. 1/MLB No. 3
SS ジョーダン・ロウラー(Jordan Lawlar) :No. 2/MLB No. 12
ATLLHP ジャレッド・シュスター(Jared Shuster):No. 8/ MLB No.-
BALSS/3B ガナー・ヘンダーソン(Gunnar Henderson): No. 2/ MLB No. 5
BOSOF/3B/SS セダンヌ・ラファエラ(Ceddanne Rafaela): No. 26/ MLB No. –
CHCOF ピート・クロウ=アームストロング(Pete Crow-Armstrong) :No. 3/ MLB No. 79
CIN3B/SS エリー・デラ・クルズ (Elly De La Cruz) :No. 2/MLB No. 50
LHP アンドリュー・アボット(Andrew Abbott): No. 12/ MLB No.-
CLEOF ジョージ・バレラ(George Valera) : No. 2/MLB No. 33
3B/1B ジョンケンシー・ノエル(Jhonkensy Noel): No. 13/ MLB No.-
COLOF ザック・ヴィーン(Zac Veen) : No. 1/ MLB No. 23
CWSOF オスカー・カルロス(Oscar Colas): No. 2/ MLB No.-
DETC ディロン・ディングラー(Dillon Dingler): No. 3/ MLB No.-
RHP ウィルマー・フローレス(Wilmer Flores) : No. 14/ MLB No.-
HOURHP ハンター・ブラウン(Hunter Brown): No. 1/ MLB No. 85
C/1B ヤイナー・ディアス (Yainer Diaz): No. 14/ MLB No.-
KCRRHP アレク・マーシュ(Alec Marsh): No. 10/ MLB No.-
LAALHP カイ・ブッシュ(Ky Bush): No. 4/ MLB No. –
LADC ディエゴ・カルタヤ (Diego Cartaya): No. 1/ MLB No. 14
RHP ボビー・ミラー(Bobby Miller): No. 2/ MLB No. 27
3B/2B/1B ミゲル・バルガス(Miguel Vargas) : No. 5/ MLB No. 72
MIARHP エウリー・ペレス(Eury Pérez): No. 1/ MLB No. 16
MILOF ジャクソン・チュリオ (Jackson Chourio): No. 1/ MLB No. 38
OF ジョーイ・ウィーマー (Joey Wiemer): No. 3/ MLB No. 62
LHP アントワン・ケリー(Antoine Kelly): No. 14/ MLB No. –
MIN2B/3B スペンサー・スティア(Spencer Steer) : No. 7/ MLB No. –
OF マット・ウォルナー(Matt Wallner): No. 8/ MLB No.-
NYMC フランシスコ・アルバレス(Francisco Álvarez): No. 1/ MLB No. 2
1B マーク・ヴィエントス(Mark Vientos): No. 5/ MLB No.-
NYYSS アンソニー・ヴォルビー(Anthony Volpe) : No. 1/ MLB No. 8
OF ジェイソン・ドミンゲス(Jasson Dominguez): No. 3/ MLB No. 40
LHP ケン・ウォルディチャック(Ken Waldichuk): No. 5/ MLB No. 74
OAKC シェイ・ランゲリアーズ(Shea Langeliers): No. 1/MLB No. 32
OF デンゼル・クラーク(Denzel Clarke): No. 14/ MLB No.-
PHIC オーガン・オハピ(Logan O’Hoppe): No. 3/ MLB No. 90
LHP エリック・ミラー(Erik Miller): No. 10/ MLB No.-
PITRHP マイク・バローズ(Mike Burrows): No. 10/ MLB No.-
SDPOF ロバート・ハッセル3世 (Robert Hassell III): No. 1/ MLB No. 24
SEARHP エマーソン・ハンコック(Emerson Hancock): No. 5/ MLB No.-
SFGLHP カイル・ハリソン(Kyle Harrison) : No. 2/ MLB No. 26
STL3B ジョーダン・ウォーカー(Jordan Walker): No. 1/MLB No. 7
SS マシン・ウィン(Masyn Winn): No. 4/ MLB No. 91
TBRRHP タージ・ブラッドリー(Taj Bradley) : No. 2/ MLB No. 34
3B/1B カーティス・ミード(Curtis Mead): No. 3/ MLB No. 61
TEXRHP ジャック・ライター(Jack Leiter): No. 1/ MLB No. 17
1B/3B/OF ダスティン・ハリス(Dustin Harris): No. 7/ MLB No.-
TORLHP リッキー・ティーデマン(Ricky Tiedemann): No. 3/ MLB No. 64
RHP ヨズバー・ズルエタ(Yosver Zulueta): No. 19/ MLB No.-
WSH2B ダレン・ベイカー(Darren Baker) : No. -/ MLB No. –
LHP ホゼ・A・フェレール(Jose A. Ferrer): No. -/ MLB No. –
2022 Future Game Roster by club

 注目はジャック・ライター、エマーソン・ハンコックというところでしたが、おもしろいのは、ウィルマー・フローレスという現ジャイアンツの2Bと同姓同名がおりますね。

 なお、ジャック・ライターとアンソニー・ヴォルビーはハイスクールのチームメイトだったそうです。

出場見送りとなった選手

 以下の選手達は、怪我あるいは現地2022年7月16日まで公式戦が開催されているメジャーのろスターに入ってイル関係から辞退となりました。

  • BOS: RHP ブライアン・ベイヨー(Brayan Bello): No. 3/ MLB No. 45
  • COL: SS エジキエル・トーヴァー(Ezequiel Tovar): No. 2/ MLB No. 58)
  • PIT: C ヘンリー・デービス(Henry Davis): No. 1/ MLB No. 18
  • KC: 1B ニック・プラト(Nick Pratto): No. 2/ MLB No. 71
  • SF: 3B デービッド・ビヤー(David Villar):No. -/ MLB No. –
  • WSH: RHP ケイド・キャヴァリ(Cade Cavalli) : No. 1/ MLB No. 47

MVPはシェイ・ランゲリアーズ

 ゲームの方は6-4のスコアでALが勝利しました。この日、ALでは3本のHRが出ました。3回にヤンキースのジェイソン・ドミンゲス、同じく3回にツインズのマット・ウォルナー、そして4回にアスレチックスのシェイ・ランゲリアーズ。

 このうち、ジェイソン・ドミンゲスはCFフライを落球したミスがありました。そしてシェイ・ランゲリアーズは盗塁を阻止したこともあり、ウォルナーよりも確かに目立ちました。投手もパーフェクト投球がありましたが、インパクトしてはランゲリアーズだったかと思います。 

ランゲリアーズはM・オルソンとのトレードでA’sへ

 聞き覚えのある名前かもしれません。シェイ・ランゲリアーズはマット・オルソンとのトレードでアスレチックスへ移籍した有望捕手です。

Future Game MVP since 2012

 1999年はNYYのアルフォンソ・ソリアーノがMVPを獲得。2002年にはメッツのホセ・レイエス、2003年は当時インディアンスのグレイディー・サイズモアが、2006年はロイヤルズのビリー・バトラーなどが獲得していることからわかるように、今後のMLBを大きく刺激する選手達がMVPに選ばれております。以下は10年前の2012年からのMVPの面々です。

YearMVPPos.ClubTeamScoreStadium
2012ニック・カステヤーノス DHDETU.S.1–5カウフマン・S
2013マット・デービッドソン3BARIU.S.4–2シティ・F
2014ジョーイ・ギャロ3BTEXU.S.3–2ターゲット・F
2015カイル・シュワーバーCCHCU.S.10 –1グレート・アメリカン・BP
2016ヨアン・モンカダ3BBOSWorld11–3ペトコ・P
2017ブレント・ハニーウェル・Jr.RHPTBRU.S.7–6マーリンズ・P
2018テイラー・トランメルOFCINU.S.10–6ナショナルズ・P
2019サム・ハフ(Sam Huff)1BTEXTie2–2プログレッシブ・F
2020Cancelled (COVID-19 Pandemic)N/AN/AN/AN/Aドジャー・S
2021ブレネン・デービスCFCHCN.L.8–3クアーズ・F
2022シェイ・ランゲリアズCOAKA.L6-4ドジャー・S
Future Game MVP Since 2012

ジャック・ライター、力みすぎ

 ひょっとしたら、今季の最終戦の近辺で出てくるかもしれないのがレンジャーズのジャック・ライター。体力的なことや若いうちから潰さないにとの配慮からレンジャーズは無理をさせません。それにポストシーズンもまだ消えていませんから。順調に行って2023年のデビューです。

 非常に楽しみで躍動感が一人際立っているなと思いました。ただ、この日はもう張り切りすぎて、力みが目立ちましたね。成績としては1イニングをパーフェクトに抑えています。

エマーソン・ハンコックが三者三振

 2020年のドラフトで最も注目していたのがエマーソン・ハンコック。マリナーズの指名となりました。ところが2021シーズンに肩を故障。よってPre-2022のトップ・プロスペクト・ランクから外れました。

 2022年はダブルAでスタート。6試合、22.0IPでERA 2.45、WHIP 0.95と復調です。この日のぼーるを見ても復帰出来たと見て良さそうです。

マイアミのRHP エウリー・ペレスの伸びしろがすごい

 筆者がいいなと思ったのが、マイアミの右腕、エウリー・ペレス。

 ちょっと悔しいのが、カージナルスのSS、マシン・ウィンの100mph送球の方が目立ってしまったことです。マシン・ウィンは確かにいいSSでなのですが、あの場面であんな送球を投げる必要はありませんし、別のケースではスローイング・エラーをしています。大いに目立って結構。ただ、むしろあんな送球を投げない方が評価は上がったかもしれません。

 話が逸れました。エウリー・ペレスはまだ19才。長身で6フィート8インチ、203.2 cmもあります。筆者が思ったのは長身という点でサンディー・アルカンタラ、ボールの質という点でパブロ・ロペスを彷彿とさせるものがあったことでした。

 まだフィニッシュの時のキレに不足はありますが、それはこれから筋肉もつけばキレが増すでしょう。ポテンシャルは素晴らしいと思いました。

 下記はシーズン中、2022年7月1日の投球です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました