スポンサーリンク

【MLB2023】レンジャーズ、6HRでマリナーズとの1度目の決戦シリーズをスウィープ!

レンジャーズ、2位アストロズに2.0ゲーム差

 レンジャーズ、よく打ちますね。

 シーズンの佳境で設定されていたレンジャーズVSマリナーズの2シリーズ計7戦のうちの最初の3ゲームシリーズが終わりました。

 今季のレンジャーズはマリナーズとの相性が非常によく、このシリーズのGm1,Gm2においてもレンジャーズの良さが光り、マリナーズは不運もあり、あと1歩及ばない戦いが続いていました。

 現地2023年9月24日のGm3においても、やはりその傾向は続き、またしても!というマリナーズの不運もありました。

ネイト、悪いながらもゲームメイク

 Gm3の先発はレンジャーズがネイサン・イオバルディ、マリナーズがブライアン・ウー(Bryan Woo)でした。

 ネイサン・イオバルディは、腕の疲労での離脱後、やはり本調子ではありません。このゲーム前までの直近4試合の成績は、12.0 IPでERAは6.75。対戦相手の打率は.313で、被本塁打は3本。度胸と経験とスキルを総動員してなんとかゲームメイクしている状態。ただ、直近4試合ではチームは3勝1敗と良い成績を上げています。

 この日のネイトは初回こそ三者凡退で抑えたものの、2回表にはテオスカー・ヘルナンデスに、3回表にはJ.P・クロフォードに一発を浴びて2失点。

 それでも4回、5回と無失点に抑え、大崩れすることなくゲーム前半を終えました。

6回に降板

 丁寧にというのが見てとれるほど苦心の投球を続けていたネイトですが、6回表に2連続シングルと四球で満塁のピンチを作ったところで降板。

 5イニング、86球で被安打6。降板時は2失点でしたが、2番手のマーティン・ペレスがタイムリーと犠牲フライなどで3失点し、いずれもネイトの出したランナーだったゆえにネイトに自責点がついて5失点、BB2、SO6でした。

レンジャーズが6HR

 レンジャーズ打線は、1回裏のマーカス・セミエンのリードオフHRで幸先良く1点を先制。3回にはコーリー・シーガーが2ランHRを放ち、最初の3イニングで3-2と1点をリード。

 迎えた4回裏、イニング先頭のアドリス・ガルシアにソロHRが出てスコアは4-2。

 さらに1アウト後にレオディー・タベラスに2ランHRが出てスコアが6-2となったところで、ブライアン・ウーは降板。3.1イニングで6失点でした。

 レンジャーズは2番手のゲイブ・スパイアーも攻め、マーカス・セミエンがこの日2本目のホームランを放ち、このイニングに計4得点を上げてスコアは7-2に。

 レンジャーズは6回裏にもエバン・カーターがHRを放ち、9-5と一方的な展開に。

1点差ゲーム

 しかし、7回表、マーティン・ペレスが2アウトから2つの四球を出したところでクリス・ストラットンにリレー。これが裏目でストラットンは3本のタイムリーで3点を奪われ、9-8と1点差ゲームに。

 レンジャーズはやはりブルペンの脆さを露呈した形に。しかし、9回表にホセ・ルクラークがスコレスに抑えてゲームセット。

 9-8でレンジャーズが勝ちました。

MLB Gameday: Mariners 8, Rangers 9 Final Score (09/24/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

(YOUTUBE)Mariners vs. Rangers Game Highlights (9/24/23) | MLB Highlights

1点の攻防

 レンジャーズはまたしても最終回に1本出れば同点というピンチを迎え、そこをきっちりと抑えました。

 点差はわずか1点。

 マリナーズは不運もありました。

 4回裏のマーカス・セミエンの打席ですが、結果的にHRとなったものの、これはフリオ・ロドリゲスのグラブを経由してのスタンドイン。このようなことが起こる不思議さを感じざるを得ませんでした。

 結果論となりますが、この1点が無ければレンジャーズは危なかったわけです。マリナーズは前日にはディラン・ムーアの当たりがウォール最上段の境界で跳ね返されてHRにならなかったり、このフリオのグラブ・アシストがあっりと、不運が続きました。

ALウエストとWC 

 この日、アストロズはロイヤルズに6-5で敗れ、まさかのスウィープ。

SeriesDateHOUSEATEX
19/22-24KCR x 3
●●●
@ TEX x 3
●●●
SEA x 3
◯◯◯
29/25-27@ SEA x 3HOU x 3@ LAA x 3
39/28-10/1@ AZ x 3
(9/29〜)
TEX x 4@ SEA x 4

 これによりレンジャーズと2位アストロズのゲーム差は2.5に。レンジャーズはかなり優位に立つことに。

【現地2023年9月24日終了時点のAL ウエスト】

RankClubW-LW%GBWC Rank
1TEX87-68.561
2HOU85-71.5452.53
3SEA84-71.5423.04

 このままレンジャーズはブルペンに不安を抱えていますが、このまま地区優勝を勝ち取るのかどうか見ものです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました