スポンサーリンク

【MLB2023】レンジャーズがレイズに完勝!イオバルディが早くも9勝目!コーリー・シーガーは5-5!

レンジャーズが強さを発揮

 現地2023年6月9日からトロピカーナ・フィールドでレンジャーズ@レイズの3ゲームシリーズが行われています。両クラブともにディビジョンで首位を独走中で、ア・リーグのトップ2の対戦とあって非常に興味深いところです。

 9日のGame1では、レイズが8-3で快勝。レイズはタイラー・グラスノーが先発し、6回1ヒッターとレンジャーズ打線を寄せ付けませんでした。ア・リーグ勝率2位のレンジャーズでも歯が立たないのか?と思えるほど、今季のレイズの強さは誰もが認めるところ。

Texas Rangers vs Tampa Bay Rays Box Score: June 9, 2023 | Baseball-Reference.com
Tampa Bay Rays beat Texas Rangers (8-3). Jun 9, 2023, Attendance: 1744...

 そんな中、Game2ではレンジャーズが自慢の打撃でレイズ投手陣を打ち砕き、併せてエースのネイサン・イオバルディが粘りの投球を見せました。

ネイト、7回途中4失点!

 ネイサン・イオバルディは、序盤3イニングを2本の二塁打のみで凌ぐ上々の立ち上がりを見せました。

 味方打線は2回表に3得点、4回表にも3得点を上げ、6点のリードをもらって4回裏のマウンドに上がったのですが、このイニングだけは集中打を浴びました。

 ジョシュ・ロウとランディー・アロウザリナの連続シングルでピンチを迎えた後、1アウト後にルーク・レイリーにCFへの二塁打を打たれて1失点。さらに、2アウト後、ランナー2人を置いてフランシスコ・メヒアにインローへのカット・ボールをうまくRFへ弾き返され、ポール際にHRを打たれて3失点。

 このイニングに4失点を喫し、6-4と2点差まで詰め寄られました。

 しかしネイトは5回にはより集中力を発揮し、際どいコースを狙って四球を2つ出すも無失点。6回は三者凡退とゲームを再度引き締めました。

 7回裏に四球とシングルでランナーを2人出したところで、ジョシュ・スボルツ(Sborz)にスイッチ。

 ネイトは6.1イニングで102球を投げ、被安打7、失点4、自責点4、BB 3、SO 6、HR 1という成績で、現時点でMLB最強打線を誇るレイズを相手に粘りの投球を披露しました。

コーリー・シーガーが5-5 !

 この日のレイズの先発はルーキーですでに4勝をマークしているタジ・ブラッドリー。しかし、この日のタジ・ブラッドリーはコマンドが悪く、序盤から四球を出し、レンジャーズ打線に付け入る隙を与え過ぎました。

 レンジャーズは2回表に、先頭のジョナ・ハイムが四球で歩き、つづくトラビス・ジャンコウスキーがダブルプレーコースの2Bゴロを放ったのですが、レイズの2B、ビダル・ブルーハン(Vidal brujan)がSSのワンダー・フランコに悪送球。これがLFのファウルグランドに転がる間にジョナ・ハイムが一気に本塁に生還して1点を先制。

 さらに四球も絡んでコーリー・シーガーがタイムリー・ダブルを放ち2得点を追加。

 レンジャーズは4回表には、エジキエル・デュランのタイムリー2塁打、コーリー・シーガーの2ランHRで3点を追加して計6-0のスコアに。

 上述のように4回裏にネイトが集中打を浴び、4失点を喫しましたが、6回表にアドリス・ガルシアの2点タイムリーダブルで追加点。これがレイズの反撃の意欲を大いに挫いたと思います。

 この試合、レンジャーズは計12安打を放ち、このうちコーリー・シーガーは、シングル→2点タイムリー・ダブル→2ランHR→シングル→シングルと5打数5安打、4RBI と大暴れ。

 レンジャーズ打線の中核として素晴らしい仕事ぶりを発揮しました。

Rangers 8, Rays 4 Final Score (06/10/2023) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

ネイト、早くも9勝目

 先発したネイサン・イオバルディは、このゲームで今季13度目の登板だったのですが、4月18日のロイヤルズ戦で6.0 IPで被安打7、失点2を記録して今季2勝目を上げて以降、10試合に登板して7勝0敗です!

 前回登板の6月4日のマリナーズ戦で6.0 IPで1ヒッターまで達成しています。

 ここまでERAは2.49、勝利数は9になり、1位だったレイズのシェーン・マクラナハンの9勝1敗と並びました。

 ジェイコブ・デグロムがトミージョン手術となり、シーズンエンディングが決まったことがわかった後の登板で、気負いと力みが心配され、途中、集中打も浴びましたが、見事に立て直したところが素晴らしかったですね。

 このままナスティー・ネイトが続けば、レンジャーズにとって大きな財産になりますね。

 それにしても今季からレンジャーズはブルース・ボーチーが指揮を執っていますが、こうも変わるのですね。

【YOUTUBE】Rangers vs. Rays Game Highlights (6/10/23) | MLB Highlight

ロウ兄弟

 なお、このシリーズではロウ(Lowe)兄弟が対戦。レイズのジョシュ・ロウは弟。レンジャーズのナサニエル・ロウがお兄さんになります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました