スポンサーリンク

【MLB2024】マックス・シャーザーがシーズン・デビュー戦で5回1ヒッターの快投!2番手のホセ・ウリーナも好投

帰ってきたマックス・シャーザー

 現地2024年6月23日、レンジャーズのマウンドにレジェンド的存在のマックス・シャーザーが帰ってきました!マックス・シャーザーがレギュラーシーズンのマウンドに上がるのは2023年9月12日のトロント戦以来のこと。

2023年のマックス・シャーザー

 2021年12月にメッツとレコード・ブレイキング・ディールで契約したマックス・シャーザー。メッツ1年目となった2022年は23試合、145.1 IPで11勝5敗、ERA2.29。

 翌2023年はタイガース時代の同僚ジャスティン・バーランダーと再びチームメイトとなり、そのサイヤング賞複数受賞コンビが話題となりましたが、メッツは6月に沈み、そこから4位から這い上がることなく、トレード・デッドラインで「売り」を選択。前半戦に9勝4敗、ERA 4.01をマークしたマックス・シャーザーはテキサス・レンジャーズへ移籍することになったのでした。

 2022年から腹斜筋など長年の疲労の蓄積から故障が多くなってきたシャーザーは、9月12日の登板で右肩大円筋の張りを患い、シーズンはここでエンドに。当初はポスト・シーズンも見送られる予定でしたが、懸命なリハビリにより、ALCSのロスターに入りました。ALCSではGm3とGm7に先発。ボールも走らず、苦しい登板となりましたが、その存在感のあるなしではやはりレンジャーズに与える影響というのは大きいものでした。

 ワールドシリーズでもロスターに入り、2023年10月30日のワールドシリーズGm3に先発。3回をスコアレスに抑える好投。しかし、この時に腰を傷めて離脱することとなり、これが公式戦での最後の登板となりました。

2023年12月に椎間板ヘルニアの手術

 ワールドシリーズ終了後も腰のケアを行っていたシャーザーですが、2023年12月16日に椎間板ヘルニアの手術を受けることを決意。この時点で2024シーズンは6月まで登板できないことが決定しました。

2024年は神経の痛みからの復帰

 2024シーズンが始まり、シャーザーのリハビリも本格化。4月10日には打者に対する投球を開始。この頃は5月に復帰するかも!という明るいニュースも出ていました。ところが、5月に入り、右手親指に痛みを発症。これは腰の手術とも関係のある神経系の痛みで厄介なものでした。これにより、5月の早期復帰がなくなったわけですが、その後も懸命なリハビリが続き、5月半ばには右手親指に注射をし、5月29日にようやく本格的なブルペン・セッションもスタート。AAAで3試合、11.0イニングのリハビリ登板を経て(ERA 4.91)、この度、シーズン・デビューを果たしたのでした。

 マックス・シャーザーはこの時点で39才。7月27日の誕生日で40才になります。

シャーザー、デビュー戦で5回を1ヒッター

 そのシャーザーのデビュー戦ですが、非常に丁寧な投球だったと思います。とにかく無駄な球は投げずに打たせて取る投球を披露。この日の最速は1回表のボビー・ウィット・Jr.に投じた94.3 mph。

 さすがに全盛期の唸るような4シームはありませんでしたが、それでもキレの良いボールは92-93mphをマーク。ほかに70mph後半のカーブ、80mph前半のスライダー、そしてチェンジアップなどを駆使してボールを速く見せる工夫も施し、ロイヤルズ打線を翻弄。

 シャーザーは5回で降板しましたが、1ヒッター、スコアレス、0 BB、4SOと素晴らしい投球を見せてくれました。

 レンジャーズ打線は4回裏にルーキーのワイアット・タングフォードのタイムリー・ダブルで1点を先制。さらにレオディー・タベラスのLFへのタイムリー・シングルで2点を追加。シャーザーをしっかりと援護しました。

リリーバー、ウリーナが好投

 レンジャーズは6回から2番手でベテランのホセ・ウリーナが登板。ウリーナもまた抜群の投球を見せ、結局彼が最後まで投げました。ウリーナは4イニングで被安打1、スコアレス、1 BB、1 K。

MLB Gameday: Royals 0, Rangers 4 Final Score (06/23/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

シャーザー&ウリーナで99球シャットアウト

 マックス・シャーザーの球数は5イニングで57球。2番手のホセ・ウリーナは4イニングで42球。

 レンジャーズはこの2人のリレーでたった99球シャットアウトを成し遂げたのでした。2人で「マダックス」を成し遂げたことになります。

レンジャーズ、22イニング連続無失点

 前日22日のロイヤルズ戦もジョン・グレイの好投で6-0のシャットアウト勝利を納めたレンジャーズ。これで2試合連続のシャットアウトとなりました。

 また、レンジャーズは21日のロイヤルズとのGm1でも6イニング以降、スコアレスで抑えており、これで22イニング連続無失点を継続中。

シャーザー、奪三振でマダックスと並ぶ

 シャーザーはこの復帰戦での4三振で、通算3,371奪三振をマーク。MLBの歴代奪三振ランキング11位のグレッグ・マダックスに並びました。まだまだ行きそうですね。

 シャーザーが復帰して良かったです。あとはレンジャーズはデグロムですね。デグロムはまだもう少し時間がかかります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ブレーブス、今度はオジー・アルビーズが長期離脱!マックス・フリードもILへ
【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
タイトルとURLをコピーしました