スポンサーリンク

【MLBトレード2024】ホワイトソックスのディラン・シーズを獲得したのはパドレス!

G・コール離脱のヤンキースは獲得ならず

 現地2024年3月13日、今オフのトレード・ターゲットでずっと名前が上がっていたホワイトソックスのディラン・シーズの行き先がようやく決定。

 ゲリット・コールがエルボー・イシューを抱え、緊急事態となったヤンキースが何が何でも獲得に乗り出すと見られていたものの、獲得したのはパドレスでした。ホワイトソックスにとってはパドレスとのディールの方が魅力があったということですね。

トレード概要

 パドレスのPOBO(President of the Baseball Operations)のA.J.プレラーが提示した条件は確かに魅力的なものでした。ご覧の選手が動くことに。

パドレスGet

  • ディラン・シーズ(Dylan Cease/28) RHP

ホワイトソックスGet

  • ドリュー・ソープ(Drew Thorp/23) RHP
  • ハイロ・イリアルテ(Jairo Iriarte/22) RHP
  • サミュエル・ザバラ(Samuel Zavala/19) OF/左投げ左打ち
  • スティーブン・ウィルソン(Steven Wilson/29) RHP

 ディラン・シーズ1人に対して、トップ・プロスペクト右腕が2人に、将来性のあるOF、そしてメジャー・リーガー1人という内容。ホワイトソックスもここぞとばかりに強気に出たと思われ、A.J. プレラーも大いに応えたというのがよくわかるディールとなっております。

大きな需要のあったディラン・シーズ

 2019年頃から至宝が揃い出したホワイトソックスでしたが、そのプロスペクト達に怪我が発生するなど新陳代謝がうまく行かず、結局、ポストシーズンに進出したのは2020年と2021年のみ。2022年には勝率.500、2023年は101敗を喫し、今オフはリビルドに入りました

 当然のことながら、エースのディラン・シーズは今オフはトレード・ターゲットとして早々から名前が上がり、色々な噂が出ては立ち消えとなり、結局、このままホワイトソックスで開幕を迎えることになる様相を呈していました。ヤンキースはすでに獲得に乗り出したものの、ディールが立ち消えとなった1つでしたが、ここに来てゲリット・コールにエルボー・イシューが発覚したことから、再度猛プッシュをかけていたところに、パドレスが華麗にかっさらったという結果となりました

パドレスが獲得に動いた背景

 A.J.プレラーがディラン・シーズをアグレッシブに獲得に行った背景には、柱となるローテーションの人数があまりにも足りなかったという背景があります。パドレスは今オフにサラリー削減を実施。フアン・ソトも出しましたし、何よりセス・ルーゴマイケル・ワカブレイク・スネルというローテーションの柱を次々と放出。これだけ出せば、そうなりますね。クローザーのジョシュ・ヘイダーもいなくなりました。

 安定しているのは、現地20日、21日(日本時間21日、22日)に行われる海外オープニングでのドジャース戦の先発が決まっているダルビッシュ投手(Gm1)とジョー・マスグローブ(Gm2)の2人と、ソトとのトレードで獲得したマイケル・キングの3人くらい。この3名以外は計算が立たないという未知の力。良いように振れるかもしれませんが、逆もあり。よって大きなメリットを計算できるディラン・シーズをかなりの切迫感で獲得に乗り出したのでした。シーズは上述の通り、FAまであと2年の猶予があるのもポイントでした。

【SDP】ディラン・シーズとは

 ディラン・シーズは1995年12月25日生まれの28才。MLSは4.089で調停2年目というステータスでした。

 ディラン・シーズのプロ入りは、2014年のアマチュア・ドラフトで、カブスから6巡目指名を受けてのものでした。高校卒での指名です。マイナー時代の2017年のトレード・デッドラインでカブスがホセ・キンタナを獲得したトレードでエロイ・ヒメネスらとともにホワイトソックスへ移籍。

 メジャー・デビューはその2年後の2019年でディラン・シーズが23才のシーズンです。この年は14スタートで73.0 イニングを投げ、4勝7敗、ERA 5.79。翌2020年(短縮シーズン)は、12スタートで58.1イニングを投げ、5勝4敗、ERA 4.01。この2年はBB9が4.7と高かったのが今ひとつ結果が伴わなかった要因でもありました。

 大きく飛躍したのは2021年で、32スタートで165.2イニングを投げ、13勝7敗、ERA 3.91をマーク。BB9は3.7に下がり、SO9は12.3と素晴らしい数字をマークしました。

 翌2022年も32スタートをこなし、184.0イニングで14勝8敗、ERA 2.20。BB9は3.8でSO9は11.1。このオフにはサイ・ヤング賞投票で2位になり、ディラン・シーズの名声が確固たるものになったシーズンでもありました。

 2023年はホワイトソックスの悪いチーム状態もあり、33スタート、177.0イニングをこなすも、7勝9敗、ERA 4.58に終わっていました。

【CWS】ドリュー・ソープとは

 ホワイトソックスが獲得したドリュー・ソープは23才の右腕で、2022年のヤンキースの2巡目指名。彼はフアン・ソトとのトレードで獲得した右腕です。下記記事にも書きましたが、ヤンキースがよく彼を手放したなというくらいの右腕。

 

【CWS】ハイロ・イリアルテとは

 ハイロ・イリアルテは22才の右腕でベネズエラ出身。2023年にはダブルAまで昇格し、まもなくメジャーへ上がるというステータスの右腕で、ダブルAでは29.1 IPで51奪三振という恐ろしい数字を叩きだし、SO9はなんと15.9ホワイトソックスはウハウハです。このディールの決め手になったのは彼ではないか?と思えるほどの逸材。完成するかどうかはホワイトソックスの育成次第というところでしょうか。

【CWS】サミュエル・ザバラとは

 サミュエル・ザバラは19才(シーズン途中で20才に)。ベネズエラ出身で2023年はクラスAとクラスA+で計115試合に出場し、プロとしての体力も強化中。クラスAでは14HR、71RBI、20SBを決めたのもの、クラスA+ではAVG .078とちょっと心配な数字も残しました。

【CWS】スティーブン・ウィルソンとは

 スティーブン・ウィルソンは、1994年8月24日生まれの29才。2018年のパドレスの8巡目指名の右腕。メジャー・デビューは2022年で27才の時です。2022年、2023年の2年間で102試合に登板。106.0 IPで5勝4敗、ERA 3.48。リリーバーとして即戦力です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました