スポンサーリンク

【MLB2019】レッズ、パイレーツ戦でベンチクリアーどころではない今季一番の大乱闘発生。

因縁のナ・リーグ中地区ライバル

現地2019年7月30日、トレードデッドラインの話題でもちきりの中、ひときわアツい現場がありました。

ナ・リーグ中地区の永遠のライバル、パイレーツ@レッズ戦でタイム中に相手ベンチに乗り込む大乱闘が起こりました。

A・ギャレットが相手ベンチ直行www

このゲームはパイレーツが11−3とリード。目に見えた大トラブルが発生したのはアミール・ギャレット(Amir Garrett )が1塁ゴロのベースカバーに入り2アウト目をとった後に起こりました。

冷静に見えたアミール・ギャレットでしたが、ベンチからピッチングコーチを招き寄せ何やら深刻な会話を大きな声でしていました。

途中、パイレーツベンチを一瞥したギャレットは我慢ならずという様相でパイレーツベンチへ直行。大乱闘となったのでした。

キーオン・ケラのブラッシュボール

とにかくライバル心むき出しの両クラブ。

このゲーム内では7回裏にレッズのデレク・ディートリックに対して、パイレーツのキーオン・ケラ(Keone Kela)が頭付近へのブラッシュボールを投じます。

さらに8回表が始まるイニング間で、ジョーイ・ボット(Joey Votto )が三塁ファウルラインを挟んでパイレーツと言葉の応酬。これはケラの直前のブラッシュボールについての応酬だったようです。

9回表、レッズのジャレッド・ヒューズ(元パイレーツ)が先頭のスターリン・マルテに初球デッドボール。これは報復ということで退場になりました。

ヒューズはゲーム後、「滑ってしまって」とのこと。パイレーツはもちろん報復と受け取っていました。

何やらきな臭い匂いが漂ってはいました。

ギャレットはマウンドに上がってすぐ、ジョシュ・ベルに向かってFワードを吐いたようです。これはパイレーツの選手の証言です。

そこからは汚い言葉の応酬。

細かい言葉まではわかりませんが、流れはリキャップにもあります。

今回はケラ起因とも言えなくもないですが、ケラからすれば、そもそもディートリックなんだよという言い分かもしれませんね。人の記憶とは?と思いますが、まだ4月の件を根に持っているようです。

BOX SCORE

4月のディートリックのHR確信も伏線の一つ

前回、この両クラブがベンチクリアーとなったのは2019年4月7日の対戦

2回表に出たデレク・ディートリックのHR確信の動きが捕手のフランシスコ・セルベリとクリス・アーチャーの琴線に触れました。次のディートリックの打席でアーチャーが背中を通るボールを投げてベンチクリアーに。

以来、パイレーツは特にディートリックに対して敵意をむき出しにしています。

やや話はずれますが、ディートリックのHR確信の動きもちょっと古いんですよね。スタイルがロックンローラーっぽいのもそうですが、彼の周囲だけ80年代、90年代の匂いがぷんぷんします。まあ、これは主観です。

目に見えるだけでもこれだけの伏線があったのでした。

実際のベンチはかなりすごい罵り合いかと思いますwww

コーチがマウンドに行ったのは?

あとでVTRを見返して思ったのですが、2アウト後にギャレットの元にコーチが行きました。これはギャレットが求めていたように思います。

ふと思ったのですが、コーチは話の途中にベンチに指示をしています。あれはどう見ても次を準備してくれのサイン。

これはあくまでも想像ですが、ケガではなさそうなので、推測で書きます。おそらく、ギャレットの方からもうパイレーツベンチが我慢ならないから、次準備させてくれ。俺をとめてくれるな。という話が行われたかも??と思っています。

もし、そうならプロらしからぬ感情の制御で困ったものですが、そのように思えてなりません。

プイーグのレッズ最後のシーンは乱闘

なお、こんなときに本当にはしゃいでしまうヤジエル・プイーグですが、この日も主役以上にカメラに抜かれておりました。

レッズでの最後が乱闘での活躍となったヤジエル・プイーグさんでした。

なお、アミール・ギャレットは今季ERA2.41と非常によい成績を残しています(現地2019年7月30日時点)。

追記です。

現地令和元年8月1日、処分が発表となりました。

アミール・ギャレットよりキーオン・ケラの方を重くしたのは、恨むなというメッセージでもありますね。これで少し両チームとも変な空気が薄まったと思います。

そもそもの発端とも言っていいデレク・ディートリックは4月以来、一貫してゲーム上では冷静な態度を見せていることは救いですね。

試合後のインタビューでは「あいつら、頭狙ってきてんねん!」みたいな答えをしておりますが、ゲーム中に態度に出さないのは素晴らしいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました