スポンサーリンク

【MLB2019】レッズ、パイレーツ戦でベンチクリアーどころではない今季一番の大乱闘発生。

因縁のナ・リーグ中地区ライバル

現地2019年7月30日、トレードデッドラインの話題でもちきりの中、ひときわアツい現場がありました。

ナ・リーグ中地区の永遠のライバル、パイレーツ@レッズ戦でタイム中に相手ベンチに乗り込む大乱闘が起こりました。

A・ギャレットが相手ベンチ直行www

このゲームはパイレーツが11−3とリード。目に見えた大トラブルが発生したのはアミール・ギャレット(Amir Garrett )が1塁ゴロのベースカバーに入り2アウト目をとった後に起こりました。

冷静に見えたアミール・ギャレットでしたが、ベンチからピッチングコーチを招き寄せ何やら深刻な会話を大きな声でしていました。

途中、パイレーツベンチを一瞥したギャレットは我慢ならずという様相でパイレーツベンチへ直行。大乱闘となったのでした。

キーオン・ケラのブラッシュボール

とにかくライバル心むき出しの両クラブ。

このゲーム内では7回裏にレッズのデレク・ディートリックに対して、パイレーツのキーオン・ケラ(Keone Kela)が頭付近へのブラッシュボールを投じます。

さらに8回表が始まるイニング間で、ジョーイ・ボット(Joey Votto )が三塁ファウルラインを挟んでパイレーツと言葉の応酬。これはケラの直前のブラッシュボールについての応酬だったようです。

9回表、レッズのジャレッド・ヒューズ(元パイレーツ)が先頭のスターリン・マルテに初球デッドボール。これは報復ということで退場になりました。

ヒューズはゲーム後、「滑ってしまって」とのこと。パイレーツはもちろん報復と受け取っていました。

何やらきな臭い匂いが漂ってはいました。

ギャレットはマウンドに上がってすぐ、ジョシュ・ベルに向かってFワードを吐いたようです。これはパイレーツの選手の証言です。

そこからは汚い言葉の応酬。

細かい言葉まではわかりませんが、流れはリキャップにもあります。

今回はケラ起因とも言えなくもないですが、ケラからすれば、そもそもディートリックなんだよという言い分かもしれませんね。人の記憶とは?と思いますが、まだ4月の件を根に持っているようです。

BOX SCORE

4月のディートリックのHR確信も伏線の一つ

前回、この両クラブがベンチクリアーとなったのは2019年4月7日の対戦

2回表に出たデレク・ディートリックのHR確信の動きが捕手のフランシスコ・セルベリとクリス・アーチャーの琴線に触れました。次のディートリックの打席でアーチャーが背中を通るボールを投げてベンチクリアーに。

以来、パイレーツは特にディートリックに対して敵意をむき出しにしています。

やや話はずれますが、ディートリックのHR確信の動きもちょっと古いんですよね。スタイルがロックンローラーっぽいのもそうですが、彼の周囲だけ80年代、90年代の匂いがぷんぷんします。まあ、これは主観です。

目に見えるだけでもこれだけの伏線があったのでした。

実際のベンチはかなりすごい罵り合いかと思いますwww

コーチがマウンドに行ったのは?

あとでVTRを見返して思ったのですが、2アウト後にギャレットの元にコーチが行きました。これはギャレットが求めていたように思います。

ふと思ったのですが、コーチは話の途中にベンチに指示をしています。あれはどう見ても次を準備してくれのサイン。

これはあくまでも想像ですが、ケガではなさそうなので、推測で書きます。おそらく、ギャレットの方からもうパイレーツベンチが我慢ならないから、次準備させてくれ。俺をとめてくれるな。という話が行われたかも??と思っています。

もし、そうならプロらしからぬ感情の制御で困ったものですが、そのように思えてなりません。

プイーグのレッズ最後のシーンは乱闘

なお、こんなときに本当にはしゃいでしまうヤジエル・プイーグですが、この日も主役以上にカメラに抜かれておりました。

レッズでの最後が乱闘での活躍となったヤジエル・プイーグさんでした。

なお、アミール・ギャレットは今季ERA2.41と非常によい成績を残しています(現地2019年7月30日時点)。

追記です。

現地令和元年8月1日、処分が発表となりました。

アミール・ギャレットよりキーオン・ケラの方を重くしたのは、恨むなというメッセージでもありますね。これで少し両チームとも変な空気が薄まったと思います。

そもそもの発端とも言っていいデレク・ディートリックは4月以来、一貫してゲーム上では冷静な態度を見せていることは救いですね。

試合後のインタビューでは「あいつら、頭狙ってきてんねん!」みたいな答えをしておりますが、ゲーム中に態度に出さないのは素晴らしいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました