スポンサーリンク

【MLB2019】インディアンス、カルロス・サンタナのサヨナラHRでALセントラル単独首位に

トライブ、またしても見事な戦い

現地2019年8月12日からインディアンスはレッドソックスとの対戦です。

フランミル・レイエスとヤジエル・プイーグが入った今のインディアンス打線ならある程度の得点は計算できるものの、やはりこのシリーズのポイントは打ちまくっているレッドソックス打線をどう抑えるか、インディアンス投手陣に注目しておりました。

フランミル・レイエスが先制HR

レッドソックスがエドゥアルド・ロドリゲス、インディアンスがザック・プリサック(Zach Plesac)の先発で始まったこのゲーム。ザック・プリサックのフォームがシェーン・ビーバーのそれと似すぎていて、最初はシェーン・ビーバーが投げているのかと思った次第です。

先制はインディアンスで、ツーアウトから四球のカルロス・サンタナを1塁に置いて、新戦力フランミル・レイエスが豪快は一発。もうバッターボックスの姿がでかすぎてモンスターと対戦しているような印象を受けるレイエスですが、そのとおりに大きな一発を放ちました。インディアンスが2−0。

今のレッドソックスを象徴している感じがする一発でした。四球の直後にHRとはなんとも辛いところですね。

ホセ・ラミレスが微妙な判定後に3ランHR

レッドソックスは2回表にアンドリュー・ベニンテンディのタイムリーダブルで1点を返し2−1。

よいペースだったのですが、3回裏、1アウトからカルロス・サンタナとフランミル・レイエスの連続シングルでランナーを貯めた後、打席はホセ・ラミレス。

1−2とE・ロッドは追い込んでいたのですが、4球目のボールをホセ・ラミレスが空振り。これで三振だったかもというシーンだったのですが、捕手のバスケスがファウルチップをアピールするも認められず、さらに1塁塁審のチェックスイングもセーフの判定。

その直後でした。ホセ・ラミレスがLFへ3ランHR。

これがツイてるチームとスキがあるチームの差かと思えるようなシーンでもありました。インディアンスが5−1とリード。

ネイキンのフェンス際プレーが駄目なこともある

その後レッドソックスはJ.D.マルチネスとJBJの技ありのHRなどでじわりじわりと8回終了まで5−4と1点差まで追い上げます。この辺はやはり「打つなあ」と関心するレッドソックス打線でした。

迎えた9回表、インディアンスはクローザーのブラッド・ハンドをマウンドに。ただ、ブラッド・ハンドは7月は9試合で3失点を許しただけだったのが、前回のツインズ戦で2失点を喫しており、絶好調ではありません。

1アウト後、ムーキーに四球を出し、当たっているラファエル・デバースを三振に取り2アウトまでこぎつけていたのですが、つづくボガーツにあわやHRかという大きなRFフライを打ち返されてしまいます。

この日RFに入っていたタイラー・ネイキン。8回表にはJ.D.マルチネスのあわやの当たりをギリギリでリーピングキャッチ。

しかし、9回のボガーツの当たりはややジャンプのタイミングがずれて、残念ながらキャッチならず。これでムーキーがホームインし、2アウトから5−5の同点に追いつかれてしまいます。

ただ、ブラッド・ハンドは後続をよく抑え、最小失点で切り抜けたと思います。

9回裏、カルロス・サンタナがWalk OFF HR

そして9回裏、レッドソックスのマウンドには8回途中から登板のマーカス・ウォルデン。今もっとも信頼できる投手でもありますが、この日は打たれてしまいました。

先頭のカルロス・サンタナが2ストライクまで追い込まれながらもスライダーを打ち返し、これがどんどん伸びてサヨナラHRとなりました。

スコアは5−4(BOX SCORE)。

インディアンスはこの勝利でゲームのなかったツインズに0.5ゲーム差をつけ、ア・リーグセントラルの単独首位に立ちました。

スコア以上に紙一重の差

スコアは5−4と互いに3点以上を取り合った結果となりましたが、内容は紙一重というシーンが多かったと思います。

ホセ・ラミレスのチェックスイングとファウルチップかどうか判定のあとの3ランHRはまさにその典型だったと思います。

5回表にボガーツがLFフェンス直撃の当たりを放つも二塁でアウトになったり、8回表のJ.D.マルチネスの当たりがギリギリでタイラー・ネイキンにキャッチされるなど、インディアンスにはいいプレーと同時にたしかにツキもありましたね。

Game2はクリス・セールとマイク・クレビンジャーの投げあいです。クリス・セールは前回良いピッチングを見せてくれましたが、インディアンス相手に前回と同じ投球を見せられるかどうか。

レッドソックスは結構正念場です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
タイトルとURLをコピーしました