スポンサーリンク

【MLB2023】ブレーブスが早くも地区優勝を決める!これでNLイースト6連覇!

2位との直接対決は好ゲームの連続!

 フィリーズとの4ゲームシリーズ中のブレーブスは、現地2023年9月13日のGm4を前に地区優勝へのマジック・ナンバーが2。もし、このゲームで勝てばマジックは一気に消滅て地区優勝という状態でした。

  • 162 (RS gm)+1 – 96 (ATL win) – 67 (PHI lose) = 0

 現地11日のダブルヘッダーから始まったこの直接対決は、いずれも接戦で好ゲームの連続!フィリーズも相当粘り強いのですが、ブレーブスがそれを制してきました。ここまでブレーブスの2勝1敗。

 勝利数から言ってブレーブスの地区優勝は確かなものではありましたが、勝てば優勝のブレーブスはこの日、スペンサー・ストライダーを投入してきました。

S・ストライダーが7回1失点

 1回表に、オースティン・ライリーの2ランHRで2点の先制点をプレゼントしてもらったスペンサー・ストライダーでしたが、立ち上がりは制球に苦しみました。2つの四球を出し、ランナーを貯めたところでブライソン・ストットにタイムリーを浴び、1点を返されます。

 ブレーブスは3回と4回にもそれぞれ1点を上げ、4-1としてゲームを優位に進めます。

 スペンサー・ストライダーは2回以降は単発で3安打を許したのみ。

 ストライダーは7回、110球を投げ、被安打4、失点1、BB 2、SO 9でゲームメイク。ブレーブスはその後、ブラッド・ハンドとカービー・イェーツがパーフェクト・リリーフを見せてフィリーズ打線を封じ、このまま4-1で勝利。このシリーズで初めて3点の差をつけて勝ち、見事に地区優勝を果たしました。

MLB Gameday: Braves 4, Phillies 1 Final Score (09/13/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 この時点でブレーブスは96勝50敗。あと16試合を残していますので、2年連続で100勝達成となりそうです。

【YOUTUBE】Braves dominate on the way to 6th straight NL East title! (2023 Braves Season Highlights)

地区6連覇

 この日、地区優勝を決めたブレーブスはこれで地区6連覇を達成。2018年からずっと地区優勝です。

 1995年から2005年まで地区11連覇を達成した時期がありましたが、その時期に匹敵するほどの黄金時代とも言えそうです。

チーム打撃成績はトリプルクラウン!

 今季のブレーブスはとにかく破壊力が抜群。チームの打撃成績は、打率、打点、RBIでトリプルクラウンを達成。その他にもNO.1の項目はこれだけあります。まだあると思いますが。

打撃項目成績MLB #
AV.2761位
HR2821位
RBI8241位
OBP.3431位
SLG.5011位
OPS.8441位
RUN8521位
Hits13821位
現地2023年9月13日時点のブレーブスのチーム打撃成績

25HR以上が5名! 

 驚異的なHR数を誇るブレーブスは、25HR以上を打っている選手が5名もいます(現地2023年9月13日時点)。

  • マット・オルソン: 51
  • ロナルド・アクーニャ・Jr. : 37
  • オースティン・ライリー:35
  • マーセル・オズーナ:34
  • オジー・アルビーズ:29

その他にも2桁HRを放っている選手が5名もおります。

  • エディー・ロザリオ:21
  • ショーン・マーフィー: 20
  • オーランド・アルシア: 17
  • マイケル・ハリス2世: 16
  • トラビス・ダーノー:11

チーム投手成績

 そんなブレーブスの現地2023年9月13日時点の投手成績を見てますと、スペンサー・ストライダーがいる分、SOの数はダントツで1位ですが、それ以外は際立って高いということはなく、特にスターターのERAはあまりよくありません。やはり打撃が引っ張ってきたことがわかるのですが、ER(自責点)の少なさがそれでもトップ4に入るという面白い結果に。

投手成績StatsMLB #
ERA3.905位
スターターERA4.1411位
リリーバーERA3.544位
WHIP1.2714位
SO13871位
Oppo AVG..2419位
ER5634位
HR1594位
現地2023年9月13日時点のブレーブスのチーム打撃成績

10勝が3人

 ローテションを見てみると、やはり強力なメンバーだというのがわかります。

  • スペンサー・ストライダー: 17勝5敗
  • ブライス・エルダー: 12勝4敗
  • チャーリー・モートン: 14勝11敗
  • マックス・フリード: 7勝1敗

アクーニャの活躍

 ブレーブス打線は上位から下位まで本当に抜け目のない打線ですが、やはりロナルド・アクーニャ・Jr.の活躍がチームを牽引してきたのは間違いないところです。

【ロナルド・アクーニャ・Jr.の成績(現地2023年9月13日)】

  • PA: 680
  • AB: 594
  • Hits: 199
  • HR: 37
  • ダブル: 32
  • トリプル 3
  • RBI: 97
  • 打率: .335
  • OBP: .416
  • SLG: .586
  • OPS: 1.002
  • SB: 68
  • BB: 77
  • SO: 78

ムーキーとのMVP争いも注目ですね。

PSではNLDSから 

 現時点でNLでの勝率がトップのブレーブスはこのまま行けば、ワイルドカード・シリーズは免除でNLDSからのスタートに。対戦相手はワイルドカード1位と2位で争われる勝者との対戦に。

 ブレーブスは2021年以来のWSチャンプを目指します。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました