スポンサーリンク

【MLB移籍/INJURY2019】ヤンキース、ローガン・モリソンとサインも今度はバードとジャッジがILに

FA獲得とジャッジの怪我

現地2019年4月19日、ヤンキースはツインズからFAとなるも未契約だったローガン・モリソンLogan Morrison)とサインしました。

ローガン・モリソンとのマイナー契約


ローガン・モリソンとはマイナー契約です。

ローガン・モリソンは2017年シーズンに37HRを放ったロングヒッター。マリナーズ時代からも長打力は買われていた選手。

前年の好成績もあり2018シーズン前にツインズと1年650万ドルで契約。打力を期待されての入団でしたが・・・。

2018年の成績がひどかった

残念ながら、ローガン・モリソンの2018年のツインズでの成績はかなりひどいものに終わりました。

95試合に出場、前年に37本を放っていたHRは15本に減少、さらに打率が.186とかなり厳しい数字に。

よって、今オフのFAではなかなか所属先が決まりませんでした。今のFAは前年にいい数字を出していないと本当に厳しいです。

2019年に31才のシーズンとなるローガン・モリソンは、年齢や経験で考慮すればかなり旬な時期ではありますが、30才を超えると厳しいですね。

グレッグ・バードのILが背景

ローガン・モリソン獲得の背景にはグレッグ・バードの故障があります。

4月18日に 左足の足底腱膜の断裂(plantar fascia tear)で10Day ILに。復帰予定は未定です。かかとから足先に張っている腱が断裂したものと見られます。

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)とは(外部:Dr. Kakuko スポーツクリニックさんの図がよくわかると思います)

マラソンランナーもよくなる故障のようです。足が使えないとリハビリにも時間がかかりますから、思っている以上に長引くかもしれません。

モリソン獲得後の話になりますが、現地2019年4月20日、アーロン・ジャッジがIL入りとなりました。

スプリングトレーニング情報 現地2018年2月25日、スプリング・トレーニングのゲームが始まっていますが、各チームのエース級が2月にもかか...

ジャッジ、腹斜筋を傷め途中交代

アーロン・ジャッジは21日のロイヤルズ戦に2番RFでいつものように出場。

5号HRを含む2安打を放っていましたが、2安打目となった6回裏のシングルを放った後、塁上で立ったまま悶絶。

そのまま代走が出て途中交代となりました。

スイングの後、左腹斜筋(脇腹)を傷めた模様です。すぐに回復しそうにない箇所であることからジャッジは10Day ILに。検査のため、通院します。

ヤンキース、ILだらけ

NPBならベンチに盛り塩するところです。ヤンキースは相次ぐけが人に悩まされております。

  • ルイス・セベリーノ(RHP/SP):右肩痛。復帰は5月の見込み、未定に
  • D・ベタンセス(RHP/RP):右肩ボーンスパー。10Day IL、5月末復帰予定
  • ジャコビー・エルズベリー(OF):2018年8月に足底筋膜炎で手術。2019年中の復帰見込み
  • ディディ・グレゴリアス(SS):2018年10月トミー・ジョン手術。2019年6月から7月頃か。
  • ジョーダン・モンゴメリー(LHP/SP/RP):2018年6月トミー・ジョン手術。ASGブレークに復帰見込み。
  • アーロン・ヒックス(CF):腰痛。開幕には間に合いそう4月中の復帰です。5 月復帰予定。
  • ジャンカルロ・スタントン:4/1上腕二頭筋痛。10Day IL。4月中の復帰を目指す。
  • ミゲル・アンドゥハー(3B): 4/1右肩関節唇の断裂。手術見込みで復帰は未定。時間がかかりそうです。復帰は6月頃。
  • トロイ・トゥロウィツキー(SS):左ふくらはぎ痛。5月頃の復帰。
  • ゲイリー・サンチェス(C):左ふくらはぎ痛。4/22週に復帰予定。
  • アーロン・ジャッジ(RF):左腹斜筋痛。復帰未定。
  • グレッグ・バード(1B):足底腱膜の断裂。5月中の復帰か。

現場の運営が難しそうですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 無知 より:

    モリソンには元気モリモリで頑張ってもらいたいですね!

    • hirotee より:

      はい。そう思います!
      何年か前のオフシーズン企画でアグリー・セーターの1位を獲得してから彼には注目しています。