スポンサーリンク

【MLB2021FA】フィリーズ、ディディ・グレゴリアスと2年で再契約へ

フィリーズ、かなり良いシフトが完成

 今オフのフィリーズの第一課題がJ.T.リアルミュートとの再契約であるなら、第二課題はSSのディディ・グレゴリアスとも再契約することでしたが、現地2021年1月30日、J.T.リアルミュートとのディールがオフィシャルとなったタイミングでディディ・グレゴリアスとも合意した模様です。

 これでフィリーズはかなり良いシフトが完成しました。

契約詳細

 ディディ・グレゴリアスとフィリーズは以下の条件で合意した模様です。こちらオフィシャルになりましたら、情報をアップデートいたします。

  • 2年/$28M(2021-2022)

 AAVでざっと$14M。支払いに繰延払いが採用される見込みです。

フィリーズ、かなり強い布陣

 ディディ・グレゴリアスとの再契約が実現したことでフィリーズはシフトはかなり強いものとなりました。これは守備、攻撃ともにです。

  • C:J.T.リアルミュート
  • 1B: リース・ホスキンス、アレック・ボーン
  • 2B: ジーン・セグラ、スコット・キンガリー
  • 3B: ジーン・セグラ、アレック・ボーン
  • SS: ディディ・グレゴリアス、ジーン・セグラ、スコット・キンガリー
  • LF: アンドリュー・マッカッチェン
  • CF:アダム・ヘイスリー、アンドリュー・マッカッチェン、ロマン・クイーン
  • RF:ブライス・ハーパー

 シーズン中は誰かを怪我で欠いたり、あるいは絶不調の選手が出たりするものですが、そういった選手が出てもその穴を埋める人材がいるというシフトです。

 できれば、前年デビューしたアレック・ボーンも使って欲しいのですが、彼を試合に出しながら、育てるということも可能。

センターラインが強い

 また、J.T.リアルミュートが入ったことで、二遊間にディディ・グレゴリアスとジーン・セグラを配置出来、尚且つもしもアンドリュー・マッカッチェンをCFで起用するなら、非常に強いセンターラインが完成することになります。

 マッカッチェンをLFに起用するなら、アダム・ヘイスリー、あるいはあまり打ちませんが、守備のいいロマン・クイーンがおります。

【贅沢税】フィリーズ、徐々に0Mに近づく

 ディディ・グレゴリアスとAAV(Annual Average Value)で$14の契約に合意したフィリーズは彼の$14Mを加算した段階で、贅沢税は$186M超え。まだスペースに$20M以上の余裕がありますが、ペイロールカットをして、お金を良い選手に配分し直した結果、現状でここまで上がってきました。

 シーズン途中でペナントやWSに欲が出るとまた補強したくなるのが人情ですから、あとは$5M前後の投手を2名ほど補強するかもしれませんね。

 オフシーズン開始直後はリアルミュートとグレゴリアスの2名ともに放出する見込みだったフィリーズ。このまま昔の暗黒時代に突入か?とも思いましたが、やはりデーブ・ドンブロウスキー氏が来て風向きが代わりました。

 後はドンブロウスキー氏がなりふり構わずにお金を使わないように、オーナーのジョン・ミドルトンが手綱を引き締める体制がうまく機能すれば長期にわたって地区優勝に絡めることになりそうです。

ディディ・グレグリアスとは?

 ディディ・グレゴリアスは1990年2月18日生まれの30才。フルネームはマリークソン・ジュリアス・グレゴリアス(Mariekson Julius Gregorius)。スプリングトレーニング開始直後に31才になります。

 オランダのアムステルダム出身で、本人はアンドレルトン・シモンズやジュリクソン・プロファーの出身であるキュラソー島で生まれ育った訳ではなく、オランダ本国で生まれ育ちました。ヨーロッパ出身だけに小さい頃はサッカーもさかんにやっていたようです。

 おじいさんはオランダ・リーグで投手をしていたフアン・グレゴリアス(Juan Gregorius)でおじいさんはもともとキュラソー島由来の人でオランダ本国に移ったようです。

 お父さんの名前がディディ・グレゴリアス。表記はDi Di Gregorius Sr.となっています。フィリーズのディディと区別をつけるためにお父さん側にシニアがついています。お父さんがキュラソー島生まれなのか、すでにアムステルダムで生まれたのかは定かではなく、小さい頃にはアムステルダムにいたようです。そのお父さんもオランダリーグでプレーしていた選手。また兄も野球選手でした。

 2007年8月にアマチュアFAとしてレッズとサイン。プロとしての稼働は2008年からです。

 メジャーデビューはレッズ時代の2012年。22才のときです。

 その年のオフの2012年12月、レッズ、Dバックス、インディアンス間で発生した3チームトレードでレッズからDバックスへ移籍。

 移籍直後の2013シーズンから103試合に出場。357打数90安打、打率.252、HR 7をマーク。この年の守備はインパクトがありましたね!!

 2014年はDバックスがクリス・オーウィングスにもチャンスを与えたいとして、ディディの出場は80試合にとどまりました。

 2014年12月、ヤンキース、タイガース、Dバックス間で発生した3チームトレードでヤンキースへ移籍。

 ヤンキースはジーターの後を継ぐものとして、ディディ・グレゴリアスを選びました。それを悔しく思ったのが、ジーター信者で後にヤンキースのSSを守ることになったトロイ・トゥロウィツキーです。 

 フルシーズンで、エブリデイSSとして稼働したのは、ヤンキース移籍後の2015年からです。

 ヤンキース時代のキャリアとトミー・ジョン手術に関しては上記のリンク記事にも記載しています。

 なお、2018年のALDSで肘を痛めたディディは10月半ばにトミー・ジョン手術を実施。そして復帰したのが、2019年6月です。術後約7ヶ月半で復帰したことに!

2020年の成績 

 なお、2020年は60試合全試合に出場。打率.284、OBP .339、SLG .488、HR 10、二塁打 10、RBI 40、Run 34と非常に調子の良いシーズンを送りました。

 2021年は楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました