スポンサーリンク

【MLB2021FA】フィリーズ、J.T.リアルミュートと5年115.5Mドルで再契約! AAVで捕手最高契約

フィリーズ、オフの難問を解決

 現地2021年1月26日、今オフ注目のFA選手であったJ.T. リアルミュート( J.T. Realmuto )のディールが決定。フィリーズが以下の内容で再契約に成功しました。

  • 5 years/$115.5M (2021-25)

 $200Mオーバーを求めていたとも言われるJ.T.リアルミュートのディールですが、結局、総額ではその半分、AAV(Annual Average Value)で$23.1Mで決着しました。今季30才でシーズンを迎えるリアルミュートにとっては34才のシーズンまでの契約となっています。

契約詳細(この手があったか!)

 契約の詳細は以下の内容となっています。

  • 支払い:2021:$20M、2022:$23.875M、2023:$23.875M、 2024:$23.875M、 2025:$23.875M
    • 2021年の$20Mのうち$10Mを繰延払い。2026年と2027年の2回に分けて受け取り。金利なし。

 最近流行りとなっている繰延払いが入りました。リアルミュートとしては35才以降の保証も欲しかったでしょうが、5年で合意したのは、2026年と2027年に$5Mずつ受け取るという保証がついたからとも言えるでしょう。まさにこの手があったか!という感じです。

 繰延払いは経営側にとっては将来的には負担にはなりますが、すぐにキャッシュを用意しなくて良い点で助かる面もあります。経営母体がしっかりしているなら、寿命の短い野球選手はやっておきたい契約かと思います。

AAVで捕手最高契約

 ディールの総額としてはジョー・マウアー、バスター・ポージーには及びませんでしたが、AAVとしては捕手史上最高の契約となっています。

  • ブライアン・マッキャン(NYY): 5年/$85M (2014-18)/ AAV: $17M
  • ジョー・マウアー(MIN): 8年/$184M(2011-18) : AAV: 23M
  • バスター・ポージー(SFG): 9年/$167M (2013-21)+$22M/2022 クラブオプション($3Mバイアウト): AAV $18.56M

 AAV $23.1Mでポージー超え。この評価も合意に至った理由とも言えるでしょう。

ドンブロウスキー氏、”Sign him”を実現

 今オフ、フィリーズはJ.T.リアルミュートとディディ・グレゴリアスの放出もやむなしというスタンスでした。入場料収入が入らなかったことがその要因です。この時はマット・クレンタックをGMから降格させ、オーナーのジョン・ミドルトンがそのつなぎ目を担っていた頃。

 その風向きを変えたのはやはり、デーブ・ドンブロウスキー氏。現地2020年12月11日(金)にフィリーズのベースボール・オペレーション社長に就任。オーナーのジョン・ミドルトンの意向を受け、今回のオフの難問をクリアーしました。

 また、とんでもない額のサラリーになるのかと心配していましたが、AAV $23.1Mを5年という非常に良いラインでの締結に成功しました。あまりにも高すぎるのは選手にとってもプレッシャーになるので良くないと筆者は思います。

 また、ホワイトソックスからFAとなっていたジェームス・マッキャンが現地2020年12月15日にメッツと4 年/$40.6M (2021-24)でサイン。

 今オフ、新オーナー就任で資金力豊富となったメッツがマッキャンを獲得したことから、もうフィリーズのディールが確実視され、後は金額をどう満足させるかというところに焦点が移っていたとも言えます。最後にまとめたのが、経験豊富なデーブ・ドンブロウスキー氏だったということですね。

 ブライス・ハーパーやファンが”Sign Him”とリアルミュートとの契約をクラブ側にプッシュしていましたが、さすがにドンブロウスキー氏が実現させました。

J.T.リアルミュートとは

 キャリアの詳細は下記の記事に記載しています。

2019年にGG&SS

 マーリンズでのファイナルイヤーとなった2018年にオールスター出場とシルバースラッガー賞を受賞したJ.T. リアルミュートは、フィリーズ移籍後の2019シーズンにも大いに活躍。

 145試合に出場し、打率.275、OBP .328、SLG .493、HR25、RBI 83。捕手としては本当にずば抜けた数字ですね。これにより、2年連続のオールスター出場とともにシルバースラッガー賞も受賞。さらに、ゴールドグラブ賞も受賞しました。

 2020年は60試合中、47試合に出場。打率.266、OBP .349、SLG .491、HR 11,RBI 32。

 選手として経験値の点からも旬を迎えているJ.T.リアルミュート。2021年も活躍してくれそうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました