スポンサーリンク

【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断

マイナーへアウトライト

 現地2021年6月7日(月)、フィラデルフィア・フィリーズはユーティリティー・プレーヤーのスコット・キンガリー(Scott Kingery)をマイナーへアウトライトとしました。

 フィリーズからのアナウンスによれば、スコット・キンガリーはすでにウェーバーをクリアー、つまりウェーバーにかけたものの、他のクラブからの獲得のオファーがなかったため、そのままトリプルAリーハイ・バレー(Lehigh Valley)アイアン・ピッグス所属となりました。

アウトライトとは「40manから外れること」

 このマイナーへアウトライトしたというのは、非常に厳しい決断を意味し、40manロスターから外れることを意味します。つまり、メジャー契約ではなくなり、メジャーの試合に出られなくなることを意味します。

 これがまだ”OPTIONED”であれば、アクティブ・ロスターからは外れるけれども、40manロスターには残っていることを意味し、試合に出る前提の処分ではありますが、今回の決断はフィリーズはスコット・キンガリーを当分試合に使わないと決断したという意味合いと考えていいでしょう。

DFAとの違い

 DFAも40manロスターから外すことを意味しますが、もうクラブから出すことを前提とした考え方で、トレードやFA、マイナーへという結論があります。たとえウェーバーをクリアーし、マイナーへ残ることになったとしても、「まあ、うちにいてもいいよ」くらいの考え方。

 一方、アウトライトは、まだ支配下に置くのが前提の考え方で、今回の場合を平たく言うなら、「とにかくマイナーでバット振って来い」というくらいのもの。

 ただ、日本で一軍、二軍を往復するのとは違って、40manに残るかどうかは選手にとっては死活問題で、そこに大きな壁が一枚隔たっているというもの。

2018年、デビュー前に延長契約

 スコット・キンガリーが一躍有名になったのは、デビュー前の2018年3月に6年(2018-23)/$24Mの延長契約を結んだことによります。

契約の中身

 この延長契約の中身はご覧の通りです。

  • $1.5M サイニング・ボーナス
  • 支払い
    • 2018:$0.75M、 2019:$1.25M、2020: :$1.5M、2021:$4M、2022:$6M、2023: $8M
    • クラブオプション:
      • $13M(2024) +$1Mバイアウト
      • $14M(2025)
      • $15M(2026)

 契約当時のGMはマット・クレンタック氏。

スコット・キンガリーのキャリア

 スコット・キンガリーは1994年4月29日生まれの27才(現地2021年6月8日時点)。アリゾナ大出身で、2015年アマチュア・ドラフトでフィリーズから2巡目(全体48位)で指名されプロ入り。

2018年にデビュー

 延長契約を行った2018年にメジャー・デビュー。

 1年目は147試合に出場し、452-102、打率.226、OBP .267、SLG .338、HR 8、二塁打 23、RBI 35、盗塁 10。

 2年目の2019シーズンは126試合に出場し、458-118、打率.258、OBP .315、SLG .474、HR 19、二塁打34、RBI 55、盗塁15。ここまではよかったのです。

2020年から急降下

 しかし、変則シーズンとなった2020年は36試合で、打率.159、OBP .228、SLG .283。

 2021年はここまで15試合で19-1、打率が.053。

脳震盪などの影響も

 ただ、2020シーズンはCOVID-19による離脱、2021シーズンは脳震盪による離脱など体調が優れないこともこの成績に影響を与えているとは思います。

OPS+の悪さ

 ただ、これらの影響により通常100が一つの基準であるOPS+のキャリア通算が75に。

 なお、2018年以降で、打席数1000以上を経験している198名のバッターのうち、このOPS+の悪さはマーティン・マルドナード、エルビス・アンドラス、オーランド・アルシア、ビリー・ハミルトンに次いでワースト5位の数字です。

ドンブロウスキははっきりしている

 今季からフィリーズのベースボール・オペレーションの社長に就任したデーブ・ドンブロウスキは、非常にはっきりしていて、キンガリーは「守備型の選手」であり、もっとバットを鍛えて欲しいということも話しています。

キンガリーの道

 キンガリーはこれからもう一度マイナーからビッグリーグへ這い上がる選択しかなくなりました。ウェーバーでクレームオフされなかったというのは、デビュー前の契約が重たいということを意味しています。つまり、成果と報酬のバランスが悪いという判断です。

 まずは体調を整えてから、持っている力を発揮してくれればと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
【MLB2022】エンゼルス、ジョー・マッドン監督を解雇(追記あり)
【MLB2022】マイケル・ワカが3ヒット・シャットアウト!エンゼルス12連敗へ
【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ
【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環
タイトルとURLをコピーしました