スポンサーリンク

【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断

MLB移籍/FA情報

マイナーへアウトライト

 現地2021年6月7日(月)、フィラデルフィア・フィリーズはユーティリティー・プレーヤーのスコット・キンガリー(Scott Kingery)をマイナーへアウトライトとしました。

 フィリーズからのアナウンスによれば、スコット・キンガリーはすでにウェーバーをクリアー、つまりウェーバーにかけたものの、他のクラブからの獲得のオファーがなかったため、そのままトリプルAリーハイ・バレー(Lehigh Valley)アイアン・ピッグス所属となりました。

アウトライトとは「40manから外れること」

 このマイナーへアウトライトしたというのは、非常に厳しい決断を意味し、40manロスターから外れることを意味します。つまり、メジャー契約ではなくなり、メジャーの試合に出られなくなることを意味します。

 これがまだ”OPTIONED”であれば、アクティブ・ロスターからは外れるけれども、40manロスターには残っていることを意味し、試合に出る前提の処分ではありますが、今回の決断はフィリーズはスコット・キンガリーを当分試合に使わないと決断したという意味合いと考えていいでしょう。

DFAとの違い

 DFAも40manロスターから外すことを意味しますが、もうクラブから出すことを前提とした考え方で、トレードやFA、マイナーへという結論があります。たとえウェーバーをクリアーし、マイナーへ残ることになったとしても、「まあ、うちにいてもいいよ」くらいの考え方。

 一方、アウトライトは、まだ支配下に置くのが前提の考え方で、今回の場合を平たく言うなら、「とにかくマイナーでバット振って来い」というくらいのもの。

 ただ、日本で一軍、二軍を往復するのとは違って、40manに残るかどうかは選手にとっては死活問題で、そこに大きな壁が一枚隔たっているというもの。

2018年、デビュー前に延長契約

 スコット・キンガリーが一躍有名になったのは、デビュー前の2018年3月に6年(2018-23)/$24Mの延長契約を結んだことによります。

契約の中身

 この延長契約の中身はご覧の通りです。

  • $1.5M サイニング・ボーナス
  • 支払い
    • 2018:$0.75M、 2019:$1.25M、2020: :$1.5M、2021:$4M、2022:$6M、2023: $8M
    • クラブオプション:
      • $13M(2024) +$1Mバイアウト
      • $14M(2025)
      • $15M(2026)

 契約当時のGMはマット・クレンタック氏。

スコット・キンガリーのキャリア

 スコット・キンガリーは1994年4月29日生まれの27才(現地2021年6月8日時点)。アリゾナ大出身で、2015年アマチュア・ドラフトでフィリーズから2巡目(全体48位)で指名されプロ入り。

Scott Kingery on his expected 2020 position: "I'm just going to be ready for wherever."

2018年にデビュー

 延長契約を行った2018年にメジャー・デビュー。

 1年目は147試合に出場し、452-102、打率.226、OBP .267、SLG .338、HR 8、二塁打 23、RBI 35、盗塁 10。

 2年目の2019シーズンは126試合に出場し、458-118、打率.258、OBP .315、SLG .474、HR 19、二塁打34、RBI 55、盗塁15。ここまではよかったのです。

2020年から急降下

 しかし、変則シーズンとなった2020年は36試合で、打率.159、OBP .228、SLG .283。

 2021年はここまで15試合で19-1、打率が.053。

脳震盪などの影響も

 ただ、2020シーズンはCOVID-19による離脱、2021シーズンは脳震盪による離脱など体調が優れないこともこの成績に影響を与えているとは思います。

OPS+の悪さ

 ただ、これらの影響により通常100が一つの基準であるOPS+のキャリア通算が75に。

 なお、2018年以降で、打席数1000以上を経験している198名のバッターのうち、このOPS+の悪さはマーティン・マルドナード、エルビス・アンドラス、オーランド・アルシア、ビリー・ハミルトンに次いでワースト5位の数字です。

ドンブロウスキははっきりしている

 今季からフィリーズのベースボール・オペレーションの社長に就任したデーブ・ドンブロウスキは、非常にはっきりしていて、キンガリーは「守備型の選手」であり、もっとバットを鍛えて欲しいということも話しています。

キンガリーの道

 キンガリーはこれからもう一度マイナーからビッグリーグへ這い上がる選択しかなくなりました。ウェーバーでクレームオフされなかったというのは、デビュー前の契約が重たいということを意味しています。つまり、成果と報酬のバランスが悪いという判断です。

 まずは体調を整えてから、持っている力を発揮してくれればと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
タイトルとURLをコピーしました