スポンサーリンク

【MLB2024FA】マリナーズがライン・スタネックと1年契約で合意! ブルペンがさらに厚くなる!

ここまで残っていた有力リリーバーはマリナーズへ

 現地2024年3月8日、シアトル・マリナーズがアストロズからFAとなっていたリリーバー右腕のライン・スタネック(Ryne Stanek/32)と1年契約で合意しました。現時点ではフィジカル・チェックの結果待ちで、まもなくオフィシャルになる見込み。

 有力FAリリーバーのライン・スタネックがこの時期まで残っていたのは意外です。ブルペンに不安のあるクラブは食指が動きそうなものですが、最終的にはマリナーズがゲットということになりました。

契約内容

 両者の合意内容は大筋では以下の通り。

  • 1 年/$4M (2024)保証
    • パフォーマンス・ボーナス:$2M

 ライン・スタネックのMLSは2024年1月時点で6.038。このオフが初のFAでした。ちなみに調停資格のラストイヤーであった2023年のサラリーはいくらだったかというと、 1 年/$3.6M (2023) 。今回は単価が上がったことになります。

 ここまで残っていた要因はおそらくライン・スタネック側も前年のサラリーを超えて尚且つマルチイヤー・ディールを狙っていたと思われます。

 実際、それを望んでしかるべき実績もあります。

ライン・スタネックとは

 ライン・スタネックは1991年7月26日生まれの32才。シーズン半ばの誕生日で33才になります。この年齢要素もマルチイヤー・ディールが叶わなかった要因かもしれませんが、2年くらいなら獲得したほうがお得と思えるような右腕でもあります。

 ドラフトは2013年のレイズの1巡目指名。全体29位です。

 MLBデビューは2017年で25才のときです。このときからリリーバーとして登板。

 2018年から2019年にかけて登板試合数と、先発試合数が異常な数字となっていますが、これはレイズがライン・スタネックをオープナーの先発に起用し続けた現れです。

YearGGS
20185929
20196327

 2019年のトレード・デッドラインでマイアミに移籍。このとき、レイズはニック・アンダーソンとトレバー・リチャーズを獲得しています。レイズ移籍後のニック・アンダーソンは怪我により登板数は少なかったものの、2020年(60試合シーズン)に19試合に登板し、ERA ERA 0.55とレイズのワールドシリーズ進出に貢献したのでした。ただ、ALCSとWSでは打ち込まれはしましたが・・・。

 トレバー・リチャーズはレイズではあまり結果が出なかったものの、トロントに移籍してからは登板数が伸びております。

 ライン・スタネックはマイアミに移籍後はオープナーの先発がなくなり、リリーバーとして専念。ただし、2019年の移籍後と2020年の短縮シーズンでそれぞれERAが悪化。2019年は5.48(マイアミのみのERA)、2020年は7.20。これにより、2020シーズン後にノンテンダーFAとなってしまいます。

 そのライン・スタネックを拾ったのがアストロズで1 年/$1.1M (2021)でサイン。奮起したライン・スタネックは2021年に72試合に登板し、ERA 3.41をマーク。すごかったのが2022年で59試合に登板し、ERA が1.15。ゲーム後半の重要な場面に登板してのこの数字は素晴らしいの一言でした。この年、アストロズはワールドシリーズを制覇。

 そして2023年、55試合に登板したライン・スタネックは、ERA 4.09をマークしていました。

BBが多い

 いい投手には違いないのですが、ここまで残ってしまった要因の一つが四球が多い点にあります。キャリアを通じたSO9は10.5と球威と数字がマッチする様相なのですが、BB9が4.5。リリバーとしてこれは厳しい数字です。

 ちなみにSO%とBB%で行くと、驚異的な2022シーズンはSO%が27.7%でMLB平均の22.6%を大きく上回りますが、BB%はこの年でさえ13.8%を記録していたのです。MLB平均が8.5%ですから多いですね。2023年のBB%は9.5%と改善しましたが、まだ平均を上回っている状態です。

マリナーズ、リリバーが厚くなる

 そんなライン・スタネックですが、やはりその存在はマリナーズのゲーム後半を頼もしくすることは間違いないところです。

 現時点のマリナーズのブルペンはCLにアンドレ・ムニョス、セットアップに2023年も大活躍したマット・ブラッシュが入る予定ですが、セットアップの選択肢の一つとしてライン・スタネックも名を連ねることでしょう。

 さらにホワイトソックスから獲得したグレゴリー・サントス、前年に引き続きテイラー・ソーセイド(Tayler Saucedo)ゲイブ・スパイアートレント・ソーントンそしてFAで獲得したオースティン・ボスと非常に強力なブルペンとなっています。

 資金的な制約がある中、ジェリー・ディポートがかなりがんばりましたね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
【MLB2024】ドジャースはミゲル・ロハスが出場すると、勝率がアップする!
タイトルとURLをコピーしました