スポンサーリンク

トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)

12球で降板

 現地2021年6月11日(金)の出来事になりますが、ナショナルズのエース、マックス・シャーザーが地元ナショナルズ・パークで行われたジャイアンツ戦に先発。しかし、1回表に2番のブランドン・ベルトに対している際に、明らかな怪我で12球で降板していました。

右鼠径部の軽症

 マックス・シャーザーはこの日の12球目を投じた後、いつものようにマウンド周辺を歩きながらも、どこかおかしい様子。それに気づいたベンチがタイムをかけマウンドに。

 様子を伺った後、投球練習で1球を投じたのですが、それで駄目だと判断したシャーザーは降板する事態に。投げた途端おかしくなったと思いますが、あまりにも緊急降板となるので、仲間のブルペンに対しても少しでも時間を稼ぐようにしたのだと思われます。

当日に判明

 この後、病院でMRIを撮ったシャーザーの診断は右鼠径部痛で、軽症であることが判明しました。約1日経過し、それ以上の情報が出るか一応、様子見していたのですが、どうやらDay to Dayでこのまま様子を見ながら、次回登板に備える予定です。

 緊急降板ゆえに、肩か?肘か?とヒヤリとしましたが、とにかく軽症ということで安心しました。

パオロ・エスピーノが好投

 なお、シャーザーの緊急降板で虚を衝かれたナショナルズ・ブルペンでしたが、二番手には右腕のパオロ・エスピーノ(Paolo Espino)が登板。1回から3回まで無失点で切り抜け、4回表にバスター・ポージーに11号ソロHRを打たれただけで、3.1イニングを被安打3、失点1、5奪三振と好投しました。

 なお、この日のファイナル・スコアは1-0でジャイアンツの勝利。エスピーノがポージーに打たれた一発が決勝点になったというすごいゲームでした。

トレードで大注目のシャーザー

 怪我がこのままDay to DayでILに入らないようであれば、シャーザーは今季のトレード・デッドラインの大きなターゲットと噂されています。

 現地2021年6月12日(土)、ジャイアンツとのダブルヘッダーでは、Game1で2−0のスコアで勝利したナショナルズでしたが、Game2は1−2で落としました。

ナッツ、勝ち星が増えず苦戦

 これによりナショナルズは、26勝35敗で、ナ・リーグ東地区最下位から上がれません。ナ・リーグ東地区はメッツが32勝24敗で貯金8を誇りますが、2位以降はフィリーズ、ブレーブスともに勝率5割を行ったり来たりでマーリンズも現地2021年6月12日で3連勝を飾るも、まだ29勝35敗で借金がある状態。

 ナショナルズも挽回できない数字ではありませんが、それには選手のヘルシーさも必要です。

 しかし、スティーブン・ストラスバーグが首を傷めており、10Day IL中でまだ投球を再開できていません。パトリック・コービンはローテーションを維持しているものの、ERA 6.21と苦戦。

 2019年ワールドシリーズを制した投手トップ3がフル機能していない状態です。

 トレードデッドラインに向けての噂は、その時点での勝敗と順位を見て、売りに入るかどうかでザワザワするものですが、すでにマックス・シャーザーは動くと思われているようで色々と噂は出ています。

シャーザーの契約

 シャーザーの現契約は2015年1月にサインした7年/$210M (2015-21)

 今季の支払いは$35Mで、2019年から2021年までの3年間のトータル$105Mは繰延払い。2022年から2028年まで毎年7月1日に$15Mずつ7年に渡り支払われます。

 その他細かい条項もあるので、ノートレード条項も入っていますし、シャーザーはMLS上10-5ルールも適用されます。そこは解除する方法はあるとして、$35Mのうちの残りの支払いに手を上げるクラブがあるかどうか。

カージナルスが需給にマッチ?

 あくまで現時点での噂ですが、ジャック・フラハーティーが離脱しているカージナルスがトレードの需給がもっともフィットすると見られています。

 しかも、セントルイスはミズーリ州にありますが、シャーザーはミズーリ州の出身。こういったことも噂を強くしている要素でもあります。

BOS? NYY?

 これも現時点での噂ですが、スターティングが苦戦しているレッドソックス、ヤンキース、ブルージェイズ、ブレーブスも噂には上がっています。

 レッドソックスの場合は、クリス・セールがすでにマウンドでの投球を開始。バッター相手のリハビリに入るところですから、かなり早い時期に復帰しそうです。よって、セールが本格稼働する前であれば確かに需要はありますが、サラリーシェッドに注力してきたものがこれでご破算になるのは避けるのではないか?と思います。

 ヤンキースはルイス・セベリーノが現地2021年6月12日、クラすAでのリハビリ登板中に離脱。「肘か!?」と心配になりましたが、シャーザーと同じ鼠径部です。重度次第でやっかいではありますが、少し復帰が遅れるかもしれません。よって確かに需要はあります。

 あとはブルージェイズも先発が揃えばかなり楽ではありますし、結構積極的に動いては最後の天秤で落ちてしまうということも多いクラブですから、ここはどうかわかりません。

 ブレーブスも確かに先発に怪我人が出ている状況ではります。

 今季は7月27日の誕生日で37才となるシャーザー。まだまだ衰えてはおりません。今季はここまで5勝4敗、ERA 2.21、奪三振104。

 シャーザーの動向に注目ですね。そもそもナッツが出すかどうかはまだ全然わかりません。

追記:ILへ

 現地2021年6月16日、ナショナルズはマックス・シャーザーを10 Day ILに入れたことを発表しました。シャーザーは現地15日のパイレーツ戦での登板が決まっていましたが、無理をさせず回避。そのままILに入れました。

 この判断は良かったのではないか?と思います。悪化する前にケアした方が良いはずです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました