スポンサーリンク

【MLB好プレー2019】ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアがサヨナラHRを防ぐスーパーキャッチ!

スポンサーリンク

JBJのスーパー・リーピング・キャッチ

現地2019年5月8日、レッドソックス@オリオールズ戦でジャキー・ブラッドリー・ジュニアが素晴らしいプレーを見せてくれました。

打たれた瞬間、サヨナラHR

ゲームはレッドソックスが3回表にムーキー・ベッツのソロHRで1点を先制。

その後、オリオールズは6回裏に2アウトから連打で1点を上げ、1-1の同点のまま延長にもつれたというシチューションでした。

このプレーがすごいのは、延長11回裏1アウトで出たプレーということ。

打たれた瞬間はピッチャーのライアン・ブレイジャーも、SSのザンダー・ボガーツも、「やられた!」という感じで体が固まるようなHR性の当たりだったこと。

それをJBJが上半身がまるごとフェンスから伸び上がるような状態でHRを阻止。

見事、サヨナラHRを防いだのでした。

これは苦労続きのブルペン陣をも救いましたね!すごいプレーでした。

クリス・セールは8回14K

このゲームはレッドソックス先発のクリス・セールもよかったです。

8回を投げ、被安打3、失点1、奪三振がなんと14!

クリス・セールは5月に入り、このゲームを入れた直近の2試合で14イニングを投げ、被安打6、失点1、自責点1、奪三振24とギアが上がってきました。

3月と4月を合わせた成績が6試合、被安打32、うち二塁打6本、三塁打2本、HR7本、失点23、自責点21、与四球10と散々だったので、うそのように回復しております。

最後はベニーが勝ち越しHR

JBJのスーパー・リーピングキャッチ直後の12回表、レッドソックスは2アウトからアンドリュー・ベニンテンディの勝ち越しソロHRが飛び出し、2-1。

このまま逃げ切り、勝ちました。

ライアン・ブレイジャーが11回を投げたため、12回裏はヒース・ハンブリーが登板。1回を三者三振に仕留め、今季初セーブを上げています。

ちょっと気になったのはお客さんが少なかったこと。公式記録では12,451人。

東海岸のチーム同士の対戦としてはちょっと寂しい数字でしたが、ゲームは非常にアツかったです。

なおオリオールズも先発のアンドリュー・キャッシュナーが6回を投げて被安打4、失点1と好投しています。

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク