【MLB2017】トラウトのHR強奪とマーリンズ・パークのかわいいネコ

LAA、2試合連続劇的勝利

こんにちは。

現地2017年4月9日の日曜日のマリナーズ戦で9回に6点差を跳ね返して勝利したエンゼルス。

【Game Score】Angels 10, Mariners 9

1日空けて11日からはレンジャーズとの3連戦です。

同地区との対戦が続きます。

実はこの日もエンゼルスは劇的な勝利を納めました。

9回に3点を奪ってタイにし、延長10回にサヨナラ勝ちしています。エンゼルス、2試合連続でいい勝ち方をしています。

劇的勝利への流れ

このゲームは中盤までは完全にレンジャーズペース。

TEX コール・ハメルズが好投

レンジャーズの先発は実績のあるコール・ハメルズ。ハメルズは7回を投げ、被安打4、失点1の内容。7回に先頭のジェフリー・マルテにHRを打たれたのみで、終盤までナイス・ゲームメイクでした。

LAA タイラー・スキャッグスは5失点

エンゼルスの先発は左腕のタイラー・スキャッグス。初回にマイク・ナポリにタイムリーを打たれて1失点、さらに3回にはエルビス・アンドラスにソロHR、ジョナサン・ルクロイに3ランHRをそれぞれ打たれ、計5失点でマウンドを降りました。

LAA、8回に3点差に追い上げ

エンゼルスは8回にトラウトとキャメロン・メイビンの2本のダブルで1点を返し、2-5として最終回に望みをつなげました。

9回裏

ダニー・エスピノーザ

そして3点を追う9回裏、先頭のダニー・エスピノーザがまずは反撃ののろしとなるソロHRで3-5に。

ユネル・エスコバー

ベン・リベアが三振で1アウトとなったあと、ユネル・エスコバーが望みをつなぐ2塁打を放ち、チャンスメイク。

つづくコール・カルフーンはセンターフライに倒れ、2アウトに。

マイク・トラウト

ところが打順のめぐりがよく、つづくバッターはマイク・トラウト。トラウトはダイソンの得意球であるツーシームをたたき2ベースヒット。これでユネル・エスコバーが還り4–5の1点差に。

アルベルト・プホルズ

さらにアルベルト・プホルズがシングルを放ち、2塁からトラウトが還ってついに5-5の同点に追いつきました。これはちょっと神がかった得点の仕方ですね。

10回裏、スクイズでサヨナラ勝ち

9回は結局タイに持ち込んだままとなりましたが、つづく延長10回には四球とヒットでランナー1、3塁としたあと、カルロス・ペレスが1塁線に絶妙なスクイズを決め、3塁ランナーが生還。エンゼルスが6-5でレンジャーズを下しました。

【動画】Perez’s walk-off squeeze play

バド・ノリスがサヨナラの流れをつくる

このゲームも負け試合に近かったのですが、9回に追いついた攻撃陣も素晴らしかったですが、なんと言っても6回からマウンドに上がったバド・ノリス(Bud Norris #20)が3イニングをヒット1本だけに抑えたのが大きかったと思います。

これで流れがエンゼルスに大きく傾きました。

 守りは大事ですね。

トラウトが勝ち越しの危機を救う

ちなみに10回表、エンゼルスはHRで勝ち越されてしまう・・・というシーンがあったのですが、マイク・トラウトがまたしてもHRを強奪。

この人がHRをキャッチしたのはキャリア何個目なんでしょうか。本当にいいプレーを見せてくれますね。

【動画】Must C: Trout robs home run

面白いゲームのリキャップです。

【動画】Recap: TEX 5, LAA 6 – F/10

マーリンズ・パークに可愛い珍客

現地2017年4月11日はちょっと和やかな話題も。マーリンズ・パークに猫が侵入しました。

ご覧ください。

「それ動いて危ないから降りてきなさい」

じっとしていたタイミングがあったのですが、まさかホームラン・スカルプチャーに逃げ込むとは。

それ動くから、危ないから降りてきなさい」と思わず言ってしまいたくなるような。

まだ子猫ですね。無事保護されたことを祈ります。

【動画】Must C: Cat invades Marlins Park

Amazon タイムセール

スポンサーリンク