【MLB2017】ヨアン・モンカダ、華麗なバックハンドグラブフリップを披露

こんにちは。

かつてキューバの至宝と言われ、レッドソックスの将来を担う逸材としてMLBに入ったヨアン・モンカダ。

常勝球団ゆえに目先の勝利も大事がゆえに、クリス・セールとのトレードで今季からホワイトソックスでプレーしています。

トッド・フレイジャーのヤンキース移籍などもあり、7月終盤についにメジャーにコールアップされました。

正確に言うと、2016シーズンにメジャー・デビューはしています。昨シーズンは8試合のみの出場でこれはメジャーのちからを肌で感じるための教育的な意味あいの強いコールアップでした。

今季はまだルーキーの資格を持ちながら、戦力としてのコールアップです。

 

 

この時期のコールアップはルーキー・オブ・ザ・イヤーをどうさせるかの考えにもよりますが、AT BAT130以内を軽く消費すると思いますので、たぶんこのままルーキー・ステータスがなくなります。

おそらくですが、もうマイナーに落とさないで、来季に向けて経験を積ませると思います。

そんなヨアン・モンカダですが、現地2017年7月29日時点でコールアップされて9試合を消化し、30打数4安打、打率.133、HR1本、四球5、三振11。

打撃はまだまだこれからですが、四球5を選んでいるのはなかなかだと思います。

まずは出塁率を上げたいですね。

そして、もともとキューバでSSをこなしていた華麗な守備ですが、2Bでの出場となっています。

インディアンス、ブラッドリー・ジマーの見事なプッシュバントに対応。もうアウトはこれしかないというプレーを披露しました。

ヨアン・モンカダ、これからが楽しみです!!

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク