スポンサーリンク

【ルール盲点】捕球後、野手がダグアウトに入り込んだ場合は・・・走者は1つ進塁できる

A’s、ルール盲点での1点が効き勝利

現地2019年8月29日、カウフマン・スタジアムで行われたアスレチックス@ロイヤルズ戦で野球知識を試される出来事が発生しました。

このプレーです。

審判がナイス!

上の動画のプレーの状況を記しておきたいと思います。

9回表のアスレチックスの攻撃。連続シングルで出塁したセス・ブラウンとジュリクソン・プロファーが送りバントでそれぞれ進塁し、1アウトランナー2・3塁という状況。

バッターはコーバン・ジョセフ。

その初球、スコット・バーロウの94mphのファストボールに振り遅れ、3塁ベンチ前にファウルテリトリーにポプフライを打ち上げます。

それを3Bのチェスラー・カスバートがフェアゾーンでキャッチ。しかし、勢いでダグアウトに体が入り込んでしまったという状況。

捕球後、ボールデッドに入ってしまった!

まず3Bのチェスラー・カスバートはフェアゾーンに足がついたまま、キャッチしたのでまずアウトが成立。このイニング2アウト目。

(ただし、これがもし体がボールデッドゾーンに予め入っているような状態でキャッチしてしまうとファウルです。当たり前ですが)。

そして、今回は捕球後に体がダグアウトに体が入ってしまいました!

この場合、ルールブックの以下を根拠にランナーは1つ進塁が認められています

MLB Rule 5.06 (b) (3) (C) 

  • 5.06 (B) Advancing Bases
    • (3) (7.04) Each runner, other than the batter, may without liability to be put out, advance one base when:
      • (C) A fielder, after catching a fly ball, steps or falls into any out-of-play area

http://mlb.mlb.com/mlb/downloads/y2016/official_baseball_rules.pdf(25ページ)

「5.06 (B) 進塁について ※(1)(2)は省略 (3)(7.04) 打者を除く各走者は、以下の場合、アウトにされるおそれがなく1個の塁が与えられる。※(A)、(B)は省略。(C)野手がフライを捕球した後、ボールデッドのエリアに入り込んだり、倒れ込んだ場合

カスバートはこのルールを知らなかったと見えます。

しかし、三塁塁審はよく気づきましたね。Chris Segalさんです。

ちょっと!ジーターのダイブはどうなんや?

そうなると、「ちょっと待ってくれ」と言いたくなるかもしれません。

「ではジーターがスタンドへ豪快にダイブした時はどうだったんだ?得点は入ったのか?」と。

ジーターのダイブとはこれです。

今見ても、「こんだけ体張ったから人気出るわ」と思います。

このプレーもカスバートと同じでフェアゾーンでしっかりキャッチし、その後ボールデッドエリアのスタンドに体が入りました。

しかし違う点が1つあります。それはアウトカウント。

このプレーが出たのは2004年7月1日のヤンキー・スタジアムでのレッドソックス戦で12回表、2アウトという状況。トロット・ニクソンのファウルポップフライをジーターが掴んでアウトが成立。この時点で3アウト目となったため、得点は入りませんでした。

Boston Red Sox at New York Yankees Box Score, July 1, 2004 | Baseball-Reference.com
New York Yankees beat Boston Red Sox (5-4). Jul 1, 2004, Attendance: 55265, Time of Game: 4:20. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-b...

アスレチックス、この1点が効いて勝利!

ゲームの方ですが、アスレチックスがこの進塁で1点を奪い9−7とリードし、9回裏のロイヤルズの攻撃に。

ロイヤルズは1アウト後、アレックス・ゴードンがダブルで出塁。カスバートが三振に倒れて2アウトになった後、ライアン・オハーンがシングルを放ちゴードンがホームイン。これで9−8。しかしつづくバッバ・スターリンが三振に倒れゲームセット。

アスレチックスが進塁で得た1点が効き、9−8でロイヤルズに勝ったのでした。

BOX SCORE

カスバート、今日は寝られないでしょうね。

なお、アスレチックスベンチはこのルールに気づいていた模様です。少なくともゲーム後のインタビューではそう言ってました。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました