スポンサーリンク

【ルール盲点】捕球後、野手がダグアウトに入り込んだ場合は・・・走者は1つ進塁できる

A’s、ルール盲点での1点が効き勝利

現地2019年8月29日、カウフマン・スタジアムで行われたアスレチックス@ロイヤルズ戦で野球知識を試される出来事が発生しました。

このプレーです。

審判がナイス!

上の動画のプレーの状況を記しておきたいと思います。

9回表のアスレチックスの攻撃。連続シングルで出塁したセス・ブラウンとジュリクソン・プロファーが送りバントでそれぞれ進塁し、1アウトランナー2・3塁という状況。

バッターはコーバン・ジョセフ。

その初球、スコット・バーロウの94mphのファストボールに振り遅れ、3塁ベンチ前にファウルテリトリーにポプフライを打ち上げます。

それを3Bのチェスラー・カスバートがフェアゾーンでキャッチ。しかし、勢いでダグアウトに体が入り込んでしまったという状況。

捕球後、ボールデッドに入ってしまった!

まず3Bのチェスラー・カスバートはフェアゾーンに足がついたまま、キャッチしたのでまずアウトが成立。このイニング2アウト目。

(ただし、これがもし体がボールデッドゾーンに予め入っているような状態でキャッチしてしまうとファウルです。当たり前ですが)。

そして、今回は捕球後に体がダグアウトに体が入ってしまいました!

この場合、ルールブックの以下を根拠にランナーは1つ進塁が認められています

MLB Rule 5.06 (b) (3) (C) 

  • 5.06 (B) Advancing Bases
    • (3) (7.04) Each runner, other than the batter, may without liability to be put out, advance one base when:
      • (C) A fielder, after catching a fly ball, steps or falls into any out-of-play area

http://mlb.mlb.com/mlb/downloads/y2016/official_baseball_rules.pdf(25ページ)

「5.06 (B) 進塁について ※(1)(2)は省略 (3)(7.04) 打者を除く各走者は、以下の場合、アウトにされるおそれがなく1個の塁が与えられる。※(A)、(B)は省略。(C)野手がフライを捕球した後、ボールデッドのエリアに入り込んだり、倒れ込んだ場合

カスバートはこのルールを知らなかったと見えます。

しかし、三塁塁審はよく気づきましたね。Chris Segalさんです。

ちょっと!ジーターのダイブはどうなんや?

そうなると、「ちょっと待ってくれ」と言いたくなるかもしれません。

「ではジーターがスタンドへ豪快にダイブした時はどうだったんだ?得点は入ったのか?」と。

ジーターのダイブとはこれです。

今見ても、「こんだけ体張ったから人気出るわ」と思います。

このプレーもカスバートと同じでフェアゾーンでしっかりキャッチし、その後ボールデッドエリアのスタンドに体が入りました。

しかし違う点が1つあります。それはアウトカウント。

このプレーが出たのは2004年7月1日のヤンキー・スタジアムでのレッドソックス戦で12回表、2アウトという状況。トロット・ニクソンのファウルポップフライをジーターが掴んでアウトが成立。この時点で3アウト目となったため、得点は入りませんでした。

Boston Red Sox at New York Yankees Box Score, July 1, 2004 | Baseball-Reference.com
New York Yankees beat Boston Red Sox (5-4). Jul 1, 2004, Attendance: 55265, Time of Game: 4:20. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-b...

アスレチックス、この1点が効いて勝利!

ゲームの方ですが、アスレチックスがこの進塁で1点を奪い9−7とリードし、9回裏のロイヤルズの攻撃に。

ロイヤルズは1アウト後、アレックス・ゴードンがダブルで出塁。カスバートが三振に倒れて2アウトになった後、ライアン・オハーンがシングルを放ちゴードンがホームイン。これで9−8。しかしつづくバッバ・スターリンが三振に倒れゲームセット。

アスレチックスが進塁で得た1点が効き、9−8でロイヤルズに勝ったのでした。

BOX SCORE

カスバート、今日は寝られないでしょうね。

なお、アスレチックスベンチはこのルールに気づいていた模様です。少なくともゲーム後のインタビューではそう言ってました。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました