スポンサーリンク

【MLB】2021年のスプリングトレーニングの3つの重要なポイント

2月28日からゲーム開始

 2021年のスプリングトレーニングはいつもとはやや違います。前年から続くCOVID 19 のパンデミックを受け、まずはスプリングトレーニングへの入り方が特殊となりました。

 そしてよりわかりやすい面としては、ピッチャー&キャッチャーのワークアウトがほとんどのクラブが現地2月18日から開始となりました。例年ですと、13日、14日というところでしたので、やや遅めのスタート。こちらは5日間の自宅検疫の日程も考慮に入れてのことかと思います。

 また、現地2021年2月22日、多くのクラブがこの日、あるいは23日にフルスクワッド(全員集合)となります。カージナルスなどは早かったですね。

ゲームスタートは28日から

 そして日程修正となったのが、スプリングトレーニングのゲーム開始日。例年ですと、だいたい2月27日、28日にカレッジとのゲームが組まれるところからスタートしますが、2021年は28日から一斉にMLB同士の対戦が組まれました。

【1】少ないプレーヤー、多くのスペース

 各クラブは最大で75名の選手をメジャーレベルのスプリングトレーニングに招待することが可能です。これは40manプラスNRI(Non Roster Invitee)35名です。

 しかし、2021年はマイナーリーグのダブルAレベル以下のオープニングが5月4日からに設定。それに伴い、彼らのスプリングトレーニングの開始日も約1ヶ月遅延します。

 よって、例年ですと満杯状態の施設は、MLB+トリプルAレベルが先、ダブルAレベル以下がその後で使用。NRIを含めた75名でもかなり多いですが、それ以外の選手が入らないということでやや人数を少なく、そしてソーシャルディスタンスを守るという設定になっています。

 NRIから振り落とされた場合はダブルA以下が始まるまでは引き続き、同施設でトレーニングすることになるようです。これは各クラブの運用次第。

【2】地理的近さを優先した対戦の設定

 カクタス、グレープフルーツともに、スプリングトレーニングのゲームは地理的な近さを優先して対戦相手が組まれています。

 これは2020年のレギュラーシーズンと同じ方式ですね。

カクタスは29ゲーム

 施設が割と密集しているカクタス・リーグ(アリゾナ)は、15クラブともに、2月28日スタートで3月30日まで日程が組まれ、3月は開幕前日の31日はノーゲームで、それを除けばOFFは2日だけ。計29ゲームが組まれています。例えば、インディアンス、ドジャースなどは29ゲームを行います。

グレープフルーツは3スポット体制 

 一方、施設がフロリダ半島の西海岸、東海岸に分かれているグレープフルーツ・リーグ(フロリダ)は、3スポットに分け、それぞれゲームが組まれ、移動による感染リスクを減らす設定に。

  • FL半島東海岸(5):メッツ、アストロズ、ナショナルズ、カージナルス、マーリンズ
  • FL半島西海岸上(4):タイガース、ヤンキース、ブルージェイズ、フィリーズ
  • FL半島西海岸下(4):ブレーブス、レッドソックス、ツインズ、レイズ
    • 中間に位置するオリオールズとパイレーツは東海岸(上)と(下)の双方とのゲームを行う。
FL半島東海岸は24ゲーム

 フロリダ半島東海岸の5クラブは2月28日から3月29日までの期間で24試合という設定に。3月は31日の移動日を除き、計6日のOFFが入っています。

FL半島西海岸は29ゲーム

 フロリダ半島西海岸の10クラブは2月28日から3月30日までの期間で29試合という設定に。3月は31日の移動日を除き、計2日のOFFが入っています。

よって、レッドソックスはブレーブス、レイズ、ツインズに揉まれながら調整するということになります。

【3】ファン:上限ありの入場

 観客は上限を決めて入場することに。すべてのクラブが明らかにしていませんが、例えばレッドソックスとツインズは2400名を上限にしています。キャパシティーの28%になるようです。

PODごと

 チケットの販売はPOD(ポッド)ごとになるようです。PODとは塊というニュアンスで良いと思います。その距離が6フィートなるように塊を設定。ですので、例えば4シートで一つの塊と見て、他のPODとは6フィート離れている。

 各ポッドはたとえばカップルなどが並んで着席することは可能。ただし、飲食している時以外はマスクの着用義務があります。

 あと1ヶ月の間にCOVID 19 の状況がどうなるのかでレギュラーシーズンでの観客の上限が定められると思います。

 以上です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました