スポンサーリンク

【MLB】2021年のスプリングトレーニングの3つの重要なポイント

2月28日からゲーム開始

 2021年のスプリングトレーニングはいつもとはやや違います。前年から続くCOVID 19 のパンデミックを受け、まずはスプリングトレーニングへの入り方が特殊となりました。

 そしてよりわかりやすい面としては、ピッチャー&キャッチャーのワークアウトがほとんどのクラブが現地2月18日から開始となりました。例年ですと、13日、14日というところでしたので、やや遅めのスタート。こちらは5日間の自宅検疫の日程も考慮に入れてのことかと思います。

 また、現地2021年2月22日、多くのクラブがこの日、あるいは23日にフルスクワッド(全員集合)となります。カージナルスなどは早かったですね。

ゲームスタートは28日から

 そして日程修正となったのが、スプリングトレーニングのゲーム開始日。例年ですと、だいたい2月27日、28日にカレッジとのゲームが組まれるところからスタートしますが、2021年は28日から一斉にMLB同士の対戦が組まれました。

【1】少ないプレーヤー、多くのスペース

 各クラブは最大で75名の選手をメジャーレベルのスプリングトレーニングに招待することが可能です。これは40manプラスNRI(Non Roster Invitee)35名です。

 しかし、2021年はマイナーリーグのダブルAレベル以下のオープニングが5月4日からに設定。それに伴い、彼らのスプリングトレーニングの開始日も約1ヶ月遅延します。

 よって、例年ですと満杯状態の施設は、MLB+トリプルAレベルが先、ダブルAレベル以下がその後で使用。NRIを含めた75名でもかなり多いですが、それ以外の選手が入らないということでやや人数を少なく、そしてソーシャルディスタンスを守るという設定になっています。

 NRIから振り落とされた場合はダブルA以下が始まるまでは引き続き、同施設でトレーニングすることになるようです。これは各クラブの運用次第。

【2】地理的近さを優先した対戦の設定

 カクタス、グレープフルーツともに、スプリングトレーニングのゲームは地理的な近さを優先して対戦相手が組まれています。

 これは2020年のレギュラーシーズンと同じ方式ですね。

カクタスは29ゲーム

 施設が割と密集しているカクタス・リーグ(アリゾナ)は、15クラブともに、2月28日スタートで3月30日まで日程が組まれ、3月は開幕前日の31日はノーゲームで、それを除けばOFFは2日だけ。計29ゲームが組まれています。例えば、インディアンス、ドジャースなどは29ゲームを行います。

グレープフルーツは3スポット体制 

 一方、施設がフロリダ半島の西海岸、東海岸に分かれているグレープフルーツ・リーグ(フロリダ)は、3スポットに分け、それぞれゲームが組まれ、移動による感染リスクを減らす設定に。

  • FL半島東海岸(5):メッツ、アストロズ、ナショナルズ、カージナルス、マーリンズ
  • FL半島西海岸上(4):タイガース、ヤンキース、ブルージェイズ、フィリーズ
  • FL半島西海岸下(4):ブレーブス、レッドソックス、ツインズ、レイズ
    • 中間に位置するオリオールズとパイレーツは東海岸(上)と(下)の双方とのゲームを行う。
FL半島東海岸は24ゲーム

 フロリダ半島東海岸の5クラブは2月28日から3月29日までの期間で24試合という設定に。3月は31日の移動日を除き、計6日のOFFが入っています。

FL半島西海岸は29ゲーム

 フロリダ半島西海岸の10クラブは2月28日から3月30日までの期間で29試合という設定に。3月は31日の移動日を除き、計2日のOFFが入っています。

よって、レッドソックスはブレーブス、レイズ、ツインズに揉まれながら調整するということになります。

【3】ファン:上限ありの入場

 観客は上限を決めて入場することに。すべてのクラブが明らかにしていませんが、例えばレッドソックスとツインズは2400名を上限にしています。キャパシティーの28%になるようです。

PODごと

 チケットの販売はPOD(ポッド)ごとになるようです。PODとは塊というニュアンスで良いと思います。その距離が6フィートなるように塊を設定。ですので、例えば4シートで一つの塊と見て、他のPODとは6フィート離れている。

 各ポッドはたとえばカップルなどが並んで着席することは可能。ただし、飲食している時以外はマスクの着用義務があります。

 あと1ヶ月の間にCOVID 19 の状況がどうなるのかでレギュラーシーズンでの観客の上限が定められると思います。

 以上です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました