スポンサーリンク

【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる

1月再開のキーエコノミクス

 新年明けましておめでとうございます。本年も拙ブログをどうぞよろしくお願い申し上げます。

 さて、MLBはオーナーと選手会(MLBPA)が新しいCBA(労使協定)を巡り、オーナーがMLBPAを締め出している状態(=ロックアウト中)です。

 「早く交渉をまとめてくれ」ということは誰もが思うところですね。オフシーズンの動きがストップしてしまうとは斯くも面白くないものかと改めて思うところでもあります。

 争点となっているキーエコノミクスは2020年1月から交渉が再開されるとのことですが、これが1ヶ月程度でまとまらなければ、またファンから愛想を尽かされかねないところなので、なんとか早くまとめ上げてもらいたいものです。

FA未決及び調停資格選手の契約更新

 それに、クリス・ブライアントやカルロス・コレア、カルロス・ロドン、カイル・シュワーバーらの大物FAの次の所属先もまだ決まっていませんし、何より、ラファエル・デバースをはじめ、調停資格選手のサラリーの更新もまだなので、限られた期間で一気にまとめ上げられることになります。もっとも、このロックアウト期間中にそれなりに準備はしているとは思います。

 ロックアウトが長引き、開幕に影響が出ないことを祈るばかりです。

MLBの魅力

 フィールド内での野球の魅力は今後も変わらないとは思います。MLBには色々な魅力がありますが、その中の一つで筆者が好きなのは、シンデレラ・ボーイ的な存在が出てくること。

 2021年、Dバックスのタイラー・ギルバートは2020年のマイナーキャンセルの期間、壁当てで調整していて当時はまったく光明を感じなかったことでしょう。ところが、現地2021年8月14日にノーヒットノーランを達成。こんなこともあるんですね。

 タイガースのスペンサー・ターンブルは初CGで初NO-NOを達成。これも驚いたトピックでした。

 仕組みがどう変わろうと選手はやるべきことをしっかりやって準備をしてくると思います。

 今回のCBAがその野球の魅力をどこまで制度的に保証できるか、注目しています。

争点

 そのキーエコノミクスの争点ですが、以下の点がどう変わるのか?注目しています。

CB TAX

 いわゆる贅沢税(Competitive Balance Tax)の制度。過去、基準額は下記のように規定されてました。旧CBAでの設定ですね。

  • 2014-2016:$189M 
  • 2017: $195M
  • 2018: $197M
  • 2019: $206M
  • 2020: $208M
  • 2021: $210M

 当初、これを$180Mにしてそれ以上を課税の対象としてレベニュー・シェアリングさせたいとしていましたが、ここはやや変調した模様。2026年までに徐々に$220Mに上げたいMLB側と、MLBPA側はすぐにでも$240Mまで上げたいという意向。払うのはオーナーなので、組合の方が基準額をアップさせたいとしているのは構造的にちょっと複雑ではありますが、CB TAXに関してはここが争点でもあります。

 ドジャースの状況などを見るともうそれくらいまでアップさせないとどうしようもないような状況になっています。

サービスタイム操作

 デビューイヤーを1年満たさないことでFAイヤーを1年遅らせるというMLS操作に関しても今回はメスが入りそうです。

Pre-調停(MLS0-3年)

 現在のMLBはサラリーの安い調停資格未満の選手がかなり活躍しています。レイズなどは特にそうですね。彼らが報われるかどうかの制度的な仕組みができるかどうか。

調停(MLS6年未満)

 さらに調停資格の選手がクラブの顔だったりします。彼らも報われる体制が作られるかどうかも注目です。

 調停資格の選手はすでにプールからサラリーを設定する案がMLB側から提案されています。これがどう決まるか。

FAイヤーの設定

 問題は29.5才でFAとする案。おそらくMLS6年と29.5才のどちらが早いかで決まるのではないかと思いますが、ここはMLBPAがオーナー側を押し切れるかどうか。

拡大プレーオフ

 現状は10クラブがポストシーズンへ進出。MLB側は14クラブを提案。ユニオンは12クラブ案を提案。ちなみに2020年は16チームが参加。

 正直、ワイルドカードは1試合のみでいいと筆者は思います。

ユニバーサルDH 

 ナ・リーグがDHを今後も継続するかどうか。筆者は投手の打撃が見たい派ですが、アメリカでは投手の打席を嫌う方が結構います。ほとんどの投手は打席では期待できないケースが多いこと、それに試合状況によって投手の交代にも影響があります。

 さらに言えば、2021年のERAのトップ6はDHのないナ・リーグ。DHありのア・リーグはロビー・レイの7位が最高。

1.コービン・バーンズ • MIL2.43
2.マックス・シャーザー• WSH-LAD2.46
3.ウォーカー・ビューラー • LAD2.47
4.ブランドン・ウッドラフ • MIL2.56
5.ザック・ウィーラー • PHI2.78
6.ケビン・ゴーズマン • SFG2.81
7.ロビー・レイ• TOR2.84
2021 ERA

この辺も議論のテーブルに上がりそうです。

ボール

 ボールに関しては2つのポイントがあります。1つは飛距離の問題。もう1つは滑り止めの問題。

 2021年から強粘着剤のチェックが義務化され、実施されていますが、そもそも2019年に改造ボールを使用してHRを出しすぎたことが原因との見方もあります。それに対抗するために投手側も細工をした結果であると。もっとも、強粘着剤は一部投手は以前から使用していたとの見方もあり、かなりナイーブな問題でもあります。

 距離の細工を明確にすること、そして五輪でSSKのボールが絶賛されたようになめし方が変われば粘着剤の問題もクリアーになるかもしれません。

 MLBはローリングスを子会社化していますので、SSKのボールの採用は難しいですが、MLBPAはしっかりとした基準を求めていくことでしょう。

 MLBをよりよくするためのCBA。とにかく早くまとめ上げることが肝要かと。一部持ち越しの文言もいておいていいと思います。

 1月に中に終わらせてもらいたいものですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました