スポンサーリンク

【MLB制度】MLBドラフト、全体1位とは?(2012年度版)

こんにちは(^.^)

現地2012年6月4日、MLBドラフトが開始されました。MLBドラフトの特徴を簡単にまとめてみますと、、、、

MLBのドラフト

  • 英語での名称は、 ”The Major League Baseball First-Year Player Draft という
  • Rule 4 Draft (ルール・フォー・ドラフト)も同義。 ルール4とは、MLB規約の第4条に規定されていることに由来。
  • 毎年6月初旬に行われる。2012年は現地6月4日から6日まで。
  • 完全ウェーバー制
  • 高校・大学および独立リーグの選手を対象に、前年のレギュラーシーズンのチーム成績の下位から指名権を与えられる。この際、どちらのリーグかは問わず、前年の成績の下位から有望選手を選択していく。
  • 各チーム 50名まで指名できる (だから3日もかかる)。30チームあるので、計1500名。まともに戦力として期待されるのは各チームの指名50名のうち35番目くらいで、残りは「記念」のような形でオーナーの親族が選ばれたりするようなケースがある。 よく例に出されるのは、マイク・ピアッツァ。全体1389番目で、「記念」枠のような順位だったにもかかわらず、皆様もご存じのスーパースターに。
  • 「ルール・ファイブ・ドラフト」とはまた別。シーズンオフに他チームのMLB組織に5年以上在籍し、なおも40人ロースター外の選手を獲得できるドラフトのこと。この制度は選手の飼い殺しを防ぐ目的で行われる。

全体1位の意味

完全ウェーバー制とは、上記のようにア・リーグ、ナ・リーグ問わず、成績の下位チームから順番に指名していく制度ですので、例えば仮の話で、ヤンキースが2010年にブライス・ハーパーをどうしても欲しいからといって、ナショナルズが彼をピックした段階で、日本のように「うちも!!!」と抽選に立って引くことはできません。

それが戦力均衡を目的としている完全ウェーバー制の掟です。

争奪戦はありえないのです。

ということは、その年にいの一番に選ばれる選手を全体1位と呼びます

ずっと弱かったナショナルズが今年花開いているのはこの完全ウェーバー制の
ドラフトのおかげです。
とてもいい戦力補強になっています。

過去のライアン・ジマーマン(2004全体4位)、ストラスバーグ(2009全体1位)、そしてブライス・ハーパー(2010全体1位)とドラフト時にキラボシのごとく注目された選手たちが、創設したばかりで弱かったチームの宝となっています。

全体1位と3位の価値


その年に一番に指名できるチームは、よりどりみどりで欲しい選手を選ぶことができます。それが、
全体1位に選ばれた選手の意味であり、価値のあるところなのですが、全体3位の順位だからといって、3番目の価値というワケにならないこともポイントです。

例えば、2011年には、トレバー・バウアーというリンスカムを彷彿とさせる投手がいて(私もすごく期待している投手なのです)、彼が全体3位だからといって、1位に劣るかと言えば、そうでもありません。

もし、2011年に一番くじだったパイレーツが、トレバーバウアーをいの一番にピックしていれば、彼が全体1位になるということになりますので、あくまでクジを早く引くチームが自陣の事情なども考慮して誰をピックするかという決断にもよります。

ただ、全体何位というのは、選手の形容詞や修飾語としてずっとついて回るのも事実なのですが。ちなみに、2011年の全体1位は、ゲリット・コールでパイレーツがピックしました。

2012年のウェーバー順

First Round
  • 1. Houston Astros
  • 2. Minnesota Twins
  • 3. Seattle Mariners
  • 4. Baltimore Orioles
  • 5. Kansas City Royals
  • 6. Chicago Cubs
  • 7. San Diego Padres
  • 8. Pittsburgh Pirates
  • 9. Miami Marlins
  • 10. Colorado Rockies
  • 11. Oakland Athletics
  • 12. New York Mets
  • 13. Chicago White Sox
  • 14. Cincinnati Reds
  • 15. Cleveland Indians
  • 16. Washington Nationals
  • 17. Toronto Blue Jays
  • 18. Los Angeles Dodgers
  • 19. St. Louis Cardinals (A. Pujols – LAA)
  • 20. San Francisco Giants
  • 21. Atlanta Braves
  • 22. Toronto Blue Jays (T. Beede – unsigned)
  • 23. St. Louis Cardinals
  • 24. Boston Red Sox
  • 25. Tampa Bay Rays
  • 26. Arizona Diamondbacks
  • 27. Milwaukee Brewers (P. Fielder – DET)
  • 28. Milwaukee Brewers
  • 29. Texas Rangers
  • 30. New York Yankees
  • 31. Boston Red Sox (J. Papelbon – PHI)

カージナルスのところにプホルズの名前が出てきたり、ブルワーズのところにフィルダーの名前が出てきたり、同じくブルワーズが2度も出てきたりするのは、もう少し下に書かせていただきます。

何巡目とは?

上のリストはファーストラウンドです。以後は次のように進みます。

  1. First Round (ファースト・ラウンド)
  2. Comp Round A (コンプ・ラウンド・エー)
  3. Second Round
  4. Third Round
  5. Comp Round B
  6. Rounds 4-40

という形で、1ラウンドで30チームで回していっているのですが、そのラウンドのことを巡目といいます。6.に書いてあるのは、4巡目から40巡目までという意味です。

Comp Round A、Bとは??

Compは、Compensatoryの略で、「補償」という意味です。First Roundに、なぜか出てくるビッグネーム。

19. St. Louis Cardinals (A. Pujols – LAA)

27. Milwaukee Brewers (P. Fielder – DET)

31. Boston Red Sox (J. Papelbon – PHI)

これは、フリーエージェント(FA)で抜けた選手の穴を補うために、FAでビッグネームを獲得した球団が、前に所属していた球団にドラフトの選手選択の権利を譲り渡すことをいいます。

平たく言えば、FAのいい選手を獲得した埋め合わせに、新人のいいのを採ってくれて構わないよ!という制度です。

Comp Round AとBがあるのは、FAの選手のランクがAかBかということです。この格付けを行なっているのが、Elias Sports Bureau (ESB)で、事細かくルールづけされています。

First Roundでは、エンゼルス、フィリーズ、タイガースの名前がなくて、カージナルスとブルワーズとレッドソックスの名前が2個あるのはそのためです

2012年の全ラウンドはコチラ

Draft Order | 2012 First-Year Player Draft

2012年MLB ドラフト 1巡目の結果

FIRST-ROUND SELECTIONS

No. Team
Positon   Player

1 HOU
SS Carlos Correa

2 MIN
OF Byron Buxton

3 SEA
C Mike Zunino

4 BAL
RHP Kevin Gausman

5 KC
RHP Kyle Zimmer

6 CHC
OF Albert Almora

7 SD
LHP Max Fried

8 PIT
RHP Mark Appel

9 MIA
LHP Andrew Heaney

10 COL
OF David Dahl

11 OAK
SS Addison Russell

12 NYM
SS Gavin Cecchini

13 CWS
OF Courtney Hawkins

14 CIN
RHP Nick Travieso

15 CLE
OF Tyler Naquin

16 WAS
RHP Lucas Giolito

17 TOR
OF D.J. Davis

18 LAD
SS Corey Seager

19 STL
RHP Michael Wacha

20 SF
RHP Chris Stratton

21 ATL
RHP Lucas Sims

22 TOR
RHP Marcus Stroman

23 STL
OF James Ramsey

24 BOS
SS Deven Marrero

25 TB
3B/1B Richie Shaffer

26 ARI
C Stryker Trahan

27 MIL
C Clint Coulter

28 MIL
OF Victor Roache

29 TEX
OF Lewis Brinson

30 NYY

RHP Hensley

31 BOS
Brian Johnson

※Position

RHP: Right Handed Pither  LHP: Left Handed Pitcher

C: Catcher   SS: Short Stop  OF: Out Fielder

 

コメント

  1. まとめtyaiました【MLBドラフト、全体1位ってどういうこと??】

    こんにちは(^.^) 現地2012年6月4日、MLBドラフトが開始されました。 MLBドラフトの特徴を簡単にまとめてみますと、、、、 英語での名称は、 ”The Major League Baseb

  2. ダンストン より:

    一番実力のある新人は一番弱いチームに選ばれやすいってことなんですよね。
    それもなんだかなあ。

  3. Hirotee-1969 より:

    そうですね。ウェーバー制だとそうなりますね。

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました