スポンサーリンク

【サラリー交渉2020】MLBの新提案に選手会が衝撃!ゲリット・コールで36Mドル→約8Mドルへ

MLB側が強烈な新提案

 現地2020年5月26日、いよいよMLB側とMLBPAとのサラリーに関する話し合いが行われました。

 前日の記事では、オーナー側が承認していたレベニュー・シェアリングに対して、選手会側が「繰延(くりのべ)」という手段で合意に持って行こうという戦略があるとお伝えしていましたが、今回のミーティングではMLB側が用意周到とばかりにさらなる新提案を提示。MLBPA側が事前の戦略が吹っ飛ぶほどの衝撃の内容の提示となりました。

50/50のスプリットを実施した場合のレートを提示

 今回の提案はオーナー達の意向も反映された、無観客でのシーズン開催となった場合の収益を双方で分けた場合、実際に選手にどのくらい支払われるかを具体的に提示したものとなりました。

ポイント:高額サラリーほど削減される

 提示された内容は、スケール・スライド方式と呼ぶべきもので、高額サラリーの選手ほど割り引かれる率が高いというものでした。

計算は、まず51%を引いてから

 その計算ですが、まず試合数に比例したprorated salaryにより、通常162試合で開催されるシーズンが半分の82試合になったことで、選手はまずフルサラリーから50%差し引かれます。

 正確に言うと162試合が82試合になったので、0.51が掛けられます。

 ここまでは3月26日に双方合意した内容でした。

最低年俸は$563.5K→7.3K→2Kへ 

 ベースとなったのはメジャー最低年俸の金額。51%からさらに引かれるとなると、$1M以下のサラリーの選手、とくにメジャー最低年俸の選手は下手をすると$200Kを切るのではないか?と心配していたのですが、そこまでは引かれない提案でした。最低年俸の選手は51%の金額から7%ほどを引いた金額に落ち着き、$262,000です。

 ただ、やはり非常に厳しい提案となっています。

 計算はフル・サラリー:$563,000 x 0.51 = $ 287.3K x 93% = 約 $ 262,000。

金額ごとの新提案の年俸

 ではフル・サラリーからどれくらいの金額になるか見ていきたいと思います。ジェフ・パッサン氏の出してくれている目安金額がわかりやすいので、それをまとめてみました。

フル・サラリーprorated
51%
新提案
$563.5K$285K$262K
$1M$506K$434K
$2M$1.01M$736K
$5M$2.53M$1.64M
$10M$5.06M$2.95M
$15M$7.59M$4.05M
$20M$10.1M$5.15M
$25M$12.7M$6.05M
$30M$15.2M$6.95M
$35M$17.4M$7.84M

トラウト、コールでフルの2割へ

 メジャー最低年俸でフル・サラリーからの46%という割合。

 2020年のサラリーが$36.66Mのマイク・トラウト、$36Mの ゲリット・コールに至っては約8Mに満たないサラリーで、フル・サラリーの実に2割しかもらえないという計算に。

ポストシーズン・ボーナスの設定 

 この提案にはポストシーズン・ボーナスとして総額$200Mも設定されています。内訳はDS完了後に$25M、LCS完了後に$50M、WS完了後に$125M。それらを出場選手で割ります。

 その大半は高額サラリーの選手に消える見込みです。最低年俸の選手で$5,512という設定に。

次なるMTGでは? 

 MLBPAは次のミーティングでこれに対するカウンター・オファーを提示する予定で、そこで「繰延」が出てくるかもしれませんが、いずれにせよ、あまりの衝撃に言葉を失っているような状態です。この日のところは、冷静に戻るということで終わった模様。

 いずれにせよ6月10日のスプリングトレーニング2.0を一つの目安にするとあまり猶予はありません。

 怒り心頭となった選手たちがストライキを持ち出さなければよいのですが、ストになった場合、世論からかなりの批判にさらされるでしょう。

 この辺でオーナーやMLB側から足元を見られているところもあるので、次のカウンターオファーに注目したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました