スポンサーリンク

【MLB移籍2019】ナッツ、左腕のトニー・シップと1年で合意

貴重なワンポイント左腕

現地2019年3月13日、ワシントン・ナショナルズは、アストロズからFAとなていた左腕のトニー・シップ(Tony Sipp)と1年契約で合意に至りました。

契約内容

内容は1年125万ドル。この中には2020年は250万ドルのミューチュアル・オプションで、もしバイアウトとなった場合の25万ドルが含まれています。

左のスペシャリスト

なかなか所属先が決まらなかったトニー・シップですが、とにかく力が発揮できる環境を得られてよかったと思います。難航したのはやはり35才になる年齢の要素かと思います。

ただ、トニー・シップは2018シーズンの成績が非常によかったんです!

2019年はERA 1.86!

トニー・シップの2019年は54試合、38.2イニングに登板し、3勝1敗、ERA 1.86!イニング数より多い、42奪三振を記録しています。

ERAだけで見ると、キャリアハイの成績でした。

トニー・シップの略歴

Tony Sipp Stats | Baseball-Reference.com
Career: 26-22, 3.72 ERA, 531 SO, P, Astros/Indians/... 2009-2019, t:L, born in MS 1983

35才のトニー・シップは、ナショナルズで4クラブ目です。

貴重な左のワンポイントゆえに毎年のように需要があって、結構渡り歩いているのかと思いきや、所属先で大事にされておりました。

インディアンス(2009-2012)、Dバックス(2013)、アストロズ(2014-2018)です。

ワンポイントの場面がかなりあるということで、シップのスタッツの場合、登板試合数よりイニング数の少ないというリリーバーのスタッツとしては珍しいパターンです。

MLB通算10年で580試合に登板。482.2イニングをこなし、25勝22敗、ERA 3.67。自分の持ち場をしっかりとこなしてきたキャリアですね。

こちらは2014年の動画になりますが、ナイスピッチングのシーンです。

3バッターミニマム導入なら登板機会が激減

投手交代の機会を減らすことで時短を実現させようというMLB側の狙いが、3バッターミニマムの制度ですが、投手は最低3人の打者に投じるか、イニングを終わらせるまで投げないといけません。

2019年、ビッグリーグにはこのルールの導入は見送られましたが、独立リーグで試されることが決定しています。実運用をやって本格的に導入に動きそうです。

仮に導入となると、トニー・シップや、かつてカージナルスなどで活躍したランディー・チョート(Randy Choate)のような左のスペシャリストは仕事が激減してしまいます。

これは選手会もどう反応するか、反発は強いと思います。

今季はワンポイントの重要性を啓蒙するめにも頑張って欲しいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました