【MLB2018 スプリングT】ルクロイがOAKへ移籍!大谷投手、バーランダーの調整情報

良いなと思ったらシェアお願いします

まずは移籍の話題です。

ジョナサン・ルクロイがOAKへ

先日、ナッツが狙うかも?と書かせていただいたジョナサン・ルクロイ(Jonathan Lucroy)ですが、現地2018年3月9日、アスレチックスへの移籍が決まりました。1年契約です。

ブルース・マクスウェルのバックアップか

まだ31才のジョナサン・ルクロイですが、アスレチックスではどうやらブルース・マクスウェル(Bruce Maxwell)のバックアップに回る見込みです。もったいないですね。

それだけアスレチックスはマクスウェルを高くかっているということですね。マクスウェルは体型といい、荒々しさといい、プリンス・フィルダーを彷彿とさせる風貌からリトル・プリンスと呼ばれています。

大谷選手情報

大谷投手はBゲーム(練習試合)でメキシカンリーグのチームと対戦。

エンゼルスは4回までの投球を予定していましたが、結果は3回、64球、初回のホームランを含めた被安打6、失点6という内容に終わりました。

BゲームゆえにMLB.com内にVTRはありません。ゲーム展開がわからないVTRですが、投球の様子だけならこちらを。

現地マスコミは2刀流に疑問を呈し始めているようですが、ここは一喜一憂せずに静かに応援したいと思います。まずは本来の調子を取り戻すのが先決ですから。大丈夫でしょう。

バーランダーは順調

そして調整が順調なのがアストロズのジャスティン・バーランダー。現地2018年3月9日のカージナルス戦に先発。

5回を被安打2、HRの1失点のみに抑えました。奪三振はなんと8! もう開幕を迎えても

良さそうなコンディションです。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク