スポンサーリンク

【MLB 2023 FA】直近2年の集大成!カルロス・ロドンはヤンキースに決定!6年/162Mドルの大型契約で合意

注目左腕のディールが成立

 現地2022年12月15日、サンフランシスコ・ジャイアンツからFAとなっていたローテーション左腕のカルロス・ロドン(Carlos Rodón)のディールが成立。ヤンキースと6年の大型契約で合意しました。

契約内容

 カルロス・ロドンとヤンキースとの契約内容はご覧の通り。

  • 6 年/$162M (2023-28)
    • サイニング・ボーナス:$5M
    • 支払い
      • $22M(2023)、$27M/年 (2024-28)
    • フル・ノートレード条項あり

 現地2022年12月15日時点の情報ではオプションなどはない見込みです。今後詳細が明らかになった場合は追記します。

 サイニング・ボーナスを入れた総額が6年/$162Mで、AAV(Annual Average Value)は、$27M。カルロス・ロドンは1992年12月10日生まれで、合意時点でちょうど30才となったばかりですから、この契約はロドンが35才のシーズンまでとなります。

ヤンキースが競り勝つ

 現地2022年12月11日にジャイアンツがショーン・マナエアとのディールを成立させました。

 この時点でジャイアンツはFAのロドンが他のクラブとサインする前提で動いていた訳ですが、実はマナエアのディール成立後もロドンとの契約に粘りを見せていました。

 ジャイアンツがロックアウト解除後の2022年3月11日にカルロス・ロドンとサインした内容は2年/$44Mで、支払いは$21.5M(2022)、$22.5M(2023)。

 この契約にはオプトアウトがついていて、もしロドンが2022年に110イニングを投げればオプトアウト可という条件になっており、実際、ロドンは2022年7月21日のドジャース戦に登板した時点で110.0 イニングをクリアー。これまで怪我に泣かされた左腕がオールスターブレイク直後という非常に早い時期に条件を満たしたのでした。この年、ロドンは最終的には178.0イニングを投げました。

 そんなロドンに対し、ジャイアンツもかなり頑張ったようですが、どうやら、ヤンキースが1年あるいは2年を上積みした形でこのディールに競り勝ったようです。

FAのローテーション投手の6年契約は稀

 カルロス・ロドンは7年のディールを希望しているとの報道もありましたが、結果は6年。ここはロドン側も崩せなかったか、あるいはサラリー面で納得した模様です。

 ローテーション投手がFAの資格を満たすのは、だいたいは30才前後での到達で20代後半は稀です。フィナルイヤーが6年後となる長期ディールを実現するとなると、35才以上の年齢になることから、なかなか長期では実現しません。

 ロドンの今回の契約はFAのローテーション投手としては、2019年12月にゲリット・コールがヤンキースと9年/$324Mでサインし、同年、スティーブン・ストラスバーグがナショナルズと7年/$245M (2020-26)でサインした以来の大型契約です。

 また2018年以降、FA市場で6年の契約でサインした投手は上述の2人を除いて、パトリック・コービン(ナショナルズと2018年12月に6年/$140Mでサイン)とダルビッシュ投手(2018年2月にパドレスと6年/$120Mでサイン)の2人のみ。

驚異の成績となった直近2年までの道のり

 カルロス・ロドンは2014年のアマチュア・ドラフトでホワイトソックス1巡目(全体順位は3位)で指名されてプロ入り。ノース・キャロライナ・ステートの出身です。

 アマチュア時代の実力は日米野球や国際大会などでは折り紙つきで、mid-90mphのファストボールと消えるようなスライダーで、すぐにビッグリーグへ上がると目されていました。2014年は当然ルーキーリーグからスタートしたのですが、クラスAを飛ばしてクラスAプラスへ、そしてAAを飛ばしてAAAまで上がりました。プロスペクトとしてはかなり評価が高く、筆者も旧ブロクでは100mph左腕として紹介させていただいた覚えがあります。

 MLBデビューはドラフト翌年の2015年。4月21日にリリーフとしてデビューし、先発に回ったのは3戦目の5月9日のレッズとのダブルヘッダーの2試合目から。この年、ロドンは26試合、23スタートで、139.1イニングを投げ、9勝6敗、ERA 3.90 をマークしました。

 しかし、ここからロドンは怪我に悩まされ、そして翻弄されて行きます。

カルロス・ロドンのMLBキャリア

 デビューから2年、ロドンはローテーション投手として大きく貢献。2シーズンを通じて304.0イニングを投げるという稼働ぶりでした。

 この2年の無理がたたったのか、2017年の大半を怪我で離脱します。最初は、左腕の上腕二頭筋滑液包炎を患い、9月には肩の関節鏡手術を行いました。

 復帰したのは翌2018年の6月で、この年は20試合に先発。翌2019シーズンの序盤、ロドンは肘に問題があると診断され、2019年5月にトミー・ジョン手術を受けました。当然2019年は残りを全休。短縮シーズンで開幕が7月24日になった2020シーズンの終盤に復帰し、4試合に登板。

  • 2015:MLBデビュー(9勝6敗/ 139.0 イニング)
  • 2016:9勝10敗/ 165.0イニング
  • 2017:左肩手術で2勝5敗
  • 2018:6勝8敗
  • 2019:トミージョン手術
  • 2020:ノンテンダーFA(トミージョン手術から復帰するも、2020年は0勝2敗)
  • 2021:キャリア99試合目の登板で見事にノーヒッター
  • 2022: ジャイアンツで、キャリア・ハイの成績
  • 2022オフ:ヤンキースと6年/$162Mの大型契約

 2020年オフ、ホワイトソックスはカルロス・ロドンに対してノンテンダーを発動。これにはGMのリック・ハーンに大きな批判が浴びせられました。その後、2021年1月にホワイトソックスはカルロス・ロドンと1年/$3Mで再契約しています。

 2021年、ロドンは前半戦で89.2イニングを投げ、ERA 2.31と絶好調。初のオールスター出場を果たし、輝かしい活躍を見せました。特に、現地2021年4月15日にはインディアンスを相手にノーヒットノーランを達成。

 まるでサイ・ヤング賞への道を歩んでいるように見えたカルロス・ロドンでしたが、8月に肩の疲労に見舞われることに。ただ、このときは2週間ほどで復帰。シーズン終盤に球速が落ちたものの、復帰後も好投を続けました。この年、ロドンは132.2イニングを投げ、ERA 2.37、SO% 34.6という素晴らしい成績を収めました。サイ・ヤング賞の投票では5位に入る評価も。

 ただ、シーズン終盤の肩の故障と球速の低下は、ホワイトソックスのフロントオフィスを不安にさせたようで、2021年オフ、ホワイトソックスはロドンにQOを出さず、ドラフトでの補償なしにFA市場に出すという決断をしました。これも結果が出ないことにはわからないことではあります。

 2022年のロックアウト後、ジャイアンツが2年/$44Mでロドンとサイン。この契約には、上述のオプトアウトがついており、ロドンはこれを行使したのでした。健康なシーズンを過ごせるよう、かなり気を使ったと思われます。

 さらに、2022年は2年連続でオールスターに選出されました。この年、ロドンは7.3%のBB%(四球率)に対し、33.4%のSO%(奪三振率)をマーク。100イニング以上投げた投手の中で、この奪三振率を上回ったのはブレーブスの新人、スペンサー・ストライダーのみ。

ヤンキースのローテーション

 ヤンキースはジェームソン・タイヨンをFAで失うことになったものの、カルロス・ロドンの加入でむしろアップグレード。

  • ゲリット・コール
  • カルロス・ロドン(L)
  • ルイス・セベリーノ
  • フランキー・モンタス

 彼らに加え、ドミンゴ・ヘルマン、クラーク・シュミットさらにプロスペクトのランディー・バスケスもおり、かなり層が厚いです。

NYYのCB TAX  

 ヤンキースの現時点での40manの贅沢税上のサラリーは、$286M。2023年の基準額は$233Mですから、すでに$53M以上突破。

NameSalary
アーロン・ジャッジ$40M
ゲリット・コール$36M
ジャンカルロ・スタントン$25M
カルロス・ロドン$27M
アンソニー・リッゾ$25M
DJ・ルメイヒュー$15M
ルイス・セベリーノ$15M
アーロン・ヒックス$10M
2023ヤンキース高額サラリー選手

 ヤンキースは2022年のサラリーも基準額を突破していますから、2年連続の超過でペナルティーも強化されます。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB移籍2023】レッドソックス、フランクリン・ジャーマンをホワイトソックスへトレード
【MLB2023】個性的なアンダースローのダレン・オデイが引退を表明
【MLB 移籍 2023】ブルージェイズ、特殊契約でTJリハビリ中のチャド・グリーンと2年契約
【MLB移籍2023】レッドソックス、マット・バーンズをマイアミにトレード!リチャード・ブライアーを獲得
【MLB 移籍 2023】ジャイアンツ、GG賞2度の捕手、ロベルト・ペレスと契約へ
【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました