スポンサーリンク

【MLB2023】LAA、6点差を守りきれず、KCにサヨナラ負け!大谷選手は23号&MLB通算150号

ロイヤルズが連敗を10でストップ

 こんな負け方があるでしょうか?

 現地2023年6月17日、エンゼルスはロイヤルズ戦で、7回表を終えて8-2と最大で6点のリードを作って終盤に突入。

 しかし、7回、8回でリリーバーが打ち込まれてリードをご破産にされ、さらなる大量点のピンチを迎えるも、ここはミッキー・モニアックの好守備で阻止。

 最終回の攻撃では相手クローザーのアロルディス・チャップマンからチームリーダーのマイク・トラウトがタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。いわばベスト・エフォートを見せていたにもかかわらず、終わってみればサヨナラ負け。

エンゼルスはなぜ負けた?

 エンゼルスがなぜ負けたのか?と7回からのロイヤルズの攻撃を2度見たのですが、明快な理由がよくわかりませんでした。敗因をルーキー・リリーバーの2人に押し付けるのは簡単ですが、彼らも先頭打者をアウトに取るなど、それなりにポイントは抑えていたのです。にも関わらず、1アウト以降が散々でした。どうしてそうなったのか?の理由がよくつかめなかったです。

 一方のロイヤルズはこのゲーム前まで(現地16日終了時点)、10連敗とどん底で、11連敗もすぐそこに見えていたのですが、終盤に執念を見せて見事に負けゲームをひっくり返しました。ロイヤルズ視点から見れば、痛快な勝利ということにはなります。

グリフィン・カニングがまた好投

 先発はエンゼルスがグリフィン・カニング、ロイヤルズがマイク・メイヤーズの両右腕で始まったこのゲームは、立ち上がりはともにランナーを1人ずつ出すも無失点で切り抜けるスタートとなりました。

ドゥルーリーが先制HR

 先制したのはエンゼルスで、2回表、先頭のブランドン・ドゥルーリーがインハイの甘いシンカーをLFへ運び、これがソロHRをとなって1点を先制。さらにテイラー・ウォードにも一発が飛び出し、エンゼルスが幸先よく2点をリードします。

メレンデスが同点2ランHR

 4回裏、ロイヤルズは先頭のサルバドール・ペレスがハンギングとなったスライダーを見逃さずにシングルヒットで出塁。つづくMJ・メレンデス(MJ Melendez )がフルカウント後の甘いチェンジアップをCFに運び、これが2ランHRとなって2-2の同点に。

 エンゼルスは直後の5回表に、マイケル・ステファニックとルイス・レンヒーフォも連続シングルでチャンスメイク。つづくアンドリュー・ベラスケスはセイフティー・バントを試みてセーフとなり、ノーアウト満塁のチャンスを作ります。

 ここでモニアックは2Bゴロを放つも、その間にステパニックが還って1点を勝ち越し。さらに大谷選手の内野安打の間にももう1点を追加し、4-2とリードを拡げます。

 エンゼルスは6回表にも、3点を追加。ブランドン・ドゥルーリーがこの日2本目となる2ランHRを放っています。

大谷選手が23号=MLB通算150号

 さらに7回表には大谷選手がCFへ豪快なソロHRを放ち、8点目。大谷選手はこのHRで今季23号とし、MLB通算150号としました。記念すべき一発でしたね。

 これで8−2とし、エンゼルスは6点のリードを作ったのでした。グリフィン・カニングは6回で降板。被安打3、失点2、BB 3、SO 5、HR 1と好投しました。

【YOUTUBE】ANOTHER MILESTONE! 150 homers for Shohei Ohtani!

ルーキー左腕が力を発揮できず

 リードが6点に開いたこともあり、エンゼルスは7回裏にルーキー左腕のコルトン・イングラム(Kolton Ingram)を起用。この日がメジャー・デビューです。

 イングラムは、26才で2019年のタイガースの37巡目指名でプロ入り。2020年の開幕前にタイガースをリリースされ、2021年3月にエンゼルスとマイナー契約。今季はダブルAで23試合に登板し、27.1イニングで、ERA 2.63をマーク。被安打は17でBBは19でした。

 そのコルトン・イングラムは先頭のマイケル・ガルシアをCFフライに斬って取り、上々の滑り出しを見せます。スライダーが非常に良い印象でした。つづくニッキー・ロペスには甘い4シームをCF前に弾き返され、メジャー初ヒットを許します。そして、ここからピッチングが崩れます。

ランナーを背負ってからがだめだった

 コルトン・イングラムがまずかったところはランナーを背負ってからの投球でした。ストライクとボールがはっきりし、サマド・テイラーに四球。エンゼルス野手陣はここでマウンドに駆けつけ、一服置いたのは良かったと思います。

 しかし、初登板のルーキーはそれでも改善せず、ドリュー・ウォーターズにRFオーバーのタイムリーを浴びて1失点。さらに、ニック・プラットに四球を出したところで降板となりました。

ジェイコブ・ウェブは準備不足 

 ここでエンゼルスはジェイコブ・ウェブをマウンドに送りますが、やはり準備不足は明らかで、満塁からボビー・ウィットに2点タイムリーダブルを打たれて2失点を追加。ウェブは打たれたボールだけが甘く入りました。ロイヤルズは7回裏に3得点を上げ、8-5と詰め寄ります。

ERA 0.00のホセ・ソリアーノが乱調

 エンゼルスは8回裏のマウンドにホセ・ソリアーノを投入。

 ホセ・ソリアーノはこのゲーム前まで6試合に登板し、6.0イニングで被安打がたったの1で、スコアレス投球を継続中。ゆえにERAは0.00という好成績をマークしていました。この起用は間違っていなかったと思います。これで流れを戻そうとい意図はよくわかりました。

 ところが、このホセ・ソリアーノが誤算。先頭打者をRFフライに打ち取ったまでは良かったのですが、ここから四球、四球、死球で満塁のピンチを招き、ニック・プラットにタイムリーを打たれたところで降板。

 エンゼルスはこの日のブルペン・エースの役割であるクリス・デベンスキーを投入しますが、いかんせんロイヤルズの流れを止めることが出来ず、さらに2失点を献上し、ついに8-8の同点に。

 ただ、勝ち越される危機もあったのですが、それをミッキー・モニアックが好守備で阻止しました。

トラウトが勝ち越しタイムリー

 9回表、エンゼルスはマイク・トラウトがアロルディス・チャップマンから意地のタイムリーを放ち、9-8と勝ち越しに成功。これで逃げ切る予定でした。

ロイヤルズがサヨナラ勝利

 ところが、9回裏のマウンドにも上がったクリス・デベンスキーは先頭打者にアンラッキーなLF前シングルを浴び、同点のランナーを出してしまいます。

 ロイヤルズは代走にダイロン・ブランコを起用。ブランコは2盗に成功。その際、送球が外野に転がる間に3塁まで進塁します。このプレーはまずかったです。3Bに進塁させたくないシーンでした。

 ここでマイケル・ガルシアがタイムリーを放ってロイヤルズが9-9の同点に。

 さらにそのマイケル・ガルシアも2塁への盗塁に成功。スコアリング・ポジションにランナーを置いて、ロイヤルズのルーキー、サマド・テイラーに回り、テイラーはCFオーバーのタイムリーを放ち、ガルシアが生還し、ロイヤルズが10-9のスコアでサヨナラ勝利をおさめたというゲームでした。

https://www.mlb.com/gameday/angels-vs-royals/2023/06/17/717726/final/box

LAAがまずかった点

 コルトン・イングラムの起用は次々に投手を繰り出すメジャーリーグではべストなデビュー・タイミングなどを選んでいられません。良い投球を見せれば良い采配となりますし、これは結果論でしかありません。ただ、ランナーを背負ってからが別人になってしまいました。

 エンゼルスのよくあるパターンで緊急対応用のピッチャーを作っていないことも今回の惨事を招きました。スケジュールが厳しいMLBではそのようなバックアップ体制を作ることは投手への負担になることから、なかなか万全には出来ないのですが、いかんせんウェブはちょっとかわいそうな場面での登板となりました。一層、7回のイニング先頭からウェブの方がやりやすかったかもしれません。

 9回のマット・タイスの送球ですが、ダイロン・ブランコを3塁に進ませたのはまずかったと思います。1点差リードの場面でしたので、2盗まででなんとか阻止してほしかったところではあります。

 さらにマット・タイスはサヨナラのランナーとなったマイケル・ガルシアにも2盗を許しましたが、この盗塁はほぼ無警戒だったように思います。送球が明らかに遅れました。

 ホセ・ソリアーノはこれまで抜群に良かっただけにこの日の投球は残念というしかありません。

 エンゼルス、今日は何かに憑かれたような嘘のような敗戦となりました。

 もう切り替えて次のゲームに臨むしかありませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が23号HR!6月絶好調で9本目!ドジャースは新シティー・コネクトを着用
【MLB2024】クリス・セールがソト、ジャッジ、スタントンを封じ、今季10勝目!ブレーブスがヤンキースに完勝
【MLB2024】ガーディアンズのスティーブン・クワン、ただいま打率.396 (現地2024年6月20日)
【MLB2024】ツインズ、ロイス・ルイスがHRでリボンを破壊!
【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
タイトルとURLをコピーしました