スポンサーリンク

【2020開幕サラリー交渉】MLBPA側はレベニューシェアリングを「繰延」でのむ可能性ありという事前情報

そう来るか!というMLBPAの動向

 現地2020年5月26日(火)、MLBとMLBPAはいよいよ2020年のサラリーの動向についてテーブルを挟んで話し合います。

 交渉に先立ち、ポロッとメディアの方から漏れ出てきた情報がありますので、記載しておきたいと思います。交渉の結果は日本時間27日(水)の記事にあらためてまとめます。

ここまでの金銭的な主張の流れ

 ここまでのMLBとMLBPAのサラリーに関する合意や話し合いをまとめるとこのような流れになっています。

  • 3/26: 試合数に比例してサラリーを削減する案に両者が合意
  • 5/10 オーナー側が無観客の場合の収益悪化を懸念。
  • 5/11: MLB→オーナーへ2020年開幕プランを提案。オーナーが承認。その際、レベニューシェアリング・プランが議題として上げられ承認されてしまう。
  • 5/12: 選手会への1度目の提案。大枠が話し合われるも、金銭に関しては決定事項なし。後日に判明したこととしてMLB側がMLBPAに収益悪化のシミュレーションを冊子にまとめてプレゼンしていたことが判明。
  • 5/26: 2度めの話し合いへ

争点

 あらためてサラリーに関する両者の争点を整理するとこのような感じです。

  • MLB: 試合数に比例してサラリーを減額するだけでなく、無観客となった場合のゲート関連の収入喪失があまりにも痛いので、総収入の50%をクラブ側と選手側でスプリットさせてくれ。選手のサラリーはその収益の半分から賄わ方法でのんでくれ。
  • MLBPA: 試合数に比例してサラリーを減額することに3/26にすでに合意している。これ以上の減額はのめない。それに収入減と言うが、駐車場の単価を上げたり、ローカルのケーブルTVの収入があったり、言うほど収益源にならないはず。

 以上のような隔たりがあり、最重要ポイントは50%/50%のレベニューシェアリングをMLBPAが飲むか、あるいはMLB側が新たな落とし所を提示するのかという点です。

MLBPAは50/50を「繰延」で提案する見込み

 話し合い前日の現地2020年5月25日(月)、漏れてきた情報によりますと、MLBPA側はレベニューシェアリングを半分のむというような提案をしそうです。

 半分飲むというのは、レベニューシェアリングに同意はするけれども、本来の試合数比例の減額分との差額を翌年以降に支払うならという条件をつけそうだということです。

繰延払いとは 

 繰延払いとはおおまかに言えば後日に支払うこと。ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグや、アストロズのザック・グレインキのサラリーの支払いスケジュールにそれが盛り込まれています。

 後日に支払うことで、クラブ側は大事なキャッシュを少しでも多く手元に置いておけるというメリットがあります。額が大きいだけに一気に無くなってしまうのは痛いのです。

 まあ、ザック・グレインキは繰延払いの先駆者ではないですが、彼がそのような支払いスケジュールでサインして以降、繰延払の給与体系が増えています。

 受け取り側も突然の怪我で早期引退となった場合、まったくの無収入になるよりは後日にまとまったお金が定期的に入り、第2の人生を考える余裕を築ける時間的、金銭的なゆとりを得るメリットもあります。

 ただし、デメリットとしては、無い袖は振れないという状態になった場合、どうなるか?という点ですね。確かに選手にとっては無収入期間を補ってあまりある受け取り方法で、法的にもしっかりと守られている方法ですが、ただクラブ側に万が一のことが起き、本当にキャッシュがなくなってしまった場合、果たしてどうなるのか?

 今までは業界単位で景気の良し悪しはありましたが、今回のパンデミックのようにほぼすべての業種で景気が悪化してしまってはそのリスクもありますね。実際、オーナーが破綻しようが、無いものは無いのですから。そこが怖いところでもあります。

 そんなゲスい倒産をしないような人たちがオーナーにはなっているとは思います。

足すか、引くか、配置を変えるか

 この難しい問題をどう考えるのか?非常に興味深かったのですが、発想法とは足すか、引くか、配置を変えるか(ずらすか)、割るか、まとめるかと言ったベーシックな戦略があるのみです。

 その戦略から行けば、26日にMLBPA側が提案しそうなこの繰延は、ずらすとか割るとかそういったパターンの着想でした。

 実際の提案の中身はまたレポートしますが、こんかいの事前の報道を見て、そうきたか!と感心したのでした。

 なお、たとえ繰延になったとしても納得しない選手もなかにはいます。

 94年のストライキで選手会の代表を務めたトム・グラビンは、現役の選手達はどのような煮え湯を飲まされようとも悪く映ってしまうと言っていたことは、かなり真理を突いていると思います。さすが真っ向から批判を浴びた経験をもつ人の見解です。

 長引くと、選手への風向きはますます厳しくなります。

 現地26日の動向に注目したいと思います。

 また、当日はユニバーサルDHなどの結果も出ると思われます。

 一度で終わればいいんですけどね。開幕までは色々と持ち越すかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました