【2020開幕サラリー交渉】MLBPA側はレベニューシェアリングを「繰延」でのむ可能性ありという事前情報

そう来るか!というMLBPAの動向

 現地2020年5月26日(火)、MLBとMLBPAはいよいよ2020年のサラリーの動向についてテーブルを挟んで話し合います。

 交渉に先立ち、ポロッとメディアの方から漏れ出てきた情報がありますので、記載しておきたいと思います。交渉の結果は日本時間27日(水)の記事にあらためてまとめます。

ここまでの金銭的な主張の流れ

 ここまでのMLBとMLBPAのサラリーに関する合意や話し合いをまとめるとこのような流れになっています。

  • 3/26: 試合数に比例してサラリーを削減する案に両者が合意
【開幕遅延2020】MLBと選手会が合意したドラフト、サービスタイム(MLS)、アドバンスペイとは?
  • 5/10 オーナー側が無観客の場合の収益悪化を懸念。
見えてきた開幕!しかし、オーナーと選手会の金銭的な着地点が焦点に!ストライキだけはだめ!!
  • 5/11: MLB→オーナーへ2020年開幕プランを提案。オーナーが承認。その際、レベニューシェアリング・プランが議題として上げられ承認されてしまう。
7月開幕に向け、オーナー側がMLB側のプランを承認しました。その8つのポイントとは?
  • 5/12: 選手会への1度目の提案。大枠が話し合われるも、金銭に関しては決定事項なし。後日に判明したこととしてMLB側がMLBPAに収益悪化のシミュレーションを冊子にまとめてプレゼンしていたことが判明。
MLBは現地2020年5月13日に行われた選手会への提案1日目では無観客なら1試合平均0Kの収益減であるとMLBPAに伝えていました。
  • 5/26: 2度めの話し合いへ

争点

 あらためてサラリーに関する両者の争点を整理するとこのような感じです。

  • MLB: 試合数に比例してサラリーを減額するだけでなく、無観客となった場合のゲート関連の収入喪失があまりにも痛いので、総収入の50%をクラブ側と選手側でスプリットさせてくれ。選手のサラリーはその収益の半分から賄わ方法でのんでくれ。
  • MLBPA: 試合数に比例してサラリーを減額することに3/26にすでに合意している。これ以上の減額はのめない。それに収入減と言うが、駐車場の単価を上げたり、ローカルのケーブルTVの収入があったり、言うほど収益源にならないはず。

 以上のような隔たりがあり、最重要ポイントは50%/50%のレベニューシェアリングをMLBPAが飲むか、あるいはMLB側が新たな落とし所を提示するのかという点です。

MLBPAは50/50を「繰延」で提案する見込み

 話し合い前日の現地2020年5月25日(月)、漏れてきた情報によりますと、MLBPA側はレベニューシェアリングを半分のむというような提案をしそうです。

 半分飲むというのは、レベニューシェアリングに同意はするけれども、本来の試合数比例の減額分との差額を翌年以降に支払うならという条件をつけそうだということです。

繰延払いとは 

 繰延払いとはおおまかに言えば後日に支払うこと。ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグや、アストロズのザック・グレインキのサラリーの支払いスケジュールにそれが盛り込まれています。

ストラスバーグ、空前の7年245Mドルでナッツと再契約へ!G・コールにも影響しそうです。

 後日に支払うことで、クラブ側は大事なキャッシュを少しでも多く手元に置いておけるというメリットがあります。額が大きいだけに一気に無くなってしまうのは痛いのです。

ジャスティン・バーランダーがアストロズと契約延長で合意。投手最高の年平均年俸に。ザック・グレインキの年平均年俸との比較などこの契約の詳細について書いています。

 まあ、ザック・グレインキは繰延払いの先駆者ではないですが、彼がそのような支払いスケジュールでサインして以降、繰延払の給与体系が増えています。

 受け取り側も突然の怪我で早期引退となった場合、まったくの無収入になるよりは後日にまとまったお金が定期的に入り、第2の人生を考える余裕を築ける時間的、金銭的なゆとりを得るメリットもあります。

 ただし、デメリットとしては、無い袖は振れないという状態になった場合、どうなるか?という点ですね。確かに選手にとっては無収入期間を補ってあまりある受け取り方法で、法的にもしっかりと守られている方法ですが、ただクラブ側に万が一のことが起き、本当にキャッシュがなくなってしまった場合、果たしてどうなるのか?

 今までは業界単位で景気の良し悪しはありましたが、今回のパンデミックのようにほぼすべての業種で景気が悪化してしまってはそのリスクもありますね。実際、オーナーが破綻しようが、無いものは無いのですから。そこが怖いところでもあります。

 そんなゲスい倒産をしないような人たちがオーナーにはなっているとは思います。

足すか、引くか、配置を変えるか

 この難しい問題をどう考えるのか?非常に興味深かったのですが、発想法とは足すか、引くか、配置を変えるか(ずらすか)、割るか、まとめるかと言ったベーシックな戦略があるのみです。

 その戦略から行けば、26日にMLBPA側が提案しそうなこの繰延は、ずらすとか割るとかそういったパターンの着想でした。

 実際の提案の中身はまたレポートしますが、こんかいの事前の報道を見て、そうきたか!と感心したのでした。

 なお、たとえ繰延になったとしても納得しない選手もなかにはいます。

 94年のストライキで選手会の代表を務めたトム・グラビンは、現役の選手達はどのような煮え湯を飲まされようとも悪く映ってしまうと言っていたことは、かなり真理を突いていると思います。さすが真っ向から批判を浴びた経験をもつ人の見解です。

 長引くと、選手への風向きはますます厳しくなります。

 現地26日の動向に注目したいと思います。

 また、当日はユニバーサルDHなどの結果も出ると思われます。

 一度で終わればいいんですけどね。開幕までは色々と持ち越すかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク