【MLB移籍2019】アービン・サンタナがホワイトソックスへ

またしてもマイナー契約

現地2019年2月22日、ツインズからFAとなっていた右腕のアービン・サンタナ(Ervin Santana)がホワイトソックスとマイナー契約を結びました。

アービン・サンタナのようなクラスの投手でもマイナー契約なんですね。厳しい!

現在はフィジカルチェックの結果待ちで、スプリング・トレーニングにはNRIで参加予定。NRIは”Non-Roster Invitee”で、マイナー契約だが、メジャーのスプリング・トレーニングに参加出来るというものです。

契約内容

もしアービン・サンタナがメジャーに上がった場合、433万ドルのサラリーとなる予定です。

アービン・サンタナとは

アービン・サンタナは2019シーズンを36才で迎えます。MLB通算14年のベテラン右腕で、149勝125敗、ERA 4.06。

2008年と2017年にオールスター出場。200イニング登板を5度、15勝以上を4シーズン。

2019: 0-2, 9.45 ERA, 5 SO,Career: 149-127, 4.09 ERA, 1926 SO (99th), P, 2xAllStar, Angels/Twins/... 2005-2019, t:R, 1x CG Leader, born in Dominican Republic. 19...

2017年には16勝8敗、5完投うち3完封を果たし、サイ・ヤング賞投票の7位にも入りました。

しかし、2018シーズンは5試合の登板で、0勝1敗、ERA 8.03と急降下。

2018年は右手中指を手術

アービン・サンタナは2018年のスプリング・トレーニングでスローイング・アームの中指に違和感を覚え、別メニューへ。

違和感が消えないことから結局手術を受けることに。その結果、ほぼ1シーズンをサイドラインで過ごすことになりました。

キャリアの後半になってスローイングアームに怪我というのはちょっと辛いですね。

復活をかけて臨む2019シーズンです。指の回復具合によりますが、3月後半の開幕にはちょっと間に合わないかもしれません。

2019ホワイトソックスのローテーション

アービン・サンタナが加わる余地がるのか?ホワイトソックスのローテーションを見てみますと、このようなメンバーです。

ルーカス・ジオリト(元ナッツ)を中心が中心です。

  1. ルーカス・ジオリト
  2. レイナルド・ロペス
  3. イバン・ノバ
  4. カルロス・ロンドン(L)
  5. ディラン・コービー
  6. アービン・サンタナ
  7. マイケル・コペック(トミー・ジョンリハビリ中)

一応、6番手として記載していますが、4番手くらいに上がってきそうです。

本当に指の状態次第です。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク