スポンサーリンク

【MLB移籍/FA 2024】タイガース、前田健太投手と2年/24Mドルでサイン!

前田投手のディールが決定

 現地2023年11月26日、ミネソタ・ツインズからFAとなっていた前田健太投手のディールが成立しました。前田投手は現地2023年11月27日、フィジカル・チェックを受け、その後にオフィシャルとなる見込みです。

ディール内容

 タイガースと前田投手のディールは2年/$24M(2024-2025)。現時点ではオプションなどの情報は入っておりませんが、前田投手の年齢が2024シーズンが開幕してすぐに36才(誕生日が1988年4月11日)になることから、この条件でのディール成立と見ていいかもしれません。パフォーマンス・ボーナスなどは入いるかもしれませんね。

前田投手の前契約

 前田投手の前の契約は2016年1月にドジャースとサインした以下の内容でした。

  • 8 年/$25M (2016-23)
    • サイニング・ボーナス:$1M
    • サラリー:$3M x 8年
    • パフォーマンス・ボーナス
      • 先発試合数に応じて $6.5M/年: 15、20試合登板で各$1M、25、30、32試合登板でそれぞれ$1.5M
      • イニング数に応じて$3.5M/年:90、100、110、120、130、140、150、160、170、180、190IPで各$0.25M。200IPで$0.75M
    • トレード・アサインメント・ボーナス: $1M
    • その他、NO.18ジャージ、LA-日本の4往復ビジネスチケット、通訳、サポート・スタッフの旅費、宿泊費、ビザ費用など

 年俸の単価は$3Mでしたが、上述の通りパフォーマンス・ボーナスがかなりついていたので、 MAXで2016年に + 8.75M となっています。

前田投手の実績

ClubSeasonGS/GmsGS bonusIPIP Bonus
LAD201632 /32$6.5M175.2$2.25M
LAD201725/ 29$3.5M134.1$1.25M
LAD201820/ 39$2M125.1$1M
LAD201926 /37$3.5M153.1$1.75M
MIN202011/ 11UNK ※66.2UNK ※
MIN202121/ 21$2M106.1$0.5M
MIN202200
MIN202320 / 21$2M104.1$0.5M

 ※2020年は短縮60試合シーズンだっただけに設定通りのボーナスだったかどうかはUNK(アンノウン)、不明です。

 今回はAAVで$12Mですから、単価はかなり上がりました。

ドジャースで地区優勝に貢献

 前田投手がいたドジャースは2013シーズンから2023シーズンまで11シーズンで10度地区優勝を決めていますが、前田投手は上述の通り、そのうちの4シーズンの地区優勝に貢献。デビュー・イヤーに先発の皆勤と言っていい32先発で、16勝11敗、ERA 3.48をマークしたのはさすがでした。ROYで3位に入りました。

 2019年オフにドジャース、ツインズ、レッドソックス間の3チームによるブロックバスター・トレードが行われ、ドジャースがムーキー・ベッツを獲得したときに前田投手はツインズに移籍。

2020年にはサイ・ヤング賞2位

 そしてなんと言っても短縮シーズンとなった2020年の活躍ですね。11先発で66.2イニングを投げ、6勝1敗、ERA 2.70をマーク。非常にクオリティーの高い投球を見せてくれました。惜しくもシェーン・ビーバーにサイ・ヤング賞を奪われましたが、堂々たる2位。完成度の高い投球でした。

【YOUTUBE】Kenta Maeda carries a NO-HITTER into the 9th inning! Records 8 straight strikeouts for Twins record!

トミー・ジョン手術

 2021年には106.1イニングでERA 4.66と苦戦。5月後半には右内転筋を傷めてIL入り。さらにこのシーズンはボールも走らず、非常に苦労していたのですが、最終的にトミー・ジョン手術を受けることに。

 その影響で2022年は全休するに至りました。

2023年の前田投手

 2023シーズンは4月4日にMLB復帰登板を飾ったものの、今度は上腕三頭筋のハリで2カ月近く休むことに。

 2023年は21試合に登板し、20先発で104.1イニングを投げ、6勝8敗、ERA 4.23、SO%が27.3%、BB%が6.5%。 リーグ平均はSO%が22.4%、BB%が8.5%ですから、どちらもリーグ平均より良い数字は出していましたが、パブロ・ロペス、ソニー・グレイ、ジョー・ライアンの3本柱からはやや距離を置いたポジショニングとなってしまいました。

タイガースへの移籍の背景

 ツインズは2024年のペイロール(サラリーの支払い)をカットすることが明確だったので、今オフで初FAとなった前田投手にはQOの提示もしませんでした。

 そこでタイガースが目をつけ、獲得に至った訳ですが、タイガースは左腕のE・ロッドこと、エドゥアルド・ロドリゲスがオプトアウトを選択。さらに、マット・ボイドもFA。スペンサー・ターンブルはノンテンダーFAということで、ローテーションが不足していました。

 タイガースの先発は、コンバインド・ノーヒッターの1人となったマット・マニングが2023年に大きく成長。

 左腕のタリク・スクーバルとともにローテーションの中心になって行く見込みです。また、23才の右腕、リース・オルソンも5勝を上げ、2024シーズンのローテーションの一角を担う存在となっています。彼らに加えてケーシー・マイズ(トミー・ジョン手術で2023年シーズンを全休)も復帰予定。

 前田投手はこれら若いローテーション陣に精密機械ぶりを見せ、ローテーション陣の重しとなる役割が期待されているようです。

ミギーのサラリーから開放されたタイガース

 タイガースは2023年に未来の野球殿堂入りが確実視されているミゲル・カブレラが現役を引退。彼のサラリー分の約$30Mが浮きました。このオフは少し大胆に動くと思われます。前田投手獲得もその一環です。

 新GMはNHL経由でMLBに戻ってきた人物で、タイガースの動きも楽しみです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
タイトルとURLをコピーしました