スポンサーリンク

【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得

苦戦した2023年のCWSで高品質リリーフを獲得

 現地2024年2月3日、マリナーズのジェリー・ディポートがまた動きましたね。ホワイトソックスからリリバー右腕のグレゴリー・サントス(Gregory Santos)を獲得です。

トレード概要

 このトレードで動くのは計3名と1つの権利です。

マリナーズGet

  •  グレゴリー・サントス(Gregory Santos/24) RHP

ホワイトソックスGet

  • プレイランダー・ベローア(Prelander Berroa/23) RHP
  • ザック・デローチ(Zach DeLoach/25) OF/右投げ左打ち
  • 2024 アマチュア・ドラフト 全体69位のピック権(コンプ・バランス・ラウンドB/Competitive Balance Round B)

 ホワイトソックスは二人とも40manロスターに入れており、スペースを作るため、右腕のレーン・ラムジー(Lane Ramsey/27)をDFAとしています。

背景

 現状、アンドレ・ムニョスとマット・ブラッシュというハードスロー・ライティーを抱え、どちらがクローザーになってもおかしくないほどゲーム終盤のリリーバーに充実しているマリナーズ。そのほかにも左腕のテイラー・ソーセード(Tayler Saucedo)、ゲイブ・スパイアー(Gabe Speier)、トレント・ソーントン、オースティン・ボス(今オフ補強)などなかなか良いブルペン陣を有しています。

 まだ投手の枠はあり、スプリング・トレーニングで下から昇格させることで補強する選択肢もあったと思うのですが、どうしてホワイトソックスでゲーム後半を任されていたグレゴリー・サントスを入れる必要があったのか?やや疑問なところがありました。

 しかし、ジェリー・ディポートはさすがによく見ていますね。どうやら先日のトレードの余波で空いた穴を埋めたかったようです。

ジャスティン・トーパの穴

 そのトレードとは現地2024年1月29日にツインズとの間で成立したホルヘ・ポランコを獲得したトレードのことで、マリナーズは、ジャスティン・トーパを出していたのです。

マリナーズGet

  • ホルヘ・ポランコ(Jorge Polanco/30)2B/右投げ両打ち

ツインズGet

  • ジャスティン・トーパ(Justin Topa/33)RHP/RP
  • アンソニー・デスクラファニー(Anthony Desclafani/33) RHP/SP
  • キャッシュ・コンシダレーション
    • アンソニー・デスクラファニーの2024年の$12Mのサラリーの2/3に当たる$8Mをマリナーズが払う
  • ガブリエル・ゴンザレス(Gabriel Gonzalez/20) OF/右投げ右打ち
  • ダレン・ボーウェン(Darren Bowen/23)RHP

 ジャスティン・トーパは2023年に覚醒。75試合を投げてERA 2.61をマーク。このあまりにも大きい穴を埋めるために、ホワイトソックスから実績のあるリリーバーを獲得したという背景です。

 プレイランダー・ベローアが下で待機する可能性もありましたし、ホワイトソックスはOFを補強するのは躊躇ないので、デローチを出したと。徹底的に選手を活かそうとするディポートの執念を感じますね。

グレゴリー・サントスとは

 グレゴリー・サントスは、現時点で24才と若い右腕です。2024年8月の誕生日で25才に。

 もともとは2015年にレッドソックスとアマチュアFAとしてサイン。2017年にレッドソックスがジャイアンツからエドゥアルド・ヌニエスを獲得したトレードでジャイアンツに移籍。後にヌニエスは2018年のレッドソックスのWS制覇に貢献。

 デビューはジャイアンツ時代の2021年で3試合のお試し登板でした。2022年もMLBで投げますが、2試合のみでした。

 2022年12月にマイナー・トレードでホワイトソックスに移籍。ジャイアンツとしては疑問視していたということですね。

 ところが、2023年、ホワイトソックスで開花。60試合、66.1 イニングを投げ、ERA 3.39をマーク。2023年に大苦戦したホワイトソックスでこの数字ですから、評価して良い数字ですね。それまでコントロールに苦しんできましたが、2023年のBB9は2.3。なんと言ってもHR9はたった0.3というのが光ります。

 肘を壊したという情報もありましたが、開幕には間に合いそうです。まだMLSが1.055ですから、マリナーズは当分コントロール下に置けますね。ホワイトソックスがよくこの話に乗ったな?というくらいの投手です。

プレイランダー・ベローアとは

 4月の誕生日で24才になる若いベローアは、2023年7月にデビュー済み。2023年は2試合のみでマイナーに降格となりましたが、1.2 IPでスコアレスでした。なお、2023年はマイナーでは主にダブルAで投げ、43試合で、ERAは2.89。今季はかなり期待できるリリーバーと言って良さそうです。

 なお、マリナーズにとって期待のプロスペクトでもありました。

ザック・デローチとは

 彼は25才のOFで、2020年のマリナーズの2巡目指名。右投げ左打ちのOFです。未デビューで、2023年のトリプルAでの成績は、138試合で528-151。打率.286、OBP .387、SLG .481、HR 23、二塁打 30、RBI 88、Run 90。非常に面白い存在で、下手をすると左打席のアンドリュー・ベニンテンディもうかうか出来ない打力です。期待できそうです。彼もマリナーズにとって期待のプロスペクトだったことは間違いありません。

 そう考えるとトレードとしてはかんり受給がマッチしたかもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
【MLB2024】ドジャースはミゲル・ロハスが出場すると、勝率がアップする!
【MLB2024】ホセ・イグレシアスが新曲 ”OMG” を披露!合流後のメッツは抜群の強さ!
タイトルとURLをコピーしました