スポンサーリンク

【MLB2019移籍】J・へリクソン、B・ボックスバーガーのディールが決定!グランディーほかマイナー・ディール詳細も

MLB移籍/FA情報

複数のディールが決定

ジェレミー・ヘリクソンがナッツに復帰

現地2019年2月6日のディールでもっともインパクトの大きかったディールです。

ジェレミー・ヘリクソン(Jeremy Hellickson)がナショナルズと1年130万ドル、最大400万ドルのインセンティブで合意です。

ジェレミー・ヘリクソンのキャリア

ジェレミー・ヘリクソンは2019年4月で32才になるベテラン右腕。2005年デビルレイズ(現レイズ)の5巡目指名でプロ入り。

2010年にメジャー・デビュー。翌年の2011年のルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。この年、29スタート、189.0イニングに登板し、13勝11敗、ERA 2.95、完投が2、うち完封が1。

2010年から2014年まではレイズ、2015年はDバックス、2016年から2017年途中まではフィリーズ、2017年後半はオリオールズ、2018年はナショナルズに所属しておりました。

AWARD

2012年にはゴールドグラブ賞を受賞。

MLB通算9年で二桁勝利4度(2011-13/2016)、100奪三振を5シーズン(2011-13/2015-16)。

2018年はハムストリングを傷めたり、右手首の痛みなどで3度DL入りとなっておりました。19スタート5勝3敗、ERA 3.45。

伸びがすごい!!

ジェレミー・ヘリクソンと言えば、カクカクとした動きのフォームで右肩が並行なままですからボールは弱いと思っていたのですが、筆者は下のVTRを見て考えを変えました。

伸びがすごいです!!

特に5分を経過したところからの投球は見ものです。2012年のフェンウェイでのブルペン投球です。もう有名な動画なのでご存じの方も多いかもしれませんが、一応掲載させていただきます。

ナッツの5番手争い

ナッツのスターター陣は今のところ順番の前後はあるもののトップ4で以下のメンバーで回すと思われます。

  1. マックス・シャーザー
  2. スティーブン・ストラスバーグ
  3. パトリック・コービン(L)
  4. アニバル・サンチェス

今のところ5番手筆頭はジョー・ロス(Joe Ross)。25才の右腕で2016年に7勝を上げております。

同じく25才の右腕エリック・フェッド(Erick Fedde )、まもなく29才の右腕ヘンダーソン・アルバレス(Henderson Alvarez )も5番手を狙っております。

ジェレミー・ヘリクソンも5番手争いに入ることになりますが、シーズン中はトラブルがつきものですので、来るべきチャンスに備え、手首の様子を伺いながらチャンスをものにしてもらいたいですね。

ロイヤルズがブラッド・ボックスバーガーを獲得

同じく現地2019年2月6日、ロイヤルズがDバックスからノンテンダーFAとなっていたブラッド・ボックスバーガー(Brad Boxberger)を獲得しました。

スコット・ボラスの力

1年220万ドルに加えて100万ドルのインセンティブ。インセンティブの条件は明らかになっておりません。現在フィジカル・チェック待ちです。

2018年は185万ドルでしたから、ノンテンダーFAとなったとは言えサラリーはアップしました。ボックスバーガーのエージェントはスコット・ボラス。

これがスコット・ボラスのちからでしょうか。これでボラスのクライアントがまた一人処遇が決まりました。ハーパーはどうなるんでしょうね。

ボックスバーガーの略歴

ブラッド・ボックスバーガーは2019年3月27日に31才となる右腕。2009年レッズ1巡目(全体43位)指名の投手です。

ヤズマニ・グラダールのブルワーズ入りの記事の時に書きましたが、グラダールらとともにパドレスに移籍。2011年の時です。

2011年12月、パドレスに移籍。レッズにとっては後に「痛恨のトレード」と言わざるを得ないディールでした。レッズはローテーション右腕のマット・レイトス獲得の見返りに、ヨンダー・アロンソ、ブラッド・ボックスバーガー、エディソン・ボルケス、そしてヤズマニ・グランダールをパドレスに渡したのでした。トレードに出した選手が後に全て当たりだったわけですね。

メジャーデビューはパドレス在籍時で2012年6月、24才の時です。

2014年1月にマット・アンドリース、ローガン・フォーサイスらとともにレイズへ移籍。レイズからパドレスにはジェシー・ハーン( Jesse Hahn )とアレックス・トーレス(Alex Torres)が移籍しています。

2017年11月にマイナー選手とのトレードでレイズからDバックスへ移籍。そして今オフ、ノンテンダーFAとなっておりました。

ボックスバーガーのスタッツ

デビュー以来ずっとリリーフ。MLB7年で291試合、284.1イニングに登板。20勝27敗、ERA3.42。

キャリアハイは2015年で41セーブを計上。この年オールスターにも選出。

2018年は60試合で45ゲームフィニッシュ、32セーブを上げるもシーズン後半に調子を崩し、最後は平野投手がクローザーを務めておりました。

何より2018年プレーヤーズ・ウィークエンドでのこのジャージが話題となりましたね。かわいいです。

マイナー・ディール

その他のマイナー・ディールをまとめておきます。

ブランドン・ガイヤーがCWSとマイナー契約

現地2019年2月5日、インディアンスからFAとなっていた外野手のブランドン・ガイヤー(Brandon Guyer )がホワイトソックスと合意。マイナー契約で、スプリング・トレーニング招待選手です。

ブランドン・ガイヤーは2018年103試合に出場。194打数40安打、打率.206、OBP.300、SLG.371。HRは7本。

C・グランダーソンがマーリンズとマイナー契約

現地2019年2月5日、グランディーことカーティス・グランダーソン(Curtis Granderson)もディール成立。マイアミ・マーリンズとマイナー契約です。

2019年3月16日で38才となるカーティス・グランダーソン。2018年はブルージェイズとブルワーズに在籍。双方合わせて123試合に出場、打率.242、OBP.351、SLG.431、HR13、打点38。

グランダーソンは2011年に41HR、2012年に43HRを放った打撃もここ2年は出場機会も途中からというケースが増え、数字も落ち気味。

Curtis Granderson Stats | Baseball-Reference.com
Career: 344 HR (98th), .249 BA, 937 RBI, OF, 3xAllStar, Tigers/Mets/... 2004-2019, b:L/t:R, 1x RBI Leader, born in IL 1981, Grandy Man

マイナー契約ではありますが、マーリンズでまた頑張って欲しいですね。

F・リリアーノがパイレーツに復帰

現地2019年2月4日、フランシスコ・リリアーノ(Francisco Liriano)もディールが成立。古巣パイレーツとマイナー契約です。

2019年は35才のシーズンとなるベテラン左腕は2016年以来のパイレーツ復帰となります。

2018年はタイガースで27試合、26スタート、5勝12敗、ERA 4.58。2019年はパイレーツのローテーションとして機能して欲しいところです。

Francisco Liriano Stats | Baseball-Reference.com
Career: 112-114, 4.15 ERA, 1815 SO, P, AllStar, Pirates/Twins/... 2005-2019, t:L, born in Dominican Republic. 1983

パイレーツ、トム・コーラーともマイナー契約

パイレーツは現地2019年2月6日、ドジャースからFAとなっていたトム・コーラー(Tom Koehler )ともマイナー契約を成立させました。

トム・コーラーは2012年、26才の時にマーリンズでメジャー・デビュー。2015年には11勝14敗を上げ、非常に期待されていた右腕です。

2017年途中にブルージェイズへ移籍。そのオフの11月にドジャースと契約。期待された2018年でしたが、開幕を迎えた3月29日、右肩を傷めDL入り。メジャー、マイナーとも登板がなく2018年11月にドジャースからリリースとなりました。

コーラーの場合は怪我の治り具合次第です。

傷めたのは肩ですが、肘への負担が大きそうなのがよくわかるメカニクスです。

その他

ティム・コリンズ

2018年ナショナルズに在籍していた左腕のティム・コリンズ(Tim Collins )はツインズとマイナー契約。

レーン・アダムス

2018年ブレーブスに在籍していた外野手のレーン・アダムス(Lane Adams)はフィリーズとマイナーディール。

ドリュー・ブテラ

ベテラン捕手で2018年はロイヤルズとロッキーズに在籍していたドリュー・ブテラ(Drew Butera )もフィリーズとマイナーディールです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
タイトルとURLをコピーしました