スポンサーリンク

【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに

上沢投手、レッドソックスでMLBデビュー間近

 現地2024年4月28日、ボストン・レッドソックスはロスターの変更を発表。3月終わりにレイズからのトレードで獲得していた元日本ハムの右腕、上沢直之投手をメジャー・ロスター(=40manロスター)に加えることを発表。上沢投手はそのままアクティブ・ロスターに登録され、いつでもメジャーのマウンドに立てる状態になりました。

BOSはジョーリー・ロドリゲスをDFAに

 上沢投手のロスターのスペースを確保するため、レッドソックスはリリーバー左腕のジョーリー・ロドリゲス(Joely Rodríguez)をDFAとしました。

 ジョーリー・ロドリゲスは2022年11月にレッドソックスと1年契約+2024年オプションでサイン。2023年は右腹斜筋筋痛、左肩の炎症、右股関節の故障など次々と怪我に見舞われ、11試合の登板に終わり、ERA 6.55でフィニッシュ。2024年のクラブオプションは拒絶されてFAに。

 今オフはレッドソックスとマイナー契約で再契約。スプリング・トレーニングではERA3.38と結果を出し、開幕ロスターに名を連ねました。しかし、今季もピリッとしたところを見せることが出来ず、4月26日のカブス戦では2番手で登板して追い上げムードに水を差す1イニング3失点(ER 3)を記録。この登板が致命的となり、貴重な左腕リリーバーでしたが、レッドソックスはDFAを決断。

 今後ですが、7日以内にトレードあるいはウェーバーで受け入れるクラブは出て来るでしょう。DFAあるあるですが、結果が出ずにDFAとなった後、次の受け入れ先で目覚ましい活躍をするようなことはままあります。ジョーリーの場合はどうなるでしょうか??

上沢投手のポスティングからこれまで

 上沢投手はNPBで計9シーズンを過ごし、2023年11月終盤にMLBにポスティング申請を実施。NPBでは国内FA権が8シーズン、海外FA権が9シーズンで資格を得ることが出来ますが、上沢投手はNPB版MLS(シーズン在籍日数の計算)では9年未満となることから、ポスティングでのメジャー挑戦ということになりました。

 詳しいルールは山本投手の記事をご参照。

レイズとの契約 

 上沢投手は2024年1月11日にタンパベイ・レイズとマイナー契約でサイン。この時の内容は以下の通り。

  • サイニング・ボーナス:$25K (=$0.025M)  
  • スプリット・コントラクト
    • マイナー:$0.225M
    • メジャー昇格の場合:$2.5M
    • パフォーマンス・ボーナス(メジャーで)
      • 80, 90, 100, 110, 120, 130, 140, 150, 160, 170, 180 IPごとに$0.1M(MAX: $1.1M)

リリース・フィー

 リリース・フィーの概要は以下になりますが、上沢投手の場合は5に該当。

  1. $25M未満で合意した場合→20%
  2. $25,000,001〜$50Mで契約した場合
    • 最初の$25Mに対して →20%
    • 次の$25Mを超える額に対して→17.5%
  3. $50,000,001以上の契約
    • 最初の$25Mに対して →20%
    • 次の$25Mを超える額に対して→17.5%
    • $50Mを超える部分に対して→15%
  4. 契約にSupplemental Fee(余剰の料金)がある場合、サイニング・ボーナス(契約金)あるいは、Vesting Option(〜を達成すれば$〜)がある場合はそれぞれ15%。
  5. マイナー契約の場合は、契約金の25% + 40manロースターに登録された場合の追加料金が加算されます。

 マイナー契約の場合は契約金からまず25%ですから、$25K x 25% = $6,250。2024年1月時点ではJPY145/USDくらいのレートでしたからレイズから日本ハムには91万円弱。日ハムはまずこの金額を受け取ることに。

レッドソックスは金銭トレードで上沢投手を獲得

 スプリング・トレーニングでの登板成績が振るわなかった上沢投手は開幕を前にマイナー行きが決定。そして開幕前日の3月27日にレッドソックスとの金銭トレードが成立しました。この額がいくらなのかは確かなソースがわからなかったのですが、おそらく$X0,000.-(数万ドル=数百万円)のはず。

リリース・フィーのサラリー分

 リリース・フィーのサラリー分の15%ももちろん日本ハムに入るのですが、これはシーズンが終了しないと確定しません。

 もしもの話ですが、仮にレイズで開幕メジャーに入り、シーズン終了まで過ごしてしかもボーナスの要件もフルに達成していたなら、サラリーは計$3.6Mでリリースフィーはその15%で$0.54Mほどが日ハムに支払われる予定でした。

 今回はトレードなのでレッドソックスがその内容を引き継ぐことになると思われますが、サラリーは$2.5Mの日割りです。そして確定した2024年のサラリーの15%をレイズが払うのか、レッドソックスが払うのかは現時点では正直なところわかりません。当初の契約がマイナー契約で、移籍後にメジャー契約となったケースは今回が始めてですので、分かり次第追記させていただきます。ただ、レッドソックスはその分も見越しての金銭トレードだったのではないか?と踏んでおります。

レイズでの成績

 ラフ・アウティングとなったレイズでのスプリング・トレーニングですが、2月29日の初登板では2.0 IPで被安打8、失点7、ER 7、HR 2、BB 0、HBP 1とかなり荒れてしまいました。2戦目は2.0IPで失点1と落ち着いたのですが、3戦目のレッドソックス戦では1.2 IPで被安打1、失点5、HR 1、BB 4と荒れました。3月15日のオリオールズとの4戦目では4.0 IPで1失点。スプリング・トレーニングでのERAは13.03。

レッドソックスのマイナーでの成績

 レッドソックスではトリプルAウースターで3試合に先発して2勝1敗、15.0 IPで被安打15、R 8、ER 8、HR 2、BB 4、SO 17でERA 4.80。直近の登板では、5.0 IPで失点1、BB1、SO 7の好投でメジャーに上がってきました。

リリーバーとして登板 

 レッドソックスはブライアン・ベイヨー、ニック・ピベッタ、ギャレット・ウィットロックの3人の先発投手をILに入れていますが、アレックス・コーラ監督は、現時点では上沢投手をリリーバーとしてのみ考えていると語りました。「ファストボールは威圧的ではないが、いいスプリットを持っている。いい球だ。彼はストライクゾーンを叩いてくる。」と評価しています。

 上沢投手自身もスプリッターと投球術に磨きをかけ続けたと言いますから、見ものですね。おそらく最初はビハインドの展開での登板になると思われます。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました