スポンサーリンク

【MLB2024FA】ロイヤルズ、セス・ルーゴとクリス・ストラットンを獲得

ロイヤルズ、積極的に動く!

 現地2023年12月12日、カンザスシティ・ロイヤルズがFAの右腕2人を獲得しましたので、別々のディールではありますが一緒に書いておきたいと思います。

【1】セス・ルーゴと3年/45Mドルでサイン

 まずはセス・ルーゴ(Seth Lugo)のディールからです。ご覧の内容でサインしました。

ディール詳細

  • 3 年/$45M (2024-26) + 2026 プレーヤー・オプション
    • 12/12/2023にKCとサイン
    • $15M(2024)、$15M(2025) 
    • 2026 $15M プレーヤー・オプション

 セス・ルーゴは3年目がプレーヤー・オプションが入っており、バイアウトはない模様。2年間の契約は$15M x2 で$30Mですが、3年目はプレーヤー・オプションで保証としては3年目の金額も含まれるため、総額$45Mのディールとなっています。仮にセス・ルーゴが2026年のオプションを拒否すれば$30Mのディールということに。

パドレスでもプレーヤー・オプション発動

 セス・ルーゴの直前の契約は2022年12月にパドレスとサインした以下の内容でした。

  • 2年/$15M (2023-24)
    • $7.5M(2023)
    • 2024 $7.5M プレーヤー・オプション
    • その他、パフォーマンス・ボーナスあり

 パドレスとの2年目(2024)はプレーヤー・オプションで、セス・ルーゴがオプションを拒否したため、FAとなっていました。パドレスが払ったのは$7.5Mのみ。今回は倍の単価となりましたね。

2023年はスターターとして結果を残す!

 セス・ルーゴは1989年11月17日生まれで、現時点で34才。2011年のアマチュア・ドラフトでメッツから34巡目で指名されてプロ入り。2016年にメッツでデビューし、2020年までは主にリリーフを担当し、たまに先発もやっていたという状況でした。

 2021年からリリーフオンリーとなり、2022年には62試合に登板しています。ERAは3.60。

FAで先発の機会を模索

 FAステータスとなったのを機に先発に戻りたいということで、先発起用を条件に移籍先を求めたところ、パドレスのA.J. プレラーが手を挙げたという流れです。

2023年の成績

 2023年、セス・ルーゴは希望どおり、パドレスで先発として起用され、26試合、146.1イニングを投げ、8勝7敗、ERA 3.57にまとめました。品質としては2022年のメッツでのリリーフの時とほぼ同じ数字です。

seasonHR%SO%BB%
20223.3%25.4%6.6%
20233.2%23/2%6/0%

 パドレス・デビュー後の2試合で2連勝をするなど、良いスタートを切ったものの、その後の前半戦は+1勝を積んだのみでした。これにはクラブ事情も関わっており、QSを7度達成しながら、なかなか打線の援護を得ることが出来ませんでした。後半戦になって5勝をマークし、8勝を達成。実質、12-3勝を数えても良い投球だったと思います。

【2】クリス・ストラットンとの契約

 現地2023年12月12日、ロイヤルズはレンジャーズからFAとなっていたクリス・ストラットン(Chris Stratton)ともサインしました。

契約内容

  • 2 年/$8M (2024-25)
    • $3.5M(2024)
    • 2025 $4.5M プレーヤー・オプション ($0.5M バイアウト)

 クリス・ストラットンとの契約も2年目はプレーヤー・オプションで、セス・ルーゴとは違い、バイアウトが入っています。

クリス・ストラットンとは?

 クリス・ストラットンは1990年8月22日生まれで現時点で33才。シーズン途中で34才となります。もともとは2012年のジャイアンツの1巡目指名(全体20位)。

 デビューは2016年。この年はリリーフ・オンリーで7試合でERAは3.60。2017年は13試合中、10試合に先発し、4勝4敗、ERA 3.68。2018年には28試合中、26試合に先発し、145.0 IPで10勝10敗、ERA 5.09。

 2019年は開幕直前にエンゼルスにトレード。エンゼルスからジャイアンツへはウィリアム・ヘレスが動きました。エンゼルスに移籍後、5月にDFAとなり、エンゼルスは金銭でパイレーツにトレードに出しました。

 パイレーツ移籍後はほぼリリーフでの登板となり、28試合でERAは3.66。2021年にはキャリアハイとなる68試合に登板し、ERAは3.63。パイレーツには2022年のトレード・デッドラインまで在籍。

 2022年のトレード・デッドラインではホセ・キンタナとともにカージナルスへ移籍。カージナルスからパイレーツにはヨハン・オビエドが動きました。2022年は計60試合に登板し、ERAは4.26。

TEXでWSチャンプ

 カージナルスで42試合に登板し、53.2IPでERA 4.36をマーク。BB%は7.7%と低く、SO%は26.7%と平均を上回りました。

 そして2023年のトレード・デッドラインでジョーダン・モンゴメリーとともにレンジャーズに移籍。レンジャーズ移籍後は22試合の登板でERAは 3.41。

 ポストシーズンではワイルド・カード・シリーズとALDSでは投げず。ALCSとWSではそれぞれ2試合ずつに登板するも、2失点を喫し、ERAはALCSで6.75、WSでは13.5と今一つピリッとしない投球でした。

 クリス・ストラットンはブルペンでの起用です。

KCのローテーション

 ロイヤルズのローテーションは、今のところは下記の面々。

  • コール・レイガンズ:LHP
  • ブレイディー・シンガー
  • セス・ルーゴ
  • ジョーダン・ライルズ
  • アレク・マーシュ
  • ダニエル・リンチ:LHP
  • クリス・ブービック

 以上です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024FA】ジャイアンツがマット・チャップマンを獲得
【MLBプロスペクト2024】パイレーツ、ポール・スキーンズがいきなりの102mph投球
【祝】ドジャースの大谷翔平選手が結婚を発表
【MLB2024FA】カージナルスが名手ブランドン・クロフォードと1年契約でサイン
【MLB2024FA】ドジャースがキケ・ヘルナンデスと1年で再契約
【MLBトレード2024】ツインズがマニュエル・マーゴットを獲得
【MLB2024】メッツの千賀投手は3週間の投球禁止!開幕はIL確定へ
【MLB2024FA】コディー・ベリンジャーはカブスに復帰!3年/80Mドルで合意へ
【MLB2024】パイレーツがミッチ・ケラーと5年/77Mドルで契約延長
【MLB2024FA】「プロスペクト台頭まで!」タイガースがジオ・ウルシェラを獲得
【MLB2024FA】マーリンズがティム・アンダーソンと1年契約で合意
【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加
タイトルとURLをコピーしました