【MLB移籍2021】ヤンキース、パドレスからグレッグ・アレンをトレードで獲得

良いなと思ったらシェアお願いします

DFA後のトレードで決まり

 現地2021年1月6日、ヤンキースが外野手を獲得。年の瀬が押し迫った2020年12月31日にパドレスからDFAとなったグレッグ・アレン(Greg Allen)をトレードで獲得しました。

トレード概要

 今回動くのはともに1993年生まれの27才同士となりました。

【ヤンキースGet】

  • グレッグ・アレン(Greg Allen/ 27才):OF/ 右投げスイッチ

【パドレスGet】

  • ジェームズ・リーヴス( James Reeves / 27才): LHP

選手プロフィール

【ヤンキース】グレッグ・アレン

 インディアンスのイメージが強いグレッグ・アレン。ドラフトは2014年のインディアンス6巡目指名。サンディエゴ・ネイティブです。

 2020年のトレードデッドラインでパドレスがマイク・クレビンジャーを獲得したトレードでともにインディアンスから移籍。

現地2020年8月31日のトレード・デッドラインでパドレスがマイク・クレビンジャーを獲得!インディアンスとブロックバスタートレードが成立しました

 しかし、パドレス移籍後は1試合の出場にとどまりました。2020年は計16試合出場。打率.154、OBP .281、SLG .308、HR 1、RBI 4、SB 2。

 もともと打撃よりも守備の方が評価が高い選手で、肩は非常に強いです。メジャーの外野ですから、打たないと出場機会に恵まれませんので、出塁率だけでもアップさせておきたいところです。

【パドレス】 ジェームズ・リーブス

 ジェームズ・リーヴスは左腕のリリーバー。ドラフトは2015年のヤンキース10巡目指名。まだデビューしていません。2018年にはトリプルAまで経験。2019年はダブルAで投げていました。

 マイナー通算のERAは2.30。コントロールにまだ課題がありますが、190cmの長身から出どころの見えにくそうなフォームで投げるのが特徴的。2019年のダブルAでのSO9は10.1をマーク。

 面白い投手でもあります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!