スポンサーリンク

【MLB2024FA】Dバックスがジョク・ピダーソンを獲得!1年/12.5Mドル保証で合意

Dバックス、補強でLADを追撃

 現地2024年1月25日、なかなかの興味深いディールが報道されました。アリゾナ・ダイヤモンドバックスがOFのジョク・ピダーソン(Joc Pederson/開幕後に32才)と合意です。

 まもなくオフィシャルになる見込みです。今回のジョク・ピダーソンのディールにより、Dバックスの野手陣の層がかなり厚くなりました。ドジャースの対抗馬の急先鋒という感じです。

契約内容

 両者の契約は大筋で以下の内容で合意。

  • 1年/$12.5M保証(2024) + 2025 オプション
    • 2024: $9.5M
    • 2025: $14M ミューチュアル・オプション($3Mバイアウト)

 サラリー総額は2024年の$9.5Mと2025年のバイアウト$3Mを加えた$12.5M保証。ミューチュアル・オプションの内容は明らかになっていませんが、べスティングのような成績のラインを設定していると思われます。

前の契約

 ジョク・ピダーソンの2023年の契約は、クオリファイング・オファー(QO)を受諾した$19.65M。

 ジャイアンツでポストシーズンに出るべく、QOを受諾して残ったのですが、残念ながら、ジャイアンツはシーズン後半に失速。代わりにDバックスがプレーオフに進出し、ワールドシリーズまで勝ち上がりました。今回はそのDバックスとサインしたというのが面白いですね。

ジョク・ピダーソンとは

2020年までドジャース

 ジョク・ピダーソンは1992年4月21日生まれの31才(現地2024年1月25日時点)。開幕してすぐに32才となります。

 ドラフトは2010年のドジャースの11巡目指名。カリフォルニア出身で高卒時の指名でした。

 ジョク・ピダーソンは2014年にメジャー・デビュー。MLB2年目の2015年はスプリング・トレーニングから絶好調で、このままアンドレ・イーシアの後継としてCFのレギュラーの座を掴み取りました。

 4月には打率.298、4本塁打、10RBIをマーク。また5月31日から6月3日までは5試合連続HRを放ち、大きな注目を浴びました。2015年はわずか53試合で17HRをマーク。これが評価されてルーキーながらオールスターにも出場。シーズンの成績は151試合に出場し、AVG.210と打率は上がりませんでしたが、OBPは.340をキープ。そしてなんと言ってもHR 25本というのが光りました。

 2016年は137試合に出場して25HR、68 RBIに終わったものの、打率は.246にアップ。三振も170から130へと大幅に減らしました。

 2017年4月3日の開幕戦では、グランドスラムを放ち、5RBIと活躍したものの、シーズン成績は102試合のみの出場で、AVG.212、HR 11、RBI 35にとどまりました。ただ、アストロズとのワールドシリーズでは6試合に出場し、18-6、2ダブル、3HR、6 Run、5 RBIの活躍を見せました。このワールシリーズはのちに因縁となりましたね。

 2018年、2019年のジョク・ピダーソンは安定した成績を見せ、AVGはいずれも.250手前をマーク。HRも25、36と大きく躍進しました。2019年の36HRはキャリア・ハイとなっています。

 ドジャースでのファイナル・イヤーとなった2020年、MLBは短縮シーズンとなり、ピダーソンはAVG .190と苦戦。ただ、ポストシーズンでは、パドレスとのNLDSではAVG .400、ブレーブスとのNLCSではAVG .389、レイズとのWSではAVG .400と大活躍。ドジャースのWS制覇に大きく貢献しました。

2021年にカブスへ

 2020年オフにFAとなったピダーソンは2021年2月にカブスと1 年/$7M (2021) + 2022 ミューチュアル・オプションでサイン。

 カブスでは73試合でAVG .230、HR11。この年のトレード・デッドラインでブレーブスに移籍。

 ブレーブスでは64試合で、AVG .249、HR 7をマーク。ポストシーズンではブルワーズとのNLDSで、AVG.429と活躍。ただ、NLCS、WSでは結果は出ませんでした。

2022-23: ジャイアンツ

 2021年オフにFAとなったピダーソンは、2022年3月に1年/$6Mでジャイアンツとサイン。ジャイアンツでは134試合に出場し、.274//353/.531、HR 23、RBI 70と活躍。しかし奮闘及ばず、ポストシーズンには届かず。

 2022年オフにFAとなり、ここで初めてQOを提示され、ジャイアンツに臨みを託して2023年に臨んだものの、本人の成績もAVG.235、HR 15、RBI 51と大人しめの成績となり、今オフにFAとなりDバックスとサインしたという流れになります。

Dバックスでの出場機会

 DバックスのOFはコービン・キャロル、ルルデス・グリエル・Jr、アレク・トーマスとかなり強い3名が陣を張っており、ジョク・ピダーソンと雖も、なかなか高いハードルの面々となります。

 DHをどう使うかにより、ジョク・ピダーソンの出場機会も左右されそうです。現時点ではOFのバックアップ・ロールという位置づけになるかと。

 DHで言えば、Dバックスは今オフにユーヘイニオ・スアレスをマリナーズからトレードで獲得。彼は3Bでの出場になりますが、3Bのポジションに関係があるのがSSでの争いで、2023年はヘラルド・ペルドモが守りましたが、ジョーダン・ローラーが台頭する可能性もあり、そうなると3Bをペルドモにする可能性もあり、スアレスはDHでの起用が多くなりそうです。スアレスがDHならピダーソンはOF。ただし、OFは3人が非常に強いので、あるいはPHでの役割ということになるかもしれません。

 1つ言えるのはDバックスは層がかなり厚くなったということですね。ピダーソンの存在は少なくとも、ユーヘイニオ・スアレスやクリスチャン・ウォーカー、ルルデス・グリエル・Jr.に良い刺激を与えることは間違いないです。

 Dバックスは2024年も足を使った攻撃を重視してくるはずなので、コービン・キャロル、アレク・トーマス、ケーテル・マルテの3名は怪我でもない限り外せません。

 そんな中、ピダーソンがどういう存在感を見せるのか、非常に興味深いです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました