スポンサーリンク

【MLBトレード2021】アンソニー・リッゾのディールとヤンキースの贅沢税の状況

リッゾがまさかのトレード

 現地2021年7月29日に決まったアンソニー・リッゾのディール。色々立て込んで記事の作成が今頃になってしまいましたが、今後のために記載しておきます。

 カブスで今トレード・デッドラインの候補に上がっていたのは、クリス・ブライアントとクレイグ・キンブレルでしたので、アンソニー・リッゾのディールが決まった際は、虚を衝かれた感じがしました。カブスはリッゾをプロテクトすると思っていたからです。確かに、今季が現契約のファイナル・イヤーでもあったわけですが。

トレード詳細

 ディール詳細はご覧の通り。計3名が動きます。

ヤンキースGet

  • アンソニー・リッゾ(Anthony Rizzo /31※)1B/左投げ左打ち
    • ※2021年8月8日の誕生日で32才

カブスGet

選手紹介

【ヤンキース】アンソニー・リッゾ

 アンソニー・リッゾは上記の通り、まもなく32才になるベテラン1B。一応、ドラフトは2007年のレッドソックス6巡目指名。高校卒でプロ入りです。

 2010年12月、レッドソックスがエイドリアン・ゴンザレスを獲得したトレードで他の選手とともにレッドソックスからパドレスに移籍。ちなみに、A・ゴンは今東京五輪のメキシコ代表ですね。

 メジャー・デビューはパドレス時代の2011年、21才の時。49試合で打率.141と苦しんだメジャー1年めでした。

 そしてそのオフの2012年1月、パドレスがアンドリュー・キャッシュナーを獲得したトレードで他の選手とともにカブスへ移籍。

 デビュー2年目の2012年に15HR。本格的にレギュラーとしてゲームに出続けるようになったのは2013年から。以降、カブスの中心選手としてゲームに出続けました。そのリッゾもデビュー後2年間は「どうなの?」と疑問を投げかけられる選手だったのです。

数々の実績 

 リッゾの実績はご覧の通り。現地2021年7月31日までの数字です。

  • オールスター3度
  • ゴールドグラブ賞:4度受賞(プラチナグラブ賞も)
  • シルバー・スラッガー賞:1度受賞
  • 2016年ワールドシリーズタイトル
  • 2014年から2017年まで4年連続30HR以上
  • シーズン最多安打:170 (2016)
  • 通算:.269/.470/ .483 >> OPSは.854

【カブス】ケビン・アルカンターラ

 ヤンキースからカブスへ移籍するケビン・アルカンターラは2002年生まれの19才。2021年はフロリダのルーキーリーグで打率.360、OBP .448、SLG .520、HR 1をマーク。まだデビューには遠いプロスペクトです。

【カブス】アレクサンダー・ビスカイーノ

 アレクサンダー・ビスカイーノは1997年生まれの24才。ドミニカ共和国出身。未デビューながら、早速、カブスの40manロスターに入っています。フォームはドミンゴ・ヘルマンによく似ています。今季のカブス・デビューがあるかどうか。

ヤンキースのディール 

 なお、ヤンキースはレンジャーズからジョーイ・ギャロを、エンゼルスからアンドリュー・ヒーニーを獲得しています。そしてルイス・セッサとジャスティン・ウィルソンをレッズへトレード。

ヤンキースの贅沢税の状況

 ヤンキースは開幕時、2021年の基準額$210Mに対して$207.6Mで、残りスペースはわずかながら残していた状況。

 ジョーイ・ギャロ、アンソニー・リッゾ、アンドリュー・ヒーニーの分を加算し、ルイス・セッサとジャスティン・ウィルソンの減算すると、開幕時とほぼ同じ、$207.63Mほどになり、辛うじて基準額内をキープしています。

【ヤンキースの贅沢税上の主要選手のサラリー】

  • ゲリット・コール: $36M
  • ジャンカルロ・スタントン: $25M
  • アンソニー・リッゾ: $16.5M
  • アロルディス・チャップマン: $17.46M
  • D.J. ルメイヒュー: $15M
  • ザック・ブリットン: $13M
  • ルーグネッド・オドーア: $8.25M
  • コーリー・クルーバー: $11M
  • アーロン・ヒックス: $10M
  • ルイス・セベリーノ: $10M
  • アーロン・ジャッジ: $10.175M
  • アンドリュー・ヒーニー: $6.75M
  • ジョーイ・ギャロ: $6.2M

など。ルイス・セッサは$1.05M、ジャスティン・ウィルソンの$2.57Mでした。

リッゾ、移籍後すぐに出場し、HR

 そのリッゾは現地2021年7月30日に行われたヤンキース@マーリンズ戦に早速4番1Bで先発出場。6回表の第3打席で、先制のソロHRを放っています。

 また、この日はジョーイ・ギャロもヤンキース・デビューの日で、2番RFで出場しましたが、ノーヒットでした。なお、RFのアーロン・ジャッジがCFにシフトしています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
タイトルとURLをコピーしました