スポンサーリンク

【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得

とにかく動いたという編成

 現地2022年7月25日、レッドソックスはフェンウェイ・パークでガーディアンズを迎えての4ゲームシリーズが始まりました。

 オールスター前のレイズ、ヤンキースとの14連戦を4勝10敗で終え、前半戦の正念場を踏ん張りきれませんでしたが、その悪い流れは後半戦にも持ち込み、あろうことかさらに悪化。

7月は6勝15敗

 ブルージェイズとの3連戦は地元開催ながら、スイープされ、しかも負け方が非常に悪かったです。ブルージェイズ戦を終えて7月は5勝15敗(25日時点ではガーディアンズ戦に勝利したので、6勝15敗)。

  • 投手は甘いコースばかり投げて打たれる
  • 野手はエラー頻発
  • 打撃は打てない

 と、「ここまで底を味わうか?」という状態。野手間の連携の悪さはチームの結束力のなさを如実にあらわしておりました。

 ただ、現地2022年7月25日のガーディアンズ戦のGame1ではなんとか普通のゲームを行い、3-1で勝利。やれやれ悪い流れを一旦、止めたという状況です。ガーディアンズはチーム打率が.252でMLB8位(現地2022年7月25日時点)なので、よくぞ3点で踏みとどまったと思います。もっとも、リリーバーにジョン・シュライバーとギャレット・ウィットロックを投入しての勝利ではありました。

 そのような状況の中、まずは小さい動きではありますが、外野手の補強に動きました。

RF補強

 今回、レッドソックスが獲得したのはエイブラハム・アルモンテ。右投げ両打ちのOFです。

 アルモンテをブルワーズから金銭で獲得しました。アルモンテはブルワーズとマイナーディールの状態で、今季はまだメジャーに上がっていませんので、金銭でマイナーのOFを獲得したというところです。

 ちなみにレッドソックスのRFは、ジャッキー・ブラッドリー・Jr. 、クリスチャン・アローヨ、ロブ・レフスナイダーらが守っていますが、RFのプレーヤーの成績は、打率.197、OBP .260、SLG .322でこれはMLBワーストです。

エイブラハム・アルモンテとは

 そのエイブラハム・アルモンテですが、1989年6月27日生まれの33才。上述の通り、右投げ両打ちので、本職はCFですが、RL、LFもこなせます。

 ドミニカ共和国出身で、もともとはヤンキースとアマチュアFAでサインしましたが、2013年2月にヤンキースがRHPのショーン・ケリーを獲得したトレードの交換要員としてマリナーズへ移籍。

 メジャー・デビューはマリナーズです。そこからパドレス、インディアンス、ロイヤルズ、Dバックス、パドレス、ブレーブスを経て、2022年はブルワーズのトリプルAで過ごしていました。

 メジャーでのキャリア通算は1326打席で、1186打数278安打。打率.234、OBP .302、SLG .374、HR23、RBI 116。

 ブレーブスでの2021年は、148-32、打率.216、OBP .331、SLG .399、HR 5、RBI 19でした。ブレーブスからは8月にマイナーへアウトライトとなり、2021年9月にFAに。今季はブルワーズとマイナー契約を結んでいたという流れです。

3Aで素晴らしい活躍 

 現状のレッドソックスの打撃陣にインパクトを与える成績は残していないエイブラハム・アルモンテですが、今季3Aでの活躍は非常に興味深いです。

 48試合で、184-54、打率.294、OBP .380、SLG .533をマーク。HRは11を数えており、かなり調子が良いです。

 アルモンテは40manには入らず、一旦は3Aのウースターの所属に。

 なお、上記の守備の埋め込みの2018シーズンのものです。

 ブルワーズの3Aでの成績が本物なら、少なくとも今のRF陣の成績は超えています。

 補強とは言えるほどのインパクトはありませんが、このベテランOFが化けてくれたら、かなり戦い方は楽になります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました