スポンサーリンク

【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)

2022-23クオリファイング・オファー

 現地2022年11月10日をもって、他クラブとの交渉が可能になるフリー・エージェントが解禁されました。それに向けて各クラブはワールドシリーズ終了から所属する選手のクラブ・オプション、ミューチュアル・オプション、プレーヤー・オプション、そしてオプトアウトについて決めていたのですが、どの選手がFAになるかという結論が出ました。

 その上で、初FAになる選手にクオリファイング・オファーを行うかどうかを決めていたのですが、それも決まりました。

 2022-23年のクオリファイング・オファーは計14名。これは2021-22年にかけてのクオリファイング・オファーをした人数といみじくも一致。では誰がオファーとなるかを見てみます。

クオリファイング・オファーを受けた選手のリスト

追記:結果

 現地2022年11月15日、QOのデッドラインが到来し、受諾かどうかの結果が出ました。アクセプトしたのはマーティン・ペレスとジョク・ピダーソン。あとの12名は拒否ということになりました。

  • アーロン・ジャッジ(Aaron Judge / ヤンキース/OF
    • 拒否→FAへ。再契約の線が濃厚になってきました。
  • アンソニー・リッゾ(Anthony Rizzo )/ヤンキース/1B
    • 拒否。11/15、NYYとマルチイヤー・ディールで再契約
  • トレイ・ターナー(Trea Turner)/ ドジャース/SS
    • 拒否→FAへ
  • タイラー・アンダーソン(Tyler Anderson )/ドジャース/LHP
    • 11/15、エンゼルスと3年契約が成立(結果的に拒否したことに)
  • ザンダー・ボガーツ(Xander Bogaerts)/ レッドソックス/SS
    • 拒否→FAへ
  • ネイサン・イオバルディ(Nathan Eovaldi)/レッドソックス/ RHP
    • 拒否→FAへ
  • ジェイコブ・デグロム(Jacob deGrom)/メッツ/RHP
    • 拒否→FAへ
  • クリス・バシット(Chris Bassitt )/メッツ/RHP
    • 拒否→FAへ
  • ブランドン・ニモ(Brandon Nimmo )/ メッツ/OF
    • 拒否→FAへ
  • ダンスビー・スワンソン(Dansby Swanson )/ブレーブス/SS
    • 拒否→FAへ
  • ウィルソン・コントレラス(Willson Contreras )/カブス/C
    • 拒否→FAへ
  • マーティン・ペレス(Martín Pérez)/レンジャーズ/LHP
    • 受諾!
  • ジョク・ピダーソン(Joc Pederson)/ジャイアンツ/OF
    • 受諾! 追記
  • カルロス・ロドン(Carlos Rodón )/ ジャイアンツ/LHP
    • 拒否→FAへ

ピダーソンの受諾

 FAマーケットにおいても良い結果を得られるであろうジョク・ピダーソンがQOを受諾しました。ジャイアンツはこれでオフェンス面の編成としてはパワフルなパズルを1つゲットしたことになります。ジャッジが再契約濃厚なため、その意味でもピダーソンの確保は朗報です。

 そのピダーソンですが、QOを受諾したのは、今季はジャイアンツでやり残した思いがあるからのようです。ドジャース、カブス、ブレーブス、ジャイアンツと渡り歩いてきたピダーソンはこれまで毎年のようにポストシーズンでプレー。

 ところが、2022年は初めて寂しいオフを迎えました。それが相当悔しかったらしく、しかもピダーソンは来季はジャイアンツは勝てるというふうに思っているようで、なんとか今年のRevengeを果たしてポストシーズン進出を!という思いでQOを受諾したとのこと。

 ジャイアンツはカルロス・ロドンがFAとなったため、この大きなピッチングのパズルを埋めなければなりません。果たしてザイディ社長がどう動くのか?楽しみです。

クオリファイング・オファーとは

 クオリファイングオファー(以下QO)は、クラブ側がフリーエージェントに出すことができる1年分のオファーのことです。過去にQOを受けたことがある選手、2022シーズンにトレードなので1つのクラブで過ごさなかった選手は受けることができません。オファーの金額は、MLBのサラリーのトップ125選手の平均で算出され、2022-23年オフの場合、$19.65Mがそれに該当します。

 選手がQOを受諾した場合、来季はその$19.65Mで現クラブに復帰。辞退した場合、他クラブと契約すればクラブはその補償を受けることになります。

 具体的な補償は、クラブが贅沢税のしきい値を超えているか、あるいはレベニュー・シェアリングを受けているかどうかによって決まります。

 QOを拒否した選手と契約した場合、サインした新クラブはドラフト・ピック、インターナショナル・ボーナス・プールのスペースのどちらか(あるいは双方)の権利を失います。

 クオリファイングオファーを受けた選手の大半は拒否するケースがほとんど。今回もジャッジ、ターナー、ボガーツ、デグロム、スワンソン、ロドン、ニモ、コントレラス、バシットらは他クラブとの新しい契約にサインすると見込まれています。

QO資格がありながらオファーされなかった選手

 クオリファイングオファーを受ける資格がありながら受けなかった注目選手は、ジェイムソン・タイヨン、ミッチ・ハニガー、タイワン・ウォーカー、アンドリュー・ヒーニー、マイケル・ワカなど。

 選手たちは、現地11月15日の夕方までに、QOを受け入れるかどうかを決めなければなりません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました