スポンサーリンク

【MLB2021FA】カブス、ドジャースからFAのジョク・ピダーソンを獲得!

カブス、OFのバットを補強することに

 現地2021年1月29日、シカゴ・カブスが今オフ初めて$5Mを上回るFA選手のディールを決めました。

 ドジャースからFAとなっていた強打のレフティー、ジョク・ピダーソン( Joc Pederson)と1年$7Mで合意した模様です。ここまでのカブスはリリーバーのジョナサン・ホルダー(NYY→CHC)、オースティン・ロマイン(DET→CHC)などFA選手も獲得してはおりますが、オースティン・ロマインの1年/$1.5M (2021)がFA選手獲得の最高額。

 アンソニー・リッゾ(残留決定)、クリス・ブライアントなどの引き止め策になんとか対応しているといった状況です。

契約詳細

 現時点での契約状況を記載しておきます。

  • 1年/$7M(2021)
  • 2022年はミューチュアル・オプション
  • バイアウトも含まれる予定
  • $0.5M程度のインセンティブ

 今のところ、1年$7M(2021)の情報が出ていますが、バイアウトを含めるとそれより高い額でのディールとなる見込みです。どうやらバイアウトは結構な金額になりそうですよ!

ピダーソン加入後のカブスのOF

 左投げ左打ちのジョク・ピダーソンはドジャースでは主にCF、LFを中心に守ってきました。試合中の守備位置変更も入れると、CFが412試合、LFが229試合、RFが54試合。1Bも守ったことはありますが、カブスにはリッゾがいるのでそこはないものとして考えます。

【カブスOF】

  • RF:ジェイソン・ヘイワード
  • CF:イアン・ハップ→ジョク・ピダーソン
  • LF:イアン・ハップ、クリス・ブライアント、フィリップ・アービン→ジョク・ピダーソン

 ジョク・ピダーソン加入前は上記の状況で、RFはもうジェイソン・ヘイワードで行くでしょうから、ジョク・ピダーソンとイアン・ハップでCFとLFをシェアしそうです。あるいはジョク・ピダーソンのCFメインもあり得ますね。

カイル・シュワーバーの穴

 カブスは今オフ、カイル・シュワーバーとアルバート・アルモラ・ジュニアに対してノンテンダー。外野手2人が抜けた状況となっていました。

【カブスのノンテンダーFA】

  • カイル・シュワーバー (28) LF
  • アルバート・アルモラ(Albert Almora /27) CF
  • ホセ・マルチネス(Jose Martinez /32) DH
  • ライアン・テペラ(Ryan Tepera /33) RHP-RP

 すでにナショナルズと$10M保証の金額でディールが成立したカイル・シュワーバーの穴を補う形で強打者のジョク・ピダーソンを加入させたというところでしょう。

 もし、カイル・シュワーバーとサインしていれば、2021年のサラリーのレンジが$7.9M〜$9.3Mと言われていましたし、ナショナルズもそれに対して$10M保証という形で条件を提示しましたから、ジョク・ピダーソンとのディールは$3Mほどのコスト削減と打力を獲得できたとも言えそうです。

ジョク・ピダーソンとは

 ジョク・ピダーソンは1992年4月21日生まれの28才。左投げ左打ちのOF。ドラフトは2011年のドジャースの11巡目。高校卒での指名でした。

 デビューは2014年。22才の時ですね。この時はセプテンバー・コールアップで実力の現在位置を知るための期間とも言えるでしょう。

 メジャーでの本格稼働は2015年。スプリング・トレーニングでアンドレ・イーシアからポジションを奪った形になり、もうCFのレギュラーとしての出場です。この年は151試合に出場し、打率は.210と上がらなかったものの、HRは26本をマーク。OBP .346、SLG .417、RBIは54。ROYの6位に入りました。ちなみに2015年のナ・リーグのROYはクリス・ブライアントでした。

 2016年は数字は前年とそれほど変わらなかったもの、内容がよくなりました。打率は.246とアップ!なにより三振の数が減りました。前年の170から130へ。SLGも.495へアップ。

 順調ではあったのですが、2017年には調子を落とし、一時期はマイナーに。このシーズンは102試合、打率.210、HR 11。ただ、ポストシーズンに復活。特にアストロズとのワールドシリーズでは18打数6安打、HR 3、RBI 5、打率.333をマークしています。

 2018年、2019年は順調。特に2019年に至ってはHR 36本をマークしました。

 2020年は60試合中、43試合に出場し、打率は.190と苦しんだシーズンでもありました。ただ、ポストシーズンでは活躍。打率はNLDSで.400、NLCSでは.389、WSでは.400をマーク。勝負強い選手です。

後輩が2年連続ROY!レフティー王国のきっかけ

 この時期、ドジャースはすごくて、2016年にはコーリー・シーガーがROYを獲得。そして2017年にはコディー・ベリンジャーもROYを獲得しました。ピダーソンは2015年のROYをクリス・ブライアントに譲りましたが、それでも3年連続でROYを争う人材を輩出させたのがすごいですね。

 ただ、これには弊害も生まれました。この3名の打席はいずれも左。さらに同時期、内野にはマックス・マンシーもデビューしていて、彼も左。いずれもよく打つ左打者でしたので引っ込めるに引っ込められないという弊害が生まれました。

 今回、ドジャースがピダーソンのFAをそのままにしたのはそのような理由もありました。ドジャースには右打席のムーキーも入りましたし、ウィル・スミスというフレッシュな右打者の捕手も出ましたから、今度も野手を獲るなら右になるでしょう。

Lets’ go JOC

 2019年のオールスター。ジョク・ピダーソンはこの年は選ばれなかったのですが、2020年のオールスターの開催地がドジャースタジアムだった関係で、ホームラン・ダービーに出場。

 結果、セミファイナルでゲレロ・ジュニアに1本差で敗れたものの、スタンドを大いに湧かせました。

 ジョク・ピダーソンに大声援を送るカーショウのお嬢さん。可愛かったです。なお、2019年のHRダービーの優勝者はメッツのピート・アロンソでした。

 以上です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました