【MLB2021FA】カブス、ドジャースからFAのジョク・ピダーソンを獲得!

良いなと思ったらシェアお願いします

カブス、OFのバットを補強することに

 現地2021年1月29日、シカゴ・カブスが今オフ初めて$5Mを上回るFA選手のディールを決めました。

 ドジャースからFAとなっていた強打のレフティー、ジョク・ピダーソン( Joc Pederson)と1年$7Mで合意した模様です。ここまでのカブスはリリーバーのジョナサン・ホルダー(NYY→CHC)、オースティン・ロマイン(DET→CHC)などFA選手も獲得してはおりますが、オースティン・ロマインの1年/$1.5M (2021)がFA選手獲得の最高額。

 アンソニー・リッゾ(残留決定)、クリス・ブライアントなどの引き止め策になんとか対応しているといった状況です。

契約詳細

 現時点での契約状況を記載しておきます。

  • 1年/$7M(2021)
  • 2022年はミューチュアル・オプション
  • バイアウトも含まれる予定
  • $0.5M程度のインセンティブ

 今のところ、1年$7M(2021)の情報が出ていますが、バイアウトを含めるとそれより高い額でのディールとなる見込みです。どうやらバイアウトは結構な金額になりそうですよ!

ピダーソン加入後のカブスのOF

 左投げ左打ちのジョク・ピダーソンはドジャースでは主にCF、LFを中心に守ってきました。試合中の守備位置変更も入れると、CFが412試合、LFが229試合、RFが54試合。1Bも守ったことはありますが、カブスにはリッゾがいるのでそこはないものとして考えます。

【カブスOF】

  • RF:ジェイソン・ヘイワード
  • CF:イアン・ハップ→ジョク・ピダーソン
  • LF:イアン・ハップ、クリス・ブライアント、フィリップ・アービン→ジョク・ピダーソン

 ジョク・ピダーソン加入前は上記の状況で、RFはもうジェイソン・ヘイワードで行くでしょうから、ジョク・ピダーソンとイアン・ハップでCFとLFをシェアしそうです。あるいはジョク・ピダーソンのCFメインもあり得ますね。

カイル・シュワーバーの穴

2020−2021ノンテンダーFA  今オフのコールドFAに火をつけるきっかけになるであろう、2020年のノンテンダー・プレーヤー・...

 カブスは今オフ、カイル・シュワーバーとアルバート・アルモラ・ジュニアに対してノンテンダー。外野手2人が抜けた状況となっていました。

【カブスのノンテンダーFA】

  • カイル・シュワーバー (28) LF
  • アルバート・アルモラ(Albert Almora /27) CF
  • ホセ・マルチネス(Jose Martinez /32) DH
  • ライアン・テペラ(Ryan Tepera /33) RHP-RP

 すでにナショナルズと$10M保証の金額でディールが成立したカイル・シュワーバーの穴を補う形で強打者のジョク・ピダーソンを加入させたというところでしょう。

ナッツ、打線に厚み  現地2021年1月9日、カブスからノンテンダーFAとなっていたカイル・シュワーバー(Kyle Schwarbe...

 もし、カイル・シュワーバーとサインしていれば、2021年のサラリーのレンジが$7.9M〜$9.3Mと言われていましたし、ナショナルズもそれに対して$10M保証という形で条件を提示しましたから、ジョク・ピダーソンとのディールは$3Mほどのコスト削減と打力を獲得できたとも言えそうです。

ジョク・ピダーソンとは

 ジョク・ピダーソンは1992年4月21日生まれの28才。左投げ左打ちのOF。ドラフトは2011年のドジャースの11巡目。高校卒での指名でした。

 デビューは2014年。22才の時ですね。この時はセプテンバー・コールアップで実力の現在位置を知るための期間とも言えるでしょう。

 メジャーでの本格稼働は2015年。スプリング・トレーニングでアンドレ・イーシアからポジションを奪った形になり、もうCFのレギュラーとしての出場です。この年は151試合に出場し、打率は.210と上がらなかったものの、HRは26本をマーク。OBP .346、SLG .417、RBIは54。ROYの6位に入りました。ちなみに2015年のナ・リーグのROYはクリス・ブライアントでした。

 2016年は数字は前年とそれほど変わらなかったもの、内容がよくなりました。打率は.246とアップ!なにより三振の数が減りました。前年の170から130へ。SLGも.495へアップ。

 順調ではあったのですが、2017年には調子を落とし、一時期はマイナーに。このシーズンは102試合、打率.210、HR 11。ただ、ポストシーズンに復活。特にアストロズとのワールドシリーズでは18打数6安打、HR 3、RBI 5、打率.333をマークしています。

 2018年、2019年は順調。特に2019年に至ってはHR 36本をマークしました。

 2020年は60試合中、43試合に出場し、打率は.190と苦しんだシーズンでもありました。ただ、ポストシーズンでは活躍。打率はNLDSで.400、NLCSでは.389、WSでは.400をマーク。勝負強い選手です。

後輩が2年連続ROY!レフティー王国のきっかけ

 この時期、ドジャースはすごくて、2016年にはコーリー・シーガーがROYを獲得。そして2017年にはコディー・ベリンジャーもROYを獲得しました。ピダーソンは2015年のROYをクリス・ブライアントに譲りましたが、それでも3年連続でROYを争う人材を輩出させたのがすごいですね。

 ただ、これには弊害も生まれました。この3名の打席はいずれも左。さらに同時期、内野にはマックス・マンシーもデビューしていて、彼も左。いずれもよく打つ左打者でしたので引っ込めるに引っ込められないという弊害が生まれました。

ムーキー・ベッツの絡んだトレードがついに完結しました。

 今回、ドジャースがピダーソンのFAをそのままにしたのはそのような理由もありました。ドジャースには右打席のムーキーも入りましたし、ウィル・スミスというフレッシュな右打者の捕手も出ましたから、今度も野手を獲るなら右になるでしょう。

Lets’ go JOC

現地2019年7月8日、ホームラン・ダービー2019が行われ、メッツのピート・アロンソがチャンピオンとなりました。

 2019年のオールスター。ジョク・ピダーソンはこの年は選ばれなかったのですが、2020年のオールスターの開催地がドジャースタジアムだった関係で、ホームラン・ダービーに出場。

 結果、セミファイナルでゲレロ・ジュニアに1本差で敗れたものの、スタンドを大いに湧かせました。

 ジョク・ピダーソンに大声援を送るカーショウのお嬢さん。可愛かったです。なお、2019年のHRダービーの優勝者はメッツのピート・アロンソでした。

 以上です。

 お読みいただき、ありがとうございました。