スポンサーリンク

【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)

MLBからの処分が出ました

 現地2022年6月27日、一夜明けてマリナーズはシアトルでオリオールズと、エンゼルスはアナハイムでホワイトソックスと対戦することになりましたが、前日の大乱闘の件で、MLBから処分がくだされました。

 処分はMLBのオン・フィールド・オペレーションのシニア・バイス・プレジデントというタイトルがつくマイケル・ヒル氏の名前でもって発表されました。

計12名が処分対象に

 MLBのサスペンション(出場停止)の重い順に記載しています。計12名のうち、エンゼルスは9名、マリナーズは3名です。

  1. 【LAA】フィル・ネヴィン監督:10試合のサスペンション(現地27日から)
  2. 【SEA】ジェシー・ウィンカー:7試合のサスペンション
  3. 【SEA】J.P.クロフォード:5試合のサスペンション
  4. 【LAA】アンソニー・レンドン(右手首手術でシーズン・エンディング)
    • 現地27日から7試合はベンチに入れず
    • 怪我が治り、ILから復帰後に5試合のサスペンション(おそらく2023年)
  5. 【LAA】アンドリュー・ウェインツ:3試合のサスペンション
  6. 【LAA】ドム・キティ(アシスタント・ピッチング・コーチ):5試合のサスペンション
  7. 【LAA】ライアン・テペラ:3試合のサスペンション
  8. 【LAA】ライセル・イグレシアス:2試合のサスペンション
  9. 【SEA】フリオ・ロドリゲス:2試合のサスペンション
  10. 【LAA】レイ・モンゴメリ(ベンチコーチ):(ドム・キティ復帰後に)2試合のサスペンション
  11. 【LAA】マニー・デル・カンポ(通訳):2試合のサスペンション
  12. 【LAA】ビル・ヘイセルマン(キャッチング・コーチ):(ドム・キティ復帰後に)1試合のサスペンション

乱闘などの処分の場合、ロスターに補充は出来ず

 なお、このような乱闘で処分が下された場合は、クラブは40manロスターに選手を補充することはできません。よって、選手がサスペンションになると戦力不足という事態になります。

 ただ、救済処置ではないのですが、MLBからは処分に当たりサスペンション期間をずらすことができることも知らされており、マリナーズは同期間に3名を同時に欠くことはないとのことです。

 よって、現地2022年6月27日のオリオールズ戦では3名とも1番、2番、3番でラインアップに名を連ねており、ジェシー・ウィンカーはシアトルのファンから大拍手を受けていました。

 マリナーズの処分対象の3名はいずれも控訴する予定です。不服申立てのようなものです。これはサスペンション期間中のサラリーにも影響することから、このような動きをしているとも思われます。

エンゼルスも対象者が出場

 エンゼルスも現地2022年6月27日のホワイトソックス戦では、サスペンション処分対象のライアン・テペラとライセル・イグレシアスがゲームに出場しました。エンゼルスの場合、彼らがいないとゲーム後半はどうにもなりませんからね。

 彼らもタイミングをずらしてサスペンションを実行すると思われます。

やはり出た!乱闘で怪我

 なお、マリナーズの捕手、ルイス・トーレンスは、左肩の炎症で27日に10Day ILに入りました。これは乱闘際の怪我です。トーレンスの場合は引き離そうとした際に怪我をしたと思われます。

追記:アーチー・ブラッドリーが骨折

 追記です。現地2022年6月28日、エンゼルスにも怪我人が出たことが明らかになりました。追い上げに不可欠のキー・リリーバーの一人、アーチー・ブラッドリーが右肘を骨折していたことが明らかになりました。

 なお、これは殴り合い起因の怪我ではなく、ダグアウトのベンチの手すりを乗り越えようとしたときに落下。大怪我をした模様。

 これはかつて、ガーディアンズのザック・プリサックが不甲斐ない投球に腹を立て、ロッカールームでTシャツを切り裂いた時、椅子に指を当て骨折したのと同じくらい、頭を抱えるアクシデントですね。

 なお回復には複数ヶ月を要する見込み。

ウィンカー、次はエンゼルスを倒す 

 なお、ジェシー・ウィンカーは、一夜空けても気分が悪かったらしく相当イライラしていたようです。彼目線ではダグアウトからレンドンとネヴィンが喧嘩を仕掛けきたという見解でした。

 同時にウィンカーは「僕としては、もう終わったこと」だから、次に対戦するときに彼らを倒すことに集中するというような切り替えも見せています。

 次の両クラブの対戦は、後半戦の8月5日からシアトルにて4連戦が組まれています

 なお、マリナーズは、7月28日からはヒューストンにてアストロズとの4連戦、8月1日からはニューヨークにてヤンキースとの3連戦、さらにエンゼルスとの4連戦を行った後、8月8日からシアトルにてまたしてもヤンキースとの3連戦が組まれており、それどころではないかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました