スポンサーリンク

【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)

MLBからの処分が出ました

 現地2022年6月27日、一夜明けてマリナーズはシアトルでオリオールズと、エンゼルスはアナハイムでホワイトソックスと対戦することになりましたが、前日の大乱闘の件で、MLBから処分がくだされました。

 処分はMLBのオン・フィールド・オペレーションのシニア・バイス・プレジデントというタイトルがつくマイケル・ヒル氏の名前でもって発表されました。

計12名が処分対象に

 MLBのサスペンション(出場停止)の重い順に記載しています。計12名のうち、エンゼルスは9名、マリナーズは3名です。

  1. 【LAA】フィル・ネヴィン監督:10試合のサスペンション(現地27日から)
  2. 【SEA】ジェシー・ウィンカー:7試合のサスペンション
  3. 【SEA】J.P.クロフォード:5試合のサスペンション
  4. 【LAA】アンソニー・レンドン(右手首手術でシーズン・エンディング)
    • 現地27日から7試合はベンチに入れず
    • 怪我が治り、ILから復帰後に5試合のサスペンション(おそらく2023年)
  5. 【LAA】アンドリュー・ウェインツ:3試合のサスペンション
  6. 【LAA】ドム・キティ(アシスタント・ピッチング・コーチ):5試合のサスペンション
  7. 【LAA】ライアン・テペラ:3試合のサスペンション
  8. 【LAA】ライセル・イグレシアス:2試合のサスペンション
  9. 【SEA】フリオ・ロドリゲス:2試合のサスペンション
  10. 【LAA】レイ・モンゴメリ(ベンチコーチ):(ドム・キティ復帰後に)2試合のサスペンション
  11. 【LAA】マニー・デル・カンポ(通訳):2試合のサスペンション
  12. 【LAA】ビル・ヘイセルマン(キャッチング・コーチ):(ドム・キティ復帰後に)1試合のサスペンション

乱闘などの処分の場合、ロスターに補充は出来ず

 なお、このような乱闘で処分が下された場合は、クラブは40manロスターに選手を補充することはできません。よって、選手がサスペンションになると戦力不足という事態になります。

 ただ、救済処置ではないのですが、MLBからは処分に当たりサスペンション期間をずらすことができることも知らされており、マリナーズは同期間に3名を同時に欠くことはないとのことです。

 よって、現地2022年6月27日のオリオールズ戦では3名とも1番、2番、3番でラインアップに名を連ねており、ジェシー・ウィンカーはシアトルのファンから大拍手を受けていました。

 マリナーズの処分対象の3名はいずれも控訴する予定です。不服申立てのようなものです。これはサスペンション期間中のサラリーにも影響することから、このような動きをしているとも思われます。

エンゼルスも対象者が出場

 エンゼルスも現地2022年6月27日のホワイトソックス戦では、サスペンション処分対象のライアン・テペラとライセル・イグレシアスがゲームに出場しました。エンゼルスの場合、彼らがいないとゲーム後半はどうにもなりませんからね。

 彼らもタイミングをずらしてサスペンションを実行すると思われます。

やはり出た!乱闘で怪我

 なお、マリナーズの捕手、ルイス・トーレンスは、左肩の炎症で27日に10Day ILに入りました。これは乱闘際の怪我です。トーレンスの場合は引き離そうとした際に怪我をしたと思われます。

追記:アーチー・ブラッドリーが骨折

 追記です。現地2022年6月28日、エンゼルスにも怪我人が出たことが明らかになりました。追い上げに不可欠のキー・リリーバーの一人、アーチー・ブラッドリーが右肘を骨折していたことが明らかになりました。

 なお、これは殴り合い起因の怪我ではなく、ダグアウトのベンチの手すりを乗り越えようとしたときに落下。大怪我をした模様。

 これはかつて、ガーディアンズのザック・プリサックが不甲斐ない投球に腹を立て、ロッカールームでTシャツを切り裂いた時、椅子に指を当て骨折したのと同じくらい、頭を抱えるアクシデントですね。

 なお回復には複数ヶ月を要する見込み。

ウィンカー、次はエンゼルスを倒す 

 なお、ジェシー・ウィンカーは、一夜空けても気分が悪かったらしく相当イライラしていたようです。彼目線ではダグアウトからレンドンとネヴィンが喧嘩を仕掛けきたという見解でした。

 同時にウィンカーは「僕としては、もう終わったこと」だから、次に対戦するときに彼らを倒すことに集中するというような切り替えも見せています。

 次の両クラブの対戦は、後半戦の8月5日からシアトルにて4連戦が組まれています

 なお、マリナーズは、7月28日からはヒューストンにてアストロズとの4連戦、8月1日からはニューヨークにてヤンキースとの3連戦、さらにエンゼルスとの4連戦を行った後、8月8日からシアトルにてまたしてもヤンキースとの3連戦が組まれており、それどころではないかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました