スポンサーリンク

【MLB2021】ジェイコブ・デグロム、2失点でもまだERA0.69! 今季の天井は0.50か。

大観衆のシティ・フィールド

 現地2021年6月26日、フィリーズ@メッツ戦はシティ・フィールドで29,205名の大観衆で埋まりました。ニューヨーク州がシティ・フィールドにフルキャパシティーを許可したのは現地6月21日(月)のブレーブス戦から。この時は平日月曜日の夕方から始まるダブル・ヘッダーということもあり、2試合を通じて約1.8万人の観衆でした。

 前日、25日(金)から始まったフィリーズ戦は4ゲームシリーズですが、初日の25日のみはダブルヘッダー。金曜ということもあり、2試合を通じて29,012名を集めましたが、週末のこのゲームでは今季最高の入り具合となりました。

レベルの高い好ゲーム!

 迎えたGame3は、メッツはジェイコブ・デグロムが登板。もう打たれるイメージさえ持たせない最高のピッチングを披露し続けていますが、この日は少しだけほころびがありました。

 フィリーズ先発はザック・エフリン。センターからのカメラのシルエットでは、筆者の大好きなビンス・ベラスケスとよく似ていますが、エフリンの方がやや横に大きいシルエットかと思います。

デグロム、初回から100mphを連発

 ジェイコブ・デグロムはこの日も初回から素晴らしいボールを投げ込んでいました。初回は打者3人で1奪三振。リードオフのオデュバル・ヘレイラと2番のリース・ホスキンスにかけて計5球を投じたのですが、いずれも100mphを突破。リース・ホスキンスに対しては無慈悲の4球連続100mph。

ニック・メイトンがデグロムからタイムリー

 しかし、先制はフィリーズ。2回表、アンドリュー・マッカッチェンが91.3mphのスライダーを叩き、CF前にラインドライブのヒットで出塁。

 マッカッチェンはすかさず、2盗に成功。この日のフィリーズの攻めの走塁は非常に見応えがありました。

 ルーク・ウィリアムスが三振で倒れた後、今季デビューの内野手、ニック・メイトン(Nick Maton)が、デグロムの99.8mphの4シームをRF前にランドライブのシングル。これでマッカッチェンが2塁からホームインし、フィリーズが1点を先制。

ニック・メイトンとは

 ニック・メイトンは24才の右投げ左打ちの内野手。2017ドラフトのフィリーズの7巡目指名の選手です。デビューは今季4月19日。

 ルーク・ウィリアムスが昇格したと同時に一旦は打撃不振でトリプルAにディモート(降格)。しかし、ジーン・セグラが16日に鼠径部を傷めてIL入り。その穴埋めとしての昇格でもありました。

デグロムの連続無失点は31イニング

 これにより、ジェイコブ・デグロムの連続無失点記録は31イニングでストップ。こちらはメッツのフランチャイズ史上3番めの記録です。

 なお1位は誰かというと、R.A. ディッキー。2012年に20勝6敗、ERA 2.73でサイ・ヤング賞を獲得したR.A. ディッキーはこのシーズン、32.2イニング連続無失点を達成していました。2位は1973年にジェリー・クーズマン(Jerry Koosman)が達成した31.2イニングです。

 メッツは2回裏にホセ・ペラーザのタイムリー二塁打で1点を奪い、スコアは1-1。

フィリーズ、2得点目は犠牲フライで奪う

 ジェイコブ・デグロム、ザック・エフリンともに2失点目を許さない投球をしていたのですが、均衡を破ったのはフィリーズでした。

 6回表、フィリーズはオデュバル・ヘレイラの二塁打をきっかけに、リース・ホスキンスが四球、ブライス・ハーパーが死球でノーアウト満塁の大チャンスを迎えます。

 ここでJ.T.リアルミュートがセンターへフライを放つも、3塁ランナーのヘレイラが自重。ここは突っ込んでもよかったとは思いました。

 その後、アンドリュー・マッカッチェンもCFへライナーを放ち、これで行けると判断したヘレイラがホームへヘッドスライディング。フィリーズが欲しかった2点目を奪いました。

ケビン・ピラーが同点HR

 デグロム、エフリンともに6回で降板。デグロムは被安打3、失点2、BB 1、奪三振5という投球。エフリンは被安打5で失点1,BB1、奪三振4。

 デグロムのERAはまだ0.69です。

 フィリーズは7回裏から左腕のレンジャー・スアレスが登板。1アウトを奪ったものの、ケビン・ピラーに右中間にソロHRを押し込まれ、2-2の同点に。

エドウィン・ディアスが乱調 

 9回表、メッツのマウンドにはエドウィン・ディアス。しかし、ディアスは乱調でした。先頭のアンドリュー・マッカッチェンに死球。もったいなかったですね。

 そして、このゲームでマッカッチェンがすごかったのは、この後、すかさず2盗を決めたこと。これでエドウィン・ディアスはさらに投げにくくなりました。さらに、ルーク・ウィリアムスの時にワイルド・ピッチマッカッチェンは3塁に進塁。結局、ルーク・ウィリアムスにも四球。

 ニック・メイトンの時にルーク・ウィリアムスも二盗を決め、ノーアウト、ランナー2、3塁に。

 ニック・メイトンは、LFへ犠牲フライを放ち、これでマッカッチェンが生還。フィリーズが素晴らしい形で勝ち越し点を奪ったのでした。

 なお、この後、ルーク・ウィリアムスが3塁へ盗塁を試みたのですが、タイミングはセーフだったものの、ちょうどベースタッチするところに3Bのルイス・ギローム(Luis Guillorme)の足が入り、ブロックする形になってベースタッチできず。アウトとなりました。これは惜しいプレーでした。

 フィリーズは1点の勝ち越し止まり。

メッツがサヨナラ

 逃げ切りたかったフィリーズは9回裏にヘクター・ネリスを起用。その初球、代打で出場のトラビス・ブランケンホーンを1Bゴロに仕留めましたが、これが難しい当たりで、リース・ホスキンスがファンブル。1塁がセーフとなり、先頭打者が出塁してしまいます。

 ピッチャーのところでビリー・マッキニーが代打に。ネリスもフルカウントまで粘りますが、最後はスプリットが外れ、四球となり、ノーアウトランナー1、2塁に。

 この次の打者でアウトを1つ取りたかったのですが、バッターはHRを放っているケビン・ピラー。もう押せ押せで、三遊間にボテボテのゴロを放ち、これがオールセーフに。SSのロナルド・トレイエイズがよく外野に転がさなかったと思います。

 そして続く、ルイス・ギロームには2ストライクと追い込みながらも、3球連続ボールとなり、まずは押出で3-3の同点に。

 つづくフランシスコ・リンドーアはなんとか三振に打ち取り、1アウトを取るも、続くマイケル・コンフォートにCFへ犠牲フライを打たれ、万事休す。

 メッツが4-3のスコアでサヨナラ勝利をおさめたのでした。

フィリーズまだ波に乗れず

フィリーズはホセ・アルバラードをニュー・クローザーに指名したところでしたが、25日(金)のダブルヘッダーのGame1でセーブ機会に失敗していたため、この日起用を躊躇しました。フィリーズもなかなかちぐはぐなところが勝率5割を上回れない壁となっています。

 しかし、足を絡めた攻撃など、非常にレベルの高い攻撃を見せていたのは、今後に期待できるポイントです。

 ドンブロウスキ社長がトレードデッドライン前にどう動くか。なにかリリーバーと若手のトレードなどを考えていそうですね。

メッツは40勝 

 一方のメッツはこれで40勝。ナ・リーグ東は星の潰し合いで2位のナショナルズが勝率5割ちょうどで、メッツのみが40勝32敗と勝ち越し。

 ただ、他の地区はたとえばナ・リーグ西ではジャイアンツがすでに50勝に到達。ナ・リーグ東の勝利数が上がって来ない状況です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
【MLB2022】エンゼルス、ジョー・マッドン監督を解雇(追記あり)
【MLB2022】マイケル・ワカが3ヒット・シャットアウト!エンゼルス12連敗へ
【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ
【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環
タイトルとURLをコピーしました