スポンサーリンク

【MLB2024FA】3年連続WSリングのウィル・スミスがロイヤルズと1年契約でサイン

ATL-HOU-TEXでチャンピオン・リング

 まだまだ大谷選手のメガ・ディールの余波でざわざわしているMLBですが、現地2023年12月10日、なかなか興味深いディールが成立しました。2021年から3年連続でワールドシリーズのチャンピオン・リングを手にした左腕のウィル・スミス(Will Smith)がロイヤルズとサインです!

契約内容

 ウィル・スミスとロイヤルズの契約はご覧の通り。

  • 1年/$5M (2024)
    • パフォーマンス・ボーナスで+$1M

契約にはオプションなどはないっていない模様です。

35才のシーズンは古巣へ

 1989年7月10日生まれのウィル・スミスは2024年の開幕時点では34才。シーズン途中の誕生日で35才になります。

 そのウィル・スミスはもともとは2008年のアマチュア・ドラフトでエンゼルスから7巡目指名を受けてプロ入り。その2年後、エンゼルスが内野手のアルバート・カラスポをロイヤルズから獲得したトレードでロイヤルズに移籍。ウィル・スミスは2012年にロイヤルズでMLBデビューを果たしました。

 当時はローテーションだったウィル・スミスは22歳のルーキー・イヤーで16度登板し、89.2イニングを投げて6勝9敗、ERA 5.32をマーク。

 ロイヤルズは2015年に強烈なブルペン陣を擁してワールドシリーズを制覇しましたが、この当時はまだ戦力を整えつつある時期。2012シーズンは3位に留まりました。

2013シーズンからリリーフに

 翌2013シーズンにロイヤルズはウィル・スミスをリリーフとして起用。以降、ウィル・スミスはリリーフとしてMLBキャリアを築いてきた訳ですが、手始めのこのシーズンで19試合で33.1イニングを投げ、ERAは3.24。ERAは劇的に改善しました。

2014年、青木選手とのトレードでMILへ

 2013年12月、ロイヤルズとブルワーズとの間でトレードが成立し、青木選手がロイヤルズに、ウィル・スミスがブルワーズへと移籍することになりました。

 なお、青木選手がロイヤルズにいたのは2014年のみで、2015年はジャイアンツに移籍しています。よって、青木選手はジャイアンツがWSを制覇した2014年はロイヤルズにおり、ロイヤルズがWSを制覇した2015年はジャイアンツにいたことになります。優勝がテレコに。

 ウィル・スミスのリリーバーとしての本格稼働が2014年。78試合に登板し、1勝3敗でERAは3.70。2015年はさらに輝き、同じくブルワーズで76試合に登板。ERAは2.70と大きく改善しました。しかも一番しんどいセットアップ・ロールでこの数字です。

 その後、ウィル・スミスは2016年のトレード・デッドラインでジャイアンツに移籍。ブルワーズが捕手のアンドリュー・スーザックらを獲得したトレードです。この頃、ウィル・スミスはその動向に大きな注目が集まっていました。

2017年にトミー・ジョン手術

 しかし、2017年のスプリング・トレーニングで左肘の靭帯損傷が判明。3月にトミー・ジョン手術を実施。この年は全休となりました。2018年、ウィル・スミスは術後約1年2ヶ月の5月2日にMLBにカムバック。驚異的な回復が話題となりました。損傷度が浅かったからだと思われます。2018年は54試合に登板し、53.0 IPで2勝3敗、ERA 2.55、14セーブという素晴らしい成績を残し、シーズン終盤にはクローザーを任されました。

 続く2019年はキャリア最高のシーズンとなり、63試合に登板して34セーブ、6勝0敗、ERA 2.76をマーク。65.1 イニングで96奪三振で、SO9は13.2!

キャリア初のオールスターにも出場しました。

 シーズン終了後はFAとなり、2019年11月にアトランタ・ブレーブスと3年/$40Mでサインしました。

ウィル・スミス対決

 2020年、コロナ・パンデミックで調子を崩したウィル・スミスはERA 4.50と前年に比べて苦戦するも、ポストシーズンのロスターに名を連ねました。ドジャースとのNLCSでは同姓同名のウィル・スミス対決が話題となりました。なお、このリリーバーのウィル・スミスのフルネームはWilliam Michael Smith。ドジャースの捕手のウィル・スミスのフルネームは、 William Dills Smithです。

【2021】ブレーブスでWS制覇

 2021年、ブルペンのキーマンの1人となったウィル・スミスは、71試合に登板。このうち60試合を締める活躍で37セーブをマーク。ERAは3.44でSO9は11.5。ポストシーズンではタイラー・マツェックがかなり目立ちましたが、ウィル・スミスはNLDSからWSまで計11試合に登板し、11.0 IPでERA0.00、被安打がたったの5、失点0 、BB 3と完璧なクロージングを見せ続けました。

 そしてまずはチャンピオン1つ目をゲットです。

【2022】アストロズでWS制覇

 2022年はブレーブスでの契約上のファイナル・イヤーでしたが、前半でERA 4.38と苦戦したウィル・スミスはトレード・デッドラインでアストロズに移籍することになります。ブレーブスはジェイク・オドリッジを獲得。

 アストロズではERA 3.27と落ち着いたものの、前半の成績が悪かったため、シーズン成績は65試合、59.0 IPで0勝3敗、5セーブ、ERA 3.97。SO9も9.9と落ちました。アストロズはこの年、WSを制覇しましたが、ブルペン陣が非常に良かったため、ポストシーズンでの登板はありませんでした。しかし、メジャー・ロスターであり、WSロスターにも入ったことで2個めのリングをもらっております。

【2023】レンジャーズでWS制覇

 調子を落としたウィル・スミスはレンジャーズとのディールが成立し、サインするも1年/$1.5M(2024)とかなりサラリーを抑えられました。しかもディール成立は3月に入ってからでしたので、かなり市場からも優先度を下げられた状態に。この年からレンジャーズはブルース・ボーチーが監督に。ウィル・スミスにとって、ジャイアンツ時代の恩師でもあります。

 レギュラー・シーズンでは60試合に登板し、ブルペンを支えたものの、ERA 4.40とリードを吹き飛ばすケースもままあり、なかなか思うようには行きませんでした。

 ポストシーズンでも登板機会は少なく、ALDSでは1試合、ALCSでは2試合、WSでは2試合の登板。ERAはALDSでは0.00だったものの、ALCSでは10.8、WSでは13.5と本来の力を発揮出来ませんでした。レンジャーズのWS制覇により、ウィル・スミスには3個目のリング、しかも3年連続がもたらされました。

 WSで3年連続チャンピオンは同一クラブでなら、1998-2000のヤンキース、1972-1974のアスレチックスなどが記録しましたが、3年連続で違うクラブでの3連覇は今のところ、ウィル・スミス一人です。 

 ロイヤルズに移り、WS4連覇はどうなるでしょうか??ちょっと厳しいかもしれませんが、まずは本来の調子を取り戻して欲しいところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました