スポンサーリンク

【MLB2024FA】クオリファイング・オファーを受けたのは大谷選手を含む7名(追記:全員FAに)

2023-2024 QO

 ワールドシリーズ終了から5日が経ち、この5日間の旧所属クラブとの独占交渉期間でほとんどの選手のオプションの結論が明らかとなりました。そして現地2023年11月6日は選手の契約にとって重要な鍵となる日となります。

FA解禁とQO提示期限

 この日重要なのは、まずはフリーエージェント(FA)の解禁日であること。この日から選手はどのクラブとも交渉し、契約することが可能となります。

 そして現地2023年11月6日は午後5時(米国東部時間)をもってクオリファイング・オファー(QO)も締切られました。QOの提示期限でもあった訳ですね。クラブは上記の5日間の独占交渉期間に今オフが初FAとなる選手にクオリファイング・オファーを提示するかどうかを判断していたのですが、それが決まりました。今年は、ワールドシリーズ終了後5日以内に対象選手にオファーを出さなければなりませんでした。

QOとは?

 公平性や戦力バランスの観点から制度は細かいですし、多少込み入ったところもあるのですが、クオリファイング・オファー(QO)とは何か?と問われたときに、その大きな枠組みを可能な限り短い言葉で説明するなら、こういうことかと。

「FAとなる選手を旧所属クラブが優先的に引き止めることが出来る制度のこと。選手側も初FAで市場に出る際にまずは確実な1年契約の補償があるのがメリット。提示される金額は毎年変動で年俸の上位125人の平均で算出される。オファーはクラブの独自の判断に依り、初FAであってもオファーされない選手もいる。そしてオファーを受けた選手はQOを断り、市場に打って出ることも可能。QOを断り、他のクラブと契約した場合、獲得したクラブにはドラフトで手放さないといけない権利がある。そして出て行かれた側のクラブにはドラフトで補償がある。補償や手放す権利の内容は贅沢税超過の有無、レベニュー・シェアリングの受領の有無で変わってくる」

 下記もご参照いただけますと幸いです。

2023-24の金額は20.325Mドル

 そして今オフのQOの金額は$20.325M。受領した場合、1年/$20.325M(2024)という単年契約となります。金額のヒストリーはご覧の状況。経済的にもなかなか興味深い数字です。

  • 2012: $13.3 M
  • 2013: $14.1M
  • 2014: $15.3M
  • 2015: $15.8M
  • 2016: $17.2M
  • 2017: $17.4M
  • 2018: $17.9M
  • 2019: $17.8M
  • 2020: $18.9M
  • 2021: $18.4M
  • 2022: $19.65M
  • 2023: $20.325M

リスト

 今オフにQOを提示された選手は7名

  • 大谷翔平(エンゼルス)
  • コディー・ベリンジャー(カブス)
  • マット・チャップマン(ブルージェイズ)
  • ソニー・グレイ(ツインズ)
  • ジョシュ・ヘイダー(パドレス)
  • アーロン・ノラ(フィリーズ)
  • ブレイク・スネル(パドレス)

 注目の大谷選手はやはりQOを提示されました。トレードデッドラインでプロスペクトを多数放出したエンゼルスはもう出ることが前提でドラフトでのプロスペクト獲得が目的で提示したと言っていいでしょう。

 同じ目的なのはパドレスで、独占交渉期間にかなり選手のオプションを拒否しましたので、ジョシュ・ヘイダー、ブレイク・スネルのキーマンが出ることは前提でドラフト補償が目的というふうに捉えて良さそうです。

 カブスのコディー・ベリンジャー、ツインズのソニー・グレイは今季頑張りましたので、市場での評価を待つという具合でしょう。

 今季は7名とも拒否する可能性があります。良い契約を勝ち取りそうな面々です。

追記:7名全て拒否→FAへ

 現地2023年11月14日、4時PM(米国東部時間)が到来。QOを提示された選手が拒否するかどうかを決めなければならない期限ですが、その結論が出ました。

 結果は上記の7名全てが拒否し、FAとなりました。これにより、大谷選手も他のクラブとの契約が本格的に開始されます。

QO提示なしだった選手

資格ありで提示なし

 QOを受ける資格を有していながら提示されなかった主な選手は以下の選手たちです。

  • リース・ホスキンス(フィリーズ/1B)
  • マイク・クレビンジャー(ホワイソックス/RHP)
  • テオスカー・ヘルナンデス(マリナーズ/OF)
  • クレイトン・カーショウ(ドジャース/LHP)
  • J.D.マルチネス(ドジャース/DH)
  • ホルヘ・ソレアー(マーリンズ/OF)

移籍により

 レンジャーズの左腕ジョーダン・モンゴメリーは今オフ初FAですが、シーズン途中の移籍はQOの対象外でした。

過去に提示済み

 なお、カブスのマーカス・ストローマン、タイガースのE・ロッドことエドゥアルド・ロドリゲスはすでに過去に提示されていたので今回は対象外です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました