スポンサーリンク

【MLB制度】贅沢税とは(2022-26 CBA 版)

贅沢税の記事のUPDATE版です

 贅沢税に関しては過去に以下のような解説記事を書かせていただきました。

 ただ、この時の記事は前の規定である2017-21 CBA(Collective Bargaining Agreement)をもとにして作成したものでした。CBAとは労使協定でMLBと選手会双方の取り決め事項になります。

 2021年12月から2022年3月にロックダウンが発生しましたが、それはこのCBAの更新に関して、オーナー側と選手会双方で取り決め事項の更新に関して争ったものですが、その結果、取り決めが更新されております。それが2022-26 CBAです。贅沢税に関しても争われましたが、内容がほぼ同じだったので記事の更新はしておりませんでした。

オーナー変更で巨額マネーを動かしたメッツ

 ところがその想定を遥かに上回るクラブが誕生しました。スティーブ・コーエン・オーナーに代わったメッツです。そのマネーの使いっぷりは相当話題になり、2023年は$376.4Mというとんでもないサラリーとなりましたが、いかんせん結果が出ませんでした。ちなみに2023年のMLB最低額はアスレチックスの$79.8Mですから、4倍以上の開きがあります。

大谷選手獲得にも影響

 メッツの想定以上の振る舞いに対するペナルティーの規定を知るのと同時に、大注目の大谷選手を獲得するクラブはどのような状況になるのか?というのを含めて贅沢税の記事を更新したいと思います。

定義

 なお、定義は上述のリンク通りで、そちらをご参照ください。また税率の設定もほぼ変わっておりません。

基準額(閾値=Threshold)

 こちらは更新事項です。すでに終了しているシーズンの分は参考程度にご覧ください。

  • 2022: $230 million
  • 2023: $233 million
  • 2024: $237 million
  • 2025: $241 million
  • 2026: $244 million

ペナルティー

(超過金額20Mドル未満)

 贅沢税の基準額を超えたクラブは、何年連続で超えたかによって税率が変わってきます。超過額が課税価格となります。こちらは後述しますが、超過金額が$20M未満であると想定してください。

  • 初年度 : すべての超過額に対して20%の課税
  • 2年連続超過: 30 %の課税
  • 3年連続以上超過: 50 %の課税

リセット!

 クラブが1シーズンでも贅沢税の基準額を下回ると、ペナルティのレベルはリセットされます。例えば2シーズン連続で基準額を上回ったクラブがあったとして、3シーズン目に基準額を下回れば、その年はもちろん贅沢税はかかりませんし、それでリセットとなります。仮にその次シーズンで基準額を上回ったとしても初年度の設定の20%に戻ることになります。

 ここ、ポイントです。サラリーを削って、リセットに持って行き、悲惨なシーズンになることもよくあります。

(超過金額20Mドル以上)

 また、ペナルティーは基準額をどれくらい上回ったかで税率が変わってきます。$20M以上を上回った場合は以下の税率に。

  • $20 million – $40 million:
    • 初年度以降:12 %課税
    • 税率は$20M未満部分+ 12%で計算
  • $40 million – $60 million:
    • 初年度:42.5 %課税
    • 2年連続以降: 45%課税
    • 税率は、$20M未満部分+ 42.5% or 45%で計算
  • $60 million 以上: 60 %課税
    • 税率は$20M未満部分+60%で計算

 そして超過した額と超過年数、そして税率をまもめたのが下記の表です。

段階
Tier
基準値
超過額
超過
1年目
超過
2年連続
超過
3年連続+
1$20M未満20%30%50%
2$20M-$40M
+ Tier 1
32%42%62%
3$40M-$60M
+ Tier 1 
62.5%75%95%
4+$60M
+ Tier 1
80%90%110%

(例)メッツ

 メッツのケースで見てみます。サラリーの額は贅沢税計算上のサラリーで目安程度に考えてください。2023年はほぼ判明しているのですが、こちらも目安程度にご覧ください。

Season基準額サラリー超過年数超過額
2021$210M$207.72M00
2022$230M$299.84M1年目$69.84M
2023 $233M$376.42M2年目$143.42M

 メッツは2021年は贅沢税の基準額以下でセーフ。2022年以降、2年連続で超過しております。残債の関係で2024年も超えてくるのはほぼ間違いないところです。

 2023年は、超過2年めで超過額$143.2 M に対して、4つの段階でレートがっけられ、それが加算されます。

$20 M x 30% = $6M

$20 M x 42% = $8.4M

$20 M x 75% = $15M

$83.2M x 90%= $74.9M 

ざっと $104M

ペナルティー(ドラフト)

 基準額を$40M以上超えた場合

  • アマチュア・ドラフトの指名権がクラブの一番高い指名順が10個下がる
  • もしそのクラブが上位6番目までに指名できる場合は2番めに高い指名順が10個下がる 。

以上です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました