スポンサーリンク

【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)

1961年以降で最長記録

 現地2024年5月28日、パドレスのリリーバーのジェレマイア・エストラーダ(Jeremiah Estrada)が、マイアミ戦の9回表に登板。ヘスス・サンチェス、ジェイク・バーガー、ニック・ゴードンの3人を3者連続三振に斬って取り、4-0のスコアでゲームを締めました。

 これにより、ジェレマイア・エストラーダは13者連続奪三振記録を達成。これは少なくとも1961年のエクスパンション以降の最長記録となりました。これまでは、フィリーズのリリーバー、ホセ・アルバラドが2023年に11打者連続三振をマークしていました。

13者連続奪三振の記録

 その13者連続奪三振の記録ですが、ご覧のような具合です。リリーバーによる13者連続三振ですから、当然複数試合にまたがっております。

#DateOppINNBatterResults
5/23@ CINBot 8M・フォードCF フライアウト
5/23@ CINBot 8S・スティールLF シングルH
15/23@ CINBot 8N・マルティニSO
25/23@ CINBot 8J・インディアSO
35/23@ CINBot 9L・メイリーSO
45/23@ CINBot 9W・ベンソンSO
55/23@ CINBot 9S・フェアチャイルドSO
65/26NYYTop 6A・ジャッジSO
75/26NYYTop 6A・ベルドゥーゴSO
85/26NYYTop 7G・スタントンSO
95/26NYYTop 7A・リッゾSO
105/26NYYTop 7G・トーレスSO
115/28MIATop 9J・サンチェスSO
125/28MIATop 9J・バーガーSO
135/28MIATop 9N・ゴードンSO

5月23日のレッズ戦で8回裏に登板したジェレマイア・エストラーダは最初の2人の打者には打球を前に飛ばされましたが、残りアウト2つを三振で奪いました。イニングまたぎで9回裏のマウンドにも上がったエストラーダは三者三振に仕留めてゲームを締めています。これで5者連続。

 そして5月26日のヤンキース戦ではイニング途中でマウンドに上がり、またもやイニングまたぎで5者連続三振。ここにアーロン・ジャッジとジャンカルロ・スタントンがいることがすごいですね。

 さらに、5月28日のマイアミ戦ではクローザーとしてマウンドに上がり、三者連続三振を奪い、これで13者連続三振の完成。

今季のエストラーダのログ

 そして2024シーズンのジェレマイア・エストラーダは現地2024年5月28日時点で12試合に登板。ここまで自責点はたったの1点!ゆえにERAは0.55というリリーバーとして最高の仕事をしています。

#DateOppIngsIPHRERBBSOHRERAFIP
14/20LAD9-GF1.01002100.007.13
24/26PHI4-62.11001200.004.03
34/29CIN7-82.00000200.002.94
45/3@ ARI7-81.10000100.002.68
55/6@ CHC8-80.11001100.002.85
65/13COL8-81.00000200.002.38
75/15COL6-71.21110110.933.65
85/17@ ATL9-GF1.00000300.843.04
95/20(1)@ ATL8-81.00000200.772.70
105/23@ CIN8-92.01000500.662.03
115/26NYY6-71.20000500.591.50
125/28MIA9-GF1.00000300.551.23
ジェレマイア・エストラーダの主要ピッチングログ(現地2024年5月28日時点)

A.J.プレラー、宝を探し当てる

 ジェレマイア・エストラーダの活躍をおそらく本人以上に喜んでいるだろうと思われるのが、パドレスのPOBO(President of Baseball Operations)のA.J.プレラーです。

 その理由は、言葉が適切かどうかわかりませんが、「超掘り出し物」だったからです。ご覧ください。ジェレマイア・エストラーダのシーズン別成績です。

YearAgeTmWLERAGIPHRERHRBBSOWHIP
202223CHC003.1855.26221381.588
202324CHC006.751210.21288412132.250
202425SDP200.551216.151114280.551
J・エストラーダのシーズン別成績

 デビューした2022年はリリーバーとして良いスタートを切りました。

 さらに2023年はスプリング・トレーニングでコンバインド・ノーヒッターを達成。滑り出しは好調でした。

 シーズンでは大いに期待されましたが、わずかな登板機会で四球を連発。しかも被本塁打が4で、ストライクを取りに行ったところ痛打されるという典型的なパターンを演じました。シーズン中にリコール→オプションを繰り返し、メジャーとマイナーを往復。結果、2023年11月6日にウェーバーにかけられたところをパドレスがクレームオフ。

 そう、パドレスはこの至宝をほぼ努力なしで獲得したことになります。当然、獲得時は数多いウェーバーからの獲得選手の1人くらいの認識だったと思います。

 ウェーバーからの獲得はそれこそ1年中行われており、1クラブが行うこのディールは年間どれくらいになるでしょうか?仮に月平均で5件だったとしても年間60件。もっと多いかもしれません。クラブ側も選手の力を確かめた上でクレームオフしている訳ですが、メジャーでセンセーショナルな活躍を見せるに至ったディールは本当に限られています。プレラーはそれを見事に探し当てたということになりますね。

豪速球&スライダー 

 そのエストラーダの武器は、爆発的に上昇する速球が1つ。前にいたカブスもここを非常に買っていた訳です。ところがその魅力を削いだのがコントロールの悪さ。上述の通りです。今季はこのコントロールが安定。しかもスライダーがほぼアンタッチャブルというくらいにキレが良いです。これは打者が苦労するはずです。

 すごい才能が埋もれていたということですね。メジャーはこういうシンデレラ・ボーイ的な選手が出てくるのでやはり面白いですね。

 なお、28日のマイアミ戦ではパドレス先発で、ナックルボーラーのマット・ウォルドロンが好投。7.0 IPでスコアレス、BB 0、SO 8という素晴らしい働きをし、見事にゲームメイクしました。

MLB Gameday: Marlins 0, Padres 4 Final Score (05/28/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 ジェレマイア・エストラーダの次の登板が楽しみですね。

追記:13車連続Kで終了!なんと申告敬遠でEND

 追記です。現地2024年5月31日、13者連続三振を奪ってから初めての登板となったこの日のロイヤルズ戦。ジェレマイア・エストラーダは6回裏、1アウト2、3塁でマウンドに。サルバドール・ペレスを相手にこの日も強烈な投球を見せるか!と思われたのですが、パドレスが指示したのは申告敬遠。意外な形でジェレマイア・エストラーダの記録は途絶えました。

 状況とすれば2-2のタイスコアで、サルバドール・ペレスでしたから、戦術的なところでの記録ストップとなりました。なお、次打者のネルソン・ベラスケスはCF犠牲フライで三振を奪えませんでした。

https://www.mlb.com/gameday/padres-vs-royals/2024/05/31/746303/final 

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました